ヘルスケアITのサクセス・ストーリー|enterprise.netscout.com

ヘルスケアITのサクセス・ストーリー

 

ヘルスケア ITの

サクセスストーリー:

 

Hawaii Health Systems のネットワーク・マネージャー

Roger Estelle 氏との Q&A

 

Hawaii Health Systems

非営利病院システム
5 つの島に 13 拠点
従業員 4500 名

 

どのようなネットワークの課題を抱えていましたか?

Hawaii Health Systems では、ハワイ諸島全域の 13 拠点で、医療サービスを提供しています。患者様のニーズにより良く応え、新しい医療規制に従うために、当社は新しい電子健康記録(EHR)システムに移行しました。このシステムには現在、有線および無線ネットワークを通して、4,500 人以上の従業員が接続しており、処理した患者データをニュージャージー州のホスティング・ロケーションに保存しています。

医療提供者にとって重要なこのシステムは、パフォーマンスの高いネットワークに依存しているため、問題を長引かせることは許されないのです。私たちは、有線・無線の両ネットワークのパフォーマンス問題を瞬時にトラブルシューティングでき、根本原因を迅速に切り分けられるツールを必要としていました。

これら課題にどのように対応しましたか?新しいソリューションを探すきっかけ何でしたか?

OptiView XG® に出会うまでは、無線問題に対して、ノートパソコンなどのエンドポイント・デバイスで ping テストばかりやってました。ところが、受信範囲やエンドツーエンドの接続性を検証する手立てはなかったのです。WAN の場合、スイッチの設置場所に実際に訪れ、個々のポートを確認して、問題を切り分ける以外にありませんでした。

つまり、非常に時間がかかり、手作業の労力が多かったのです。また、複数の島に点在する組織にとって、「トラックロール」は全く新しい意味を帯びます。すでに新しい記録システムを導入し、ネットワークをアップグレードしていたため、ツールもアップグレードしなければならないことは分かっていました。

「OptiView XG® のトラブルシューティング能力は凄まじい。1 台に数多くのソリューションを備え、たった数分で有線・無線ネットワークのパフォーマンス問題を発見して、切り分けられます。」- Roger Estelle 氏

OptiView XG を採用した理由は?

他のソリューションも検討しましたが、モバイル・ソリューションに有線と無線ネットワークのトラブルシューティング機能を統合したものはなく、どれも OptiView XG と比べて、機能性や柔軟性が劣っていました。

OptiView XG は、無線ネットワークのトラブルシューティングであろうが、WAN 上のパケットのスニッフィングであろうが、私たちにとって、頼りになるソリューションになっています。いずれの場合も、必要なデータをすべて収集し、その情報を直感的に分かる、使いやすいインターフェイスに表示します。この製品は、ものすごい数の機能を備えています。

OptiView XG を実際に使用した効果は?

何よりもまず、たった 1 台のデバイスに驚くほどの数の機能が備えられており、チームの皆が無線・有線ネットワークのあらゆるパフォーマンス問題をトラブルシューティングできるというメリットと効果があります。これはとても大きなことです。

 
 
Powered By OneLink