OptiView XG ネットワーク解析タブレット – バージョン 13 ソフトウェア・リリースおよび 802.11ac WLAN 無線機|enterprise.netscout.com

OptiView XG ネットワーク解析タブレット – バージョン 13 ソフトウェア・リリースおよび 802.11ac WLAN 無線機

ネットワークとアプリケーションの自動解析を行う専用タブレット、OptiView XG を使用することで、ネットワーク・エンジニアは有線および無線ネットワークのパフォーマンス問題の根本原因を最速で確認できます。この最新のハードウェアおよびソフトウェアのリリースによって、ユーザーは 802.11ac WLAN 上の「無線」を可視化でき、OptiView のネットワーク検出機能を拡張することで、エンジニアは今日のボーダーレス・ネットワーク環境を把握し、管理することができます。

「OptiView XG なしで当社のチームが IT 業務を効率的に行えるとはとても思えません。OptiView XG は Bosch のネットワーク解析とトラブルシューティングの世界的な標準ツールとなっています。リモートトラブルシューティングや現場に携帯できる柔軟性だけでなく、解析プロセスを自動化し、マネージャーが特定のパケットレベルの情報を得られる機能を備えているこの製品は市場で独自のものです。このおかげで、重要なプロジェクトを予定通りに完了し、問題を非常に迅速に解決することが可能になっています。」
– Bosch Group のネットワーク・マネージャー

 

バージョン 13 の特長:

  • 802.11ac Wi-Fi 解析(新しい無線機、新しいソフトウェア) – 最新技術の展開、解析、トラブルシューティングのための有線/無線解析機能。
  • ネットワーク検出機能の向上 – XG の強化された検出機能と「不明」なデバイスのマッピングにより、ネットワーク境界内を管理。
  • TruView Live – XG の機能を拡張し、Web アプリや VoIP サービスを監視。
  • HeadsUp XG – 最新バージョンの Apple® IOS および Android 用に更新済み。モバイル・デバイスと OptiView XG をリンクするこの便利なアプリを使用すれば、ネットワークを常に確認できます。
  • ClearSight アナライザ (CSA) バージョン 9.6 – CSA には WireShark v1.12 デコードが追加されています。

ゴールド会員のお客様は、enterprise.netscout.com/user でゴールド「マイアカウント」にログインして、無料でバージョン 13 ソフトウェアにアップグレードできます。また、ゴールド会員は、802.11ac 無線機ハードウェアに無料でアップグレードできます。詳細については、NetScout の営業担当者にお問い合わせください(アップグレードは指定の NetScout サービス・センターが実施しております)。

バージョン 13 について

ネットワーキング・テクノロジーの進化により、ネットワークとアプリケーションのパフォーマンスを維持する責任を担うエンジニアは新たな課題に直面しています。クラウドベースのサービスやアプリケーションの利用によってネットワークはますます「ボーダーレス」が進み、スマート・デバイスの普及、エッジの帯域幅の増大によってユーザーの移動範囲が広くなってきており、エンジニアが問題発生場所の完全な可視性を得ることがこれまで以上に重要になっています。ほとんどのパフォーマンス管理システムではサイトのエッジ・ルーターまでしか管理できないため、エンジニアは携帯機器と固定機器のソリューションを組み合わせて現状を把握し、エンド・ツー・エンドのすべてを解析する必要があります。

バージョン 13 では、無線および有線両方のネットワーク解析の新機能が追加されており、OptiView XG を NetScout の最新のソリューションと共に使用することでボーダーレス・エンタープライズ・ネットワークを管理することができます。

 

802.11ac 無線機およびソフトウェアの強化

バージョン 13 を搭載した新しい OptiView タブレットでは、「ギガビット Wi-Fi」と呼ばれる最新の Wi-Fi テクノロジーの 802.11ac を解析できます(XG の新しい無線機は以前の標準である 802.11a/b/g/n との下位互換性もあります)。新しいハードウェアと共に、AirMagnet モバイル・アプリケーション(SurveyPro、Wi-Fi アナライザ、およびスペクトラム XT)は、新しい無線機および新たに追加された 11ac 機能を使用できるように更新されています。

既存のお客様は、OptiView ハードウェアを 11ac 対応ハードウェアにアップグレードできます。ゴールド・サポート会員のお客様は、802.11ac 無線機ハードウェアまたは最新バージョンの AirMagnet モバイル・ソフトウェア・モジュールに無料*でアップグレードできます。詳細については、NetScout の営業担当者にお問い合わせください。ゴールド・サポート以外のお客様は、サポートをご購入いただくか、次の強化キットをご購入いただくとアップグレードをご利用いただけます。どちらの場合も、アップグレードは指定の NetScout サービス・センターが実施しております。ユーザーが新しい無線機ハードウェアを設置することはできません。

 
品番: モデル: 詳細
4707230 OPVXG-11AC-EK OptiView XG 802.11ac Wi-Fi 強化キット
*部品および作業は無料となっております。送料は含まれておりません。
 

OptiView XG は、802.11ac への移行をサポートする独自の機能を備えています。新たな 11ac テクノロジーによりネットワーク・エッジでの帯域幅の使用が増大しており、エンジニアは 11ac サイトの調査以上のことを行う必要があります。有線ネットワークの「バックホール」に十分な帯域幅とネットワーク・パフォーマンスを確保するために、11ac を適切に設置する際にはこれらの有線リンクのパフォーマンス・テストを実施する必要があります。エンジニアは、XG の NPT(ネットワーク・パフォーマンス・テスト)機能を使用して、スループット、レイテンシー、ジッターに関する有線ネットワークの品質を評価し、QoS のエンド・ツー・エンドを検証できます。

 

さらにベター

 

 

ネットワーク検出の強化による可視性と制御

自動問題検出

OptiView XGは、自動的にネットワーク・インフラ内のエラーをスキャンします。これらのエラーは問題ログに収集され、分類および並べ替えを行うことができます。検出された問題例:パフォーマンスの問題、IP アドレスの重複、不正サブネット・マスク、デフォルト・ルーターの無応答など、他にもたくさんあります。

検出された問題に関する警告は、SNMP トラップまたは syslog メッセージを経由してネットワーク管理システムに配信されます。Apple iOS 用または Android デバイス用の HeadsUp™ XG アプリ(バージョン 13 で更新済み)は、問題に関するアラートをユーザーの携帯電話やタブレットに直接送信するため、どこにいても問題を確認して詳しく調べることができます。

自動ネットワーク・マッピング

ネットワークで何が起きているか、誰がネットワークに接続しているか、どこで接続しているか、そして「ある地点から別の地点」へのパスをエンジニアが早く「理解」するほど、パフォーマンス問題をトラブルシューティングする時に、その根本原因をより迅速に突き止めることができます。これは、「不明」なネットワークを頻繁にトラブルシューティングするメンテナンス業者やシステム統合業者には、特に必要です。CLI(コマンド・ラインインターフェイス)やエレメント・マネージャーなどの従来の方法では時間がかかりすぎ、そして難解で関連付けの難しい複雑なデータを提示することがよくあります。

OptiView の特許取得済み検出エンジンを使用することで、ユーザーは柔軟なマップベースのユーザー・インターフェースでネットワークと対話し、構成やトポロジーの問題を素早く視覚的に特定して、問題を迅速に解決することができます。

導入前のネットワーク評価や新技術のロールアウトなど、どのようなプロジェクトでもドキュメント化は欠かせない手順ですが、完了するにはかなり時間のかかる場合があります。グラフィカルなマップベースのユーザー・インターフェースからワンクリックでマップデータを Visio ファイルのジェネレーターに送信し、瞬時にプロ仕様のネットワーク・ドキュメントを作成できます。企業やサービス組織に理想的な OptiView XG のマッピング機能は、手作業の時間を省き、ネットワークの変更に応じてドキュメントを最新の状態に維持し、クライアント・プロジェクトのインスタント・マップを提供します。

OptiView XG は無線 LAN コントローラ (WLC) からのデータを使用して、無線ネットワーク接続マップを作成します。1 つ以上の SSID、目的の WLAN 周波数帯域、デバイス、およびセキュリティ・タイプを選択すると、マップの内容をフィルターできます。リンク速度、使用チャネル、AP モード、容量、AP ごとのクライアント数などのマップの詳細は、ユーザーが構成できます。有線インフラ接続ではエンドツーエンドからネットワーク全体を表示するので、有線および無線のネットワークの更新された文書が必要です。

OptiView バージョン 13 には、ネットワーク・マッピング用の 2 つの新しい重要な機能が搭載されています。まず、v13 は、WLAN アクセス・ポイントなど、管理されていない不明なデバイスの可視性を提供します。こういった潜在的な「不正」デバイス、そしてそれに接続されたデバイスを検出リストに表示し、ネットワーク・マップで確認します。次に、VoIP 電話のエンドポイントをマッピングすることで、ユニファイド・コミュニケーション展開プロジェクトの完全な文書化が可能になります。

さらにベター

ネットワーク・マップ内で管理されていないデバイスまたは不正なデバイス

さらにベター

VoIP 電話の接続性のマッピング

 

Web アプリと VoIP サービスの監視

XG の性能を拡張し、TruView Live を使用して SaaS のアプリやサービスを監視します。クラウドベースのサービスTruView Live は、Web アプリケーションや SaaS アプリケーション、VoIP サービス、およびネットワークのエンドポイントを監視します。バージョン 13 の OptiView XG は、最適なエンド・ユーザー・エクスペリエンスを実現する、統合されたボーダーレス・エンタープライズ・パフォーマンス管理ソリューションです。

すべての OptiView XG は、TruView Pulse を標準搭載して出荷されます。また、OptiView XG のゴールド・サポートをご購入いただくと、TruView Live サービスの「コア」レベルのサブスクリプションを無料でご利用いただけます。ゴールド・サポート会員のお客様は、http://app.truviewlive.com/gold にアクセスして、TruView Live の無料サブスクリプションを有効にできます(ゴールド契約番号と PIN の入力を求められます)。コア・サブスクリプションの期間は、OptiView のゴールド・サポート契約に応じて 1 ~ 3 年間となります。

バージョン 13 の OptiView XG はネットワーク上のパルス・プローブを検出し、XG 上に Virtual Pulse ソフトウェアのインストールを許可することで、TruView Live のテスト・サービスのエンドポイントとして機能します。

さらにベター

TruView Live と TruView Pulse エンドポイントを使用すると、OptiView XG
ユーザーはクラウドベースのアプリケーションやサービスのパフォーマンスを可視化できます。

問題のアラートと通知 – HeadsUp™ XG モバイル・アプリの強化

Apple iOS 用(Apple iStore から無料で入手可能)と Android デバイス 用(Google Play で入手可能)の更新された HeadsUp XG モバイル・アプリを使用して、OptiView XG タブレットからリアルタイム通知を受け取ることができます。インスタント通知によって、常時ネットワークを「確認」でき、ユーザーがヘルプ・デスクに問い合わせる前に重大な問題を検出できます。

HeadsUp XG を使用して OptiView XG ユニットを参照し、問題ログで問題までドリルダウンできます。影響を受けるデバイスと特定の問題は、問題の重大度(エラー、警告、情報)と検出された時間に従って報告されます。解決された問題および解決が検出された時刻も示されます。アプリケーションには詳細なヘルプ・ファイル、またはオンボードの「エキスパート」が含まれ、原因および問題解決手順など、問題の種類に対する参考資料が提供されます。手元で問題の可視性が得られるため、問題が発生したときに素早く反応できます。また、特定の問題が 「緊急」 なのか、不急のものとして処理できるのかを特定できるため、より効率的に時間を管理できます。複数のユーザーが HeadsUp XG を使用して、XG にアクセスして通知を受け取ることができます。

XG 上の問題は、お使いの電話やタブレットを使用して遠隔操作で「解決」できます。また、このアプリの同期機能によって、問題が XG でも同時に解決されます。その逆も同様で、XG で解決された問題も、ハンドヘルド・デバイスで自動的に解決されます。

さらにベター

iOS および Android 向け HeadsUp XG アプリ

これ以外の最近のアップデートによる主要機能

バージョン 12:

