ケーススタディ:大手スーパーのケース・スタディー|フルーク・ネットワークス

大手スーパー

大手スーパーがフルーク・ネットワークスの Visual Performance Manager でビジネス・サービス管理イニシアチブを推進

課題:
ある大手スーパーの IT 組織が、アプリケーションとネットワークのパフォーマンスに関する社内顧客とのサービス・レベル・アグリーメント (SLA) を達成するためのビジネス・サービス管理イニシアチブに着手しました。その成功は、サービスへの要求に対応するために必要なインフラストラクチャの要素に対し、エンドユーザーの視点から調整されたエンド・ツー・エンドの可視性を得ることにかかっていました。

結果:
ある大手スーパーの IT 組織は Visual を使用して、ネットワーク中心の解析から、エンドユーザーの視点からトランザクションに重点を置いたアプローチへの移行を促進することで、問題の根本原因をより迅速に自信を持って特定できるようになりました。IT 担当者はより緊密に連携し、エンドユーザーによりよいサービスを提供できるよう IT リソースの利用効率と異常の解決方法を最適化しました。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink