ケーススタディ:グローバル・コール・センターのサクセス・ストーリーのケース・スタディー|フルーク・ネットワークス

グローバル・コール・センターのサクセス・ストーリー

グローバル・コール・センターの Visual の導入によるエンド・ツー・エンド可視性の向上


課題:

熟練したネットワーク・チームであっても、エンド・ツー・エンド可視性が欠落していると、異なるチーム(ネットワーク、サーバー、およびアプリケーション/開発者)間の責任の指摘およびトラブルシューティングの時間が増加します。複数のチームで同じ問題をトラブルシューティングするため、各問題で無駄な時間とリソースが増加します。

結果:
TruView を使用すると、ネットワーク・チームは、問題の原因がネットワークの問題でないことを証明するだけでなく、それがアプリケーション、サーバー、またはネットワークの問題にかかわらず、重要な情報と分析を提供して、考えられる原因を特定できます。TruView を導入することで、異なるチーム間の協力が可能になり、責任を指摘する必要がなくなり、トラブルシューティングおよび問題解決のための時間が短縮され、時間の単位が日/週から分/時間になります。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink