ドバイ・ワールド・トレード・センターのケーススタディ|フルーク・ネットワークス

ドバイ・ワールド・トレード・センターのケーススタディ

ドバイ・ワールド・トレード・センターがフルーク・ネットワークスの AirCheck Wi-Fi テスターで不正 AP を発見し、出展者の Wi-Fi パフォーマンスを確保

課題:
ドバイ・ワールド・トレード・センター (DWTC) は、展示会、会議、イベントの開催に使用される地域有数の複合商業施設です。インターネット・アクセスなどの重要なサービスを訪問者や出展者に提供するため、DWTC は Wi-Fi ネットワークを展開しました。訪問者が独自のアクセスポイント (AP) を設置することにより、既存の無線インフラへの干渉が生じて品質やパフォーマンスに影響を及ぼしており、その問題を改善するためネットワークが 5Ghz 帯に移行されました。ユーザーは、この 5GHz 帯に技術を展開しないように通知されていましたが、以前として AP が設置される問題が続いていました。この問題を回避するため、IT スタッフは不正 AP を迅速に特定し、ポリシーの遵守を徹底させるためのソリューションを必要としていました。

結果:
AirCheck™ Wi-Fi テスターのデモ機を受け取った同センターは、すぐにエンジニアリングチームのメンバー用に 6 台発注しました。AirCheck は不正 AP を迅速に特定し、また非常に使いやすく、展示フロアでの持ち運びにも便利です。結論:AirCheck テスターを使い始める以前は、Wi-Fi ポリシーを実施することが困難でした。これは ユーザーに一貫性のある Wi-Fi サービスを提供する DWTC の能力に影響を与えていました。今は AirCheck のおかげで、不正 AP の特定と切り分けをわずか 5~15 分で行うことができ、チームは、ユーザーにサービス品質を保証できるようになりました。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink