データ・シート:OptiView XG ネットワーク解析タブレット - バージョン 12 ソフトウェア・リリースおよび 10GBASE-T ネットワーク・アダプタ|enterprise.netscout.com

データ・シート:OptiView XG ネットワーク解析タブレット - バージョン 12 ソフトウェア・リリースおよび 10GBASE-T ネットワーク・アダプタ

自動化されたネットワークとアプリケーション解析のための専用タブレットである OptiView® XG は、ネットワーク・エンジニアが根本的原因を確認する最速の方法です。この最新リリースの強化機能と共に、フルーク・ネットワークスは、ネットワーク・インフラへの前例のない可視性と新技術向けのアナライザーの拡張機能をユーザーに提供しています。

「OptiView XG なしで当社のチームが IT 業務を効率的に行えるとはとても思えません。OptiView XG は Bosch のネットワーク解析とトラブルシューティングの世界的な標準ツールとなっています。リモートトラブルシューティングや現場に携帯できる柔軟性だけでなく、解析プロセスを自動化し、マネージャーが特定のパケットレベルの情報を得られる機能を備えているこの製品は市場で独自のものです。このおかげで、重要なプロジェクトを予定通りに完了し、問題を非常に迅速に解決することが可能になっています。」
– Bosch Group のネットワーク・マネージャー

OptiView XG

バージョン 12 の特長:

  • エンドユーザー・レスポンス時間 (EURT) メトリクス – Visual TruViewTM との統合により、XG ユーザーには現在、ユーザー、サイト、サーバー、アプリケーション別の完全可視性 EURT メトリックがあります。グラフィカルな「ヒート・マップ」でアプリケーション・パフォーマンスの問題領域(ネットワークまたはアプリケーション)を瞬時に特定し、実際の根本原因にまでドリルダウンできます。
  • プロファイル管理 – サイト固有またはクラアント固有のプロファイルとして機器の設定が保存でき、異なるネットワーク間で移動する際に機器の再設定をスピードアップできます。
  • 無線ネットワーク・マッピング – バージョン 11 でリリースされた自動マッピング機能を向上することによって、現在、OptiView XG は無線 LAN コントローラ (WLC) を使用して、無線ネットワーク接続マップを作成できます。
  • 10GBASE-T アダプタ UTP の 10 ギガがより普及するにつれ、XG ユーザーは、簡単な接続と 10GBASE-T のリンク・テストのためにこのアダプタ (オプション) をアナライザーに追加することができます。
  • 更新のチェック – ゴールド・サポート適用対象の OptiView XG ユーザーは、重要なソフトウェアの更新を頻繁に受けることができます。現在、XG では、最新のソフトウェアが使用可能になると、最新かつ最高の機能を常時ご利用になれることをユーザーに通知しています。
  • AirMagnet SurveyPro v8.6 – オプションの AirMagnet SurveyPro ソフトウェア(オプション)の XG ユーザーは現在、802.11ac 調査を実施できます。

Gold customers can upgrade to version 12 free of charge by logging into their Gold "my account" on enterprise.netscout.com/user.


バージョン 12 について

可視化がネットワーク・インフラ、自分のデバイス持込 (BYOD)、クラウドベースのサービスに普及するとともに、ネットワークの最大限の可用性とパフォーマンスを維持することはこれまで以上に困難です。ネットワーク・パス、レイヤー 2 のスイッチによる有線または無線のユーザー、WAN、コアやデータ・センターなど、至るところで問題が発生する可能性があるため、エンジニアには完全なエンドツーエンド可視性が求められています。しかし、ほとんどのパフォーマンス管理システムは、サイトのエッジ・ルーターで停止します。可視性のギャップを埋めるためには、ネットワーク・エンジニアは、エンドツーエンドとそれらの間のすべてをトラブルシューティングするために携帯と固定の要素を結合したソリューションが必要です

フルーク・ネットワークスのアプリケーション対応のネットワーク・パフォーマンス管理 (AANPM) ソリューションは、常時オンのエンドツーエンド可視性のために設置型コンポーネントと携帯型コンポーネントを提供しています。ワークフローを単純化することにより、最戦前のサポートからネットワーク・エンジニアに至るまで、IT の全メンバーがソリューションの恩恵を確実に受けています。フルーク・ネットワークスの AANPM ソリューションは、問題が有線と無線の両方のインフラにエンドツーエンド可視性を含んでいる場所に移動するために、ネットワークをさらに詳細に調査します。

OptiView XG バージョン 12 とともに、フルーク・ネットワークスは、AANPM の主力製品である OptiView XG と Visual TruView の統合について発表しています。これら 2 つの製品は現在、シームレスに連携し、ネットワーク・エンジニアにユニークなエンドツーエンド可視性を提供し、ネットワークとアプリケーションの問題を素早く分離し、効果的に解決しています。エンジニアが NOC 内またはエンド・ユーザーの場所にいるかどうかにかかわらず、XG のパス解析データの TruView への統合とエンド・ユーザー応答時間メトリクスの TruView から XG への統合により、完全な解析ツールを提供しています。

1 つの製品から他の製品へとユーザー・インターフェースを切り替えるだけの「統合化」製品とは異なり、OptiView と TruView により、データはツール間で渡され、同じローカル・ユーザー・インターフェースに表示されます。その結果、同じツール内でワークフローはスムーズになり、根本的原因を素早く見つけます。

現場の技術者/エンジニアと同様に、異なるサイトまたはクライアント・ネットワーク間を頻繁に移動する OptiView のユーザーのために、バージョン 12 は新しい「プロファイル管理」機能を提供しています。これにより、ユーザーは機器の設定や特定のネットワーク環境固有のテストを保存することができます。

ネットワークが進化し成熟し続ける中、より高速なリンクがネットワーク・アーキテクチャに、さらに詳細な形で展開されています。10 ギガビット・イーサネット – かつてはデータ・センター・テクノロジで使用されるだけでしたが、多くの設備ベンダーが銅のツイストペア・ケーブルに 10G を提供する中、ディストリビューション・レイヤーとアクセス・レイヤーにも使用され始めています。XG ユーザーは別売りの OptiView 10GBASE-T アダプターを追加して、標準 RJ-45 ネットワーク・ポートを使用してネットワークのフル解析を行うことができます。

OptiView XG バージョン 12 はまた、瞬時にワイヤレスネットワークのマップが作成できるなど、バージョン 11 で発表された自動マッピング機能がさらに強化されています。さらに、XG ユーザーは自動アップデート・チェック機能により、アナライザーが最新のソフトウェア・コードを使用していることを常に確認されます。


エンド・ユーザーのレスポンス・タイム (EURT) メトリクス

Visual TruView™ との統合により、XG ユーザーはユーザー、サイト、サーバー、およびアプリケーション別に EURT メトリクスに関する完全な可視性が得られるようになりました。グラフィカルな「ヒート・マップ」でアプリケーション・パフォーマンスの問題領域(ネットワークまたはアプリケーション)を瞬時に特定し、実際の根本原因にまでドリルダウンできます。TruView は、統合型のアプリケーションおよびネットワーク・パフォーマンスのモニタリングおよびトラブルシューティング・アプライアンスです。企業全体のエンド・ユーザー・エクスペリエンス、時間相関のあるパケット、フローおよび管理データを監視して、パフォーマンスの問題の原因を切り分けることによって、グローバル、地域、またはサイトやユーザー 24/7 のローカル・グループを監視します。

XG ユーザーは、バージョン 9 ソフトウェアがインストールされた TruView アプライアンスを XG バージョン 12 と共に利用できます。これにより、EURT データは直接、TruView から OptiView のユーザー・インターフェースに統合されます。製品の間でユーザー・インターフェースを切り替えるだけの一部の「統合型」製品とは異なり、OptiView と TruView を使用すると、データはツールの間で瞬時に渡され、同じローカル・ユーザー・インターフェースに表示されます。その結果、同じツール内のワークフローがスムーズになり、根本原因を迅速に特定できるため、ネットワークおよび業務チームはより多くの時間をかけて重要なプロジェクトに集中することができます。

EURT は、アプリケーション・レスポンス・タイム (ART)、データ転送時間 (DTT)、ネットワークのラウンドトリップ時間 (NRT) に分けられます。エンジニアは、アプリケーション別およびサーバー別のトランザクション数に基づいて、EURT に対する全体的な影響を評価できます。TCP 健全性メトリクス(再送信、ゼロ・ウィンドウ、停止、TCP リセット)から、アプリケーションのパフォーマンス低下の原因についてさらに洞察を得ることができます。

エンジニアがネットワーク内のアクセス・レイヤー、データ・センター、またはリモート・サイトでのトラブルシューティングに出向く際に、EURT データが手元にあると、デバイス、パス、フロー、およびアプリケーションにわたって予想外の可視性が得られ、パフォーマンスの問題を迅速に解決できます。

リフレクター

EURT メトリクスにより、OptiView XG のユーザー・インターフェース内の TruView から問題領域の切り分けをスピードアップ。

リフレクター

TruView バージョン 9 の OptiView XG グラフ表示のパス解析機能は、ネットワーク・インフラストラクチャの健全性のエンドツーエンド可視性を可能にします。


プロファイル管理

異なるサイトやクライアント間を移動するエンジニアは、OptiView XG はサイト別あるいはクライアント別のプロフィールに機器の設定を保存できるので、異なるネットワーク間を移動する際に機器の再設定が短時間で行えるようになります。そのため、XG はシステム・インテグレータ、コンサルタント、セキュリティ/コンプライアンス監査担当者、その他のフィールド・チームにとってさらに強力で便利なツールとなります。

無線ネットワーク・マッピング

何時間もの手作業を軽減!OptiView XG では、バージョン 11 でリリースされた自動マッピング機能を強化することにより、ワイヤレス LAN コントローラ (WLC) からのデータを使用して、ワイヤレス・ネットワーク接続性マップを作成できるようになりました。1 つ以上の SSID、目的の WLAN 周波数帯域、デバイス、およびセキュリティ・タイプを選択すると、マップの内容をフィルターできます。リンク速度、使用チャネル、AP モード、容量、AP ごとのクライアント数などのマップの詳細は、ユーザーが構成できます。インフラの有線接続により、ネットワーク全体が端から端まで表示されます。そのため、ネットワークの文書の更新を欠かすことはありません!レポート・アイコンをクリックすると、表示されたマップの Visio 文書が瞬時に生成されます。

さらにベター

プロフィール管理は、OptiView をネットワーク間で移動する際に、機器の再設定にかかる時間を短縮します。

さらにベター

10GBASE-T アダプター

10ギガ・メタルがより顕著になるにつれ、XG ユーザーはこのオプションのアダプターをアナライザーに追加して、10GBASE-T リンクへの簡単な接続とテストを行うことが可能です。このアダプターは XG タブレット上の 1 Gig SFP と 10 Gig SFP+ スロットの両方からの電力を使用して、10GBASE-T (“RJ-45”) 接続上でフル・ライン・レートのトラフィック・キャプチャーと生成を駆動します。

注記:初期の OptiView XG 装置の中には、10 Gig アダプターを使用するためには当社のサービスセンターによる小規模な修正が必要となるものもあります。詳細は、ご注文情報をご覧ください。

AirMagnet SurveyPro v8.6

XG ユーザーはオプションの AirMagnet SurveyPro ソフトウェアを使用して、802.11ac サーベイを行えるようになりました。SurveyPro バージョン 8.6(OptiView XG の PRO と EXPT モデル用)は最新の Wi-Fi テクノロジー、802.11ac と完全な互換性があります。外付け USB .11ac 無線、SurveyPro 8.6 と OptiView XG を使用して、総合的なサイト・サーベイとシミュレーションを .11ac ネットワークに対して実施できます。

さらにベター

これ以外の最近のアップデートによる主要機能

バージョン 11:

