デカルブ郡学校区のケース・スタディ|フルーク・ネットワークス

デカルブ郡学校区のケース・スタディ

TruView と OptiView XG で可視性を向上したデカルブ郡学校区

課題:
デカルブ郡学校区のインフラには、1,700 台以上のスイッチとルーター、10Gb 光ファイバーリング網上の 3 つのコア・ネットワーク拠点、および 16 つのヘンドエンド拠点が含まれます。全体のシステムは、14,000 人の職員と 100,000 人の学生を擁する学校およびセンターを含め、140 を超える拠点で構成されます。また、ネットワークは毎日、数千台もの個人の Wi-Fi 対応機器をもサポートしています。幅広いユーザーや技術的能力が存在するため、学校区に影響がある前に、チームはネットワークやアプリケーションのパフォーマンス問題を迅速に発見、切り分け、解決する必要がありました。

結果:
デカルブ郡学校区は、ネットワークとアプリケーションのパフォーマンスを監視できる NETSCOUT の TruView と OptiView XG ネットワーク解析タブレットの最高の組み合わせを見つけました。TruView の採用により、学校区のネットワーク・チームは、異常トラフィックを比較するためのパフォーマンス・ベースラインを確立し、ネットワークやアプリケーションの問題に事前的に対応して、学生や職員に影響がある前にパフォーマンスの異常を解決できるようになりました。チームが問題を発見すると、OptiView XG は、根本原因を突き止め、現場で問題を修正するポータブルなソリューションをチーム・メンバーに与えます。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink