ブラインド・トラブルシューティング - 現在も、IT での未解決の問題の主な原因|フルーク・ネットワークス

ブラインド・トラブルシューティング - 現在も、IT での未解決の問題の主な原因

by Chris Greer

数分時間があったら試してみてください。100 ピースのパズルを用意します。目隠しをしてテーブルの上にピースをばら撒き、パズルを組み合わせます。

できるでしょうか。無理矢理ピースを組み合わせれば、すべてのピースをつなぐことはできるかもしれませんが、目隠しを外すと、そこにあるのはめちゃくちゃなパズルです。

現在の IT エンジニアはこのような状況にあります。ネットワークとアプリケーションの問題は広範囲におよび、その複雑性は増しています。こうした問題を解決するには、クライアントからバックエンド・データベース全体を可視化する必要があります。その理由は?それでは、クライアントのキーストロークからサーバーの反応まで、クライアントの要求の一部始終を見て、サポートが必要なデバイスが途中にどれくらいあるかを検討してみましょう。そうすれば、自身の IT 環境の可視性にギャップがあるかどうか判断できます。

クライアントのキーストロークからアプリケーションの配信まで

まず、クライアントはアプリケーション・サーバーに接続します。サーバーはパブリックまたはホストされたクラウド環境ではなく、当社が管理するデータセンターにあると想定します。また、ラップトップを通じて無線で会議室から接続していると想定しましょう。接続するには、クライアントはまず WiFi 環境に接続し、データレートとアプリケーションのスループットをサポートするのに十分な信号を確立する必要があります。ドメインの認証の後、クライアントは DNS サーバからアプリケーション・サーバー IP をリクエストし、それによりアプリケーション・サーバーに接続できるようになります。サーバー環境の途中で、クライアントからのパケットは、いくつかの物理的および仮想ネットワーク・デバイスを横断します。ネットワーク・デバイスには、MPLS やサービス・プロバイダからの他の WAN 環境が含まれます。

データセンターで、リクエストは最初にロードバランサーにより処理され、その後利用可能なフロントエンド・サーバーに転送されます。この時点で、アプリケーションは、アプリケーションまたはデータベース・サーバーへのバックエンド・トランザクションが必要な場合があります。サーバーは、同じまたは隣の仮想環境にある場合があります。レスポンスが形成された後、うまくいけば混雑やパケット喪失なく、似たネットワーク・パスでようやくクライアントに返信されます。パケットのライフサイクルのこれらすべてのコンポーネントのうち(環境によってはコンポーネントが増えることもあります)、我々が効率的に監視しているのはいくつでしょうか。これには、現在起こっている問題の即時のモニタリングだけでなく、再発すると思われる、断続的な問題の過去に遡ったデータも含まれます。高パフォーマンスのアプリケーションを配信するために必要となるすべてのコンポーネントを考慮すると、可視性に大きなギャップがあり、問題のトラブルシューティングの際、こうした分野が見えなくなっていることが分かります。

The OptiView XG and TruView provide the comprehensive tools necessary for complete end-to-end visibility of application delivery.OptiView XG は、パケット・パスでのネットワーク問題をピンポイントで特定する詳細な Visual パス解析機能を含む、無線および有線ネットワーク環境の現時点および過去のデータを提供します。In the application environment, the TruView leverages stream-to-disk packet storage, application response time, transaction analysis, and flow data to isolate problems to a single link, server, or transaction.
この 2 つの製品を使用することにより、ネットワークやアプリケーションの可視性におけるブラインドスポットの問題を解決することができます。これにより、IT エンジニアは、パフォーマンスに影響を与える問題の根本原因を迅速かつ明確に検出することができます。

 

IT ネットワーキングの関連資料
 

Continue to our Network Insider Blog for more on network monitoring, analysis and troubleshooting

 
 
Powered By OneLink