  • エンド・ユーザー・レスポンス時間 (EURT) メトリクス – TruView™ と統合することで、XG ユーザーはユーザー、サイト、サーバー、アプリケーション別に EURT メトリクスを完全に可視化できます。グラフィカルな「ヒート・マップ」でアプリケーション・パフォーマンスの問題領域(ネットワークまたはアプリケーション)を瞬時に特定し、根本原因にドリルダウンできます。
  • プロファイル管理 – サイト固有またはクライアント固有のプロファイルとして機器設定を保存できるため、異なるネットワーク間を移動する際に機器の再構成を迅速に行えます。
  • 無線ネットワーク・マッピング – バージョン 11 でリリースされた自動マッピング機能の向上により、OptiView XG は無線 LAN コントローラ (WLC) からのデータを使用して、ワイヤレス・コネクティビティ・マップを作成します。
  • 10GBASE-T アダプタ – UTP の 10 G はますます普及しており、XG ユーザーはこのオプションのアダプタをアナライザに追加して、簡単に接続して 10GBASE-T のリンク・テストを行えます。
  • 更新のチェック – ゴールド・サポート適用対象の OptiView XG ユーザーは、重要なソフトウェアの更新を頻繁に受けることができます。現在、XG では、最新のソフトウェアが使用可能になると、最新かつ最高の機能を常時ご利用になれることをユーザーに通知しています。
  • AirMagnet SurveyPro v8.6 – オプションの AirMagnet SurveyPro ソフトウェア(オプション)の XG ユーザーは現在、802.11ac 調査を実施できます。

バージョン 11:

  • 新しい OptiView パフォーマンス・テスト・リモート(PTR) – パフォーマンス・テスト、トラブルシューティング、設置の妥当性確認のために、10G デバイスでネットワーク上の多地点を計測するコスト効率の高い手段を提供します。
  • 新しい Windows Reflector – パフォーマンス・テストやトラブルシューティングのために、ネットワーク上の PC に瞬時に展開可能な簡単にダウンロードできるソフトウェア・エージェント。
  • 自動ネットワーク・マッピング – OptiView の強力な検出エンジンを使用することで、ユーザーは柔軟なマップベースのユーザー・インターフェースでネットワークと対話し、構成やトポロジーの問題を素早く視覚的に特定して、トラブルシューティングを迅速に行えます。ワンクリックでマップデータを Visio ファイルのジェネレーターに送信し、瞬時にプロ仕様のネットワーク文書を作成できます。
  • 連続ディスク保存 - 必要なパケットが確実にキャプチャーされるようにするため、複数のインシデントから複数の追跡ファイル、あるいは後で解析するため長時間の追跡ファイルを取得・保存できます。
  • ClearSight アナライザ v9.5 – Wi-Fi トラフィックや RADIUS のデコードなどの重要な拡張機能により、ClearSight はキャプチャーされたトラフィックの専門的な自動分析を提供し、最も困難なパフォーマンス問題を迅速に解析します。
  • Android 用 HeadsUp™ XG – OptiView XG モバイル・アプリを使って常に最新情報を入手。HeadsUp XG は Android でもご利用いただけるようになりました。問題が発生したら、Apple® または Android のスマートフォンやタブレットで通知を受け、XG の問題ログを確認できます。

NetScout ゴールド・サポート

当社のサポートプランにご契約いただくと、24/7 の技術的な支援が受けられます。ゴールド・サポート・プランでは、NetScout 装置へのお客様の投資を守り、付加価値を与えるための特別なサービスをご利用いただけます。これらのプランには、1 年 365 日 1 日 24 時間の電話または Web サポートセンターを使用した制限なしの技術サポートが含まれています。サービスを中断しないために、契約に含まれている製品の修理や修理中の代替品の「翌日」発送も行っています。無償ソフトウェア・アップグレード。Web ベースのトレーニング。事業と用途に関連する技術文書がある広範なナレッジ・ベース・ライブラリへのアクセス。ゴールド・メンバーの方のみの「メンバー限定」特別価格とプロモーション。国によってはご利用いただけない特典もあります。詳細については、www.enterprise.netscout.comをご覧ください。

 
 
Powered By OneLink