  • 新しい OptiView パフォーマンス・テスト・リモート(PTR) – パフォーマンス・テスト、トラブルシューティング、設置の妥当性確認のために、10G デバイスでネットワーク上の多地点を計測するコスト効率の高い手段を提供します。
  • 新しい Windows Reflector – パフォーマンス・テストやトラブルシューティングのために、ネットワーク上の PC に瞬時に展開可能な簡単にダウンロードできるソフトウェア・エージェント。
  • 自動ネットワーク・マッピング – OptiView の強力な検出エンジンを使用することで、ユーザーは柔軟なマップベースのユーザー・インターフェースでネットワークと対話することができ、構成やトポロジーの問題を視覚的に特定して、トラブルシューティングを加速させられます。ワンクリックでマップデータを Visio ファイルのジェネレーターに送信し、瞬時にプロ仕様のネットワーク文書を作成できます。
  • 連続ディスク保存 - 必要なパケットが確実にキャプチャーされるようにするため、複数のインシデントから複数の追跡ファイル、あるいは後で解析するため長時間の追跡ファイルを取得・保存できます。
  • ClearSight アナライザ v9.5 – Wi-Fi トラフィックや RADIUS のデコードなどの重要な拡張機能により、ClearSight はキャプチャーされたトラフィックの専門的な自動分析を提供し、最も困難なパフォーマンス問題を迅速に解析します。
  • Android ™ 用 HeadsUp XG – 常に接続した状態で最新情報の入手を可能にする問題通知用の OptiView XG モバイル・アプリ、HeadsUp XG™が Android でも利用できるようになりました。問題が発生したら、Apple® または Android のスマートフォンやタブレットで通知を受け、XG の問題ログを確認できます。

バージョン 10:

  • ネットワーク・パフォーマンス・テスト – サービス・プロバイダーの SLA のテスト、ネットワーク・ボトルネックのトラブルシューティング、新しいアーキテクチャの検証、新しい技術またはアプリケーションの展開に対するネットワークの評価を実行します。
    • 帯域幅、レイテンシー、ジッター、ロス、および 10 Gbps までの可用性におけるエンド・ツー・エンドのネットワーク・パフォーマンスを測定します。
    • クラス・オブ・サービスのテストと複数のテスト・ストリーム(同時に 8 まで)により、ネットワーク全体での QoS の可用性とパフォーマンス、また、キャリアー・リンクの QoS のサポートを確認します。
    • パフォーマンス・テストは、ITU (国際電気通信連合)ITU-T Y.1564 基準に準拠しています。
    • ネットワーク・ボトルネックを検出 - グラフィカル・パス解析と組み合わされたパフォーマンス・テストは、ネットワーク全体でのトラフィック問題だけでなく、問題の正確な場所も表示します。
  • Apple iOS6 用 HeadsUp XG™
ご注文情報 – OptiView XG 10 Gigabit Ethernet アダプター
OPVXG-10G-ADAPT OPTIVIEW XG 用 10GBASE-T 10GIG アダプター
シリアル番号 2536007 以降の OptiView XG と使用
OPVXG-10G-ADAPT-EK OPVXG-10G-ADAPT 強化キット - OPVXG-10G-ADAPT を含む
シリアル番号 2536008 以前の OptiView XG と使用このシリアル番号以前の OptiView XG 装置は、OPVXG-10G-ADAPT を使用するために当社のサービスセンターで小規模の修正が必要です。このモデルには、装置を当社のサービスセンターに返品するための出荷用の箱と返品方法説明書が含まれています。修正が完了した後、アダプターをアナライザーと一緒にお送りします。

フルーク・ネットワークスのゴールド・サポート

当社のサポートプランにご契約いただくと、24/7 の技術的な支援が受けられます。ゴールド・サポート・プランにご加入(有料)ください。フルーク・ネットワークス製品に対する貴重な投資を守り、その投資価値を高める優れた特典をご活用いただけます。これらのプランには、1 年 365 日 1 日 24 時間の電話または Web サポートセンターを使用した制限なしの技術サポートが含まれています。サービス対象の機器の修理期間中には、「翌日」発送で代替機をご提供します。したがって、業務を中断することはありません。無償ソフトウェア・アップグレード。Web ベースのトレーニング。事業と用途に関連する技術文書がある広範なナレッジ・ベース・ライブラリへのアクセス。さらに、ゴールド「メンバー専用」の特別価格とプロモーション。国によってはご利用いただけない特典もあります。詳細については、enterprise.netscout.com/goldsupport をご覧ください。

 
 
Powered By OneLink