データ・シート:OptiView XG ネットワーク解析タブレット – ネットワーク解析|enterprise.netscout.com

データ・シート:OptiView XG ネットワーク解析タブレット – ネットワーク解析

OptiView® XG は、ネットワーク・エンジニア専用に設計された初めてのタブレットです。有線/無線ネットワークおよびアプリケーション問題の根本原因が自動的に解析されるため、ユーザーはトラブルシューティングの時間を短縮し、その他の案件に時間をかけることができます。通信、仮想化、無線および 10 Gbps イーサネットを統合し、これら含む、新しい技術の展開やトラブルシューティングをサポートするよう設計されています。その結果、この小規模チームの時代であっても、新しい案件を迅速に立ち上げて稼動し、ネットワークの効率を維持することができます。

OptiView XG

主な機能

  • ネットワーク解析 – ネットワーク・インフラにおける自動検出、マッピング、モニタリング、解析、およびガイド付きトラブルシューティング
  • トラフィックとパケットの解析 – 10 Gbps の「ネットワーク上」の解析ができる唯一のタブレット
  • 無線解析 – 802.11a/b/g/n/ac WLAN の展開とトラブルシューティング用の統合型ツール
  • パフォーマンス・テスト – ネットワーク評価の実行、新しいインフラおよびデバイスの検証、サービス・プロバイダの SLA と QoS のテスト、最高フルライン・レート 10 Gbps でエンド・ツー・エンドの問題のトラブルシューティング

Optiview XG の概要と一般的な情報については、データ・シートを参照してください。

ネットワーク・エンジニア用タブレット

OptiView XG のユニークなタブレット・フォーム・ファクターは、デスク、データ・センター内、またはエンドユーザーのロケーションなど、ネットワークのどこでも接続、解析、およびトラブルシューティングが可能なモビリティを提供します。ネットワーク上のデバイス、インターフェース、およびパスのパフォーマンスと健全性をすばやく解析できるため、従来の LAN/WAN スイッチングおよびルーティングの枠を越えて、異種混合の物理デバイス、無線ネットワーク、仮想サーバー、および仮想ネットワークが組み込まれた真のネットワーク・ファブリックへと進展します。

  • 独自のタブレット・フォームファクターの強力な専用ハードウェアには最新の有線・無線技術が統合されているため、どこからでも接続して解析を行い、ネットワーク問題やアプリケーション問題を解決できます。
  • 直感的でカスタマイズ可能なダッシュボードとマップで、ネットワークを思い通りに表示できます。
  • パフォーマンス・テスト、最大 10 Gbps の「有線」および「無線」自動解析を提供します。
  • 問題が発生する前に必要な情報をモニタリングし、解析することにより、予防的解析を行うことができます。
  • すぐに使用できるカスタマイズ可能なレポートとマップ

ネットワーク解析 – 特長

  • リアルタイム・ディスカバリー・エンジンは、ホスト、電話、スイッチ、ルーター、アクセス・ポイント、サーバーなど最大 30,000 のデバイスを検出および追跡します。
  • 独自のパス解析は、ユーザーとアプリケーション・リソース(ローカル、リモート、クラウドベース)間のパスをグラフ形式で表示し、パスにある重要なリンクおよびデバイスのパフォーマンス・データやパフォーマンス問題を視覚的に表示します。
  • 有線 / 無線ネットワーク自動マッピング – OptiView の強力な検出エンジンを使用することで、ユーザーは柔軟なマップベースのユーザー・インターフェースでネットワークと対話することができ、構成やトポロジーの問題を視覚的に特定して、トラブルシューティングを短時間で行えるようになります。ワン・クリックでマップ・データを Visio ファイルのジェネレーターに送信し、瞬時にプロ仕様のネットワーク文書を作成できます。
  • 一般的なネットワーク管理システムによって収集される集計データではなく、詳細なデータを収集および監視することによって断続的な問題を可視化して提示します
  • ネットワークの問題を自動的に検出し、解決手順を提案します。問題通知を受け取り、Apple® IOS6 または Android のスマートフォンやタブレットから XG の問題ログを確認します。
  • ハイパーバイザーの可用性、インターフェイスの利用状況、リソースの使用状況レベルなど、VMware® 環境のパフォーマンスを測定します
  • リアルタイムの NetFlow データで帯域幅占有を検出

自動解析とガイド付きトラブルシューティングにより、誰もが問題解決のエキスパートになれます

パフォーマンス健全性チェックによるネットワーク・モニタリング

御社のビジネスは、保護された信頼性高い高速ネットワークに日々依存しています。既に膨大な作業量を抱える IT リソースはますます多くのことを要求されており、ネットワークのメンテナンスや最適化は見落とされがちになっています。その結果、不健全なネットワークが不適切に利用され、誤った設定が行われて、サイバー脅威に脆弱になります。

健全性チェックによって一目で確認できるため、重要なインフラやアプリケーションを順調に動作させ、その性能を最適化してスムーズに実行できます。OptiView では、スイッチとルーターのインフラを介して検索を行い、ポートのエラー、破棄、過剰利用率、メモリ/CPU の高い利用率、機器の再起動、FHRP 状態の変化などの問題を主体的に探します。検出したら、SNMP トラップ、Syslog メッセージ、またはプッシュ通知を介して OptiView からスタッフの Apple または Android デバイスに通知が送られます(HeadsUp XG のモバイル通知アプリを参照)。

インフラスの健全性

仮想化の健全性

企業はコスト削減と柔軟性を得るためにサーバーを仮想化しています。しかし、仮想化のメリットには、仮想ネットワークを管理する新しい複雑性が付き物です。OptiView XG には、仮想マシンとそのホスト VMware ESX サーバーを解析する機能が搭載されています。これにより、仮想サーバーの健全性を迅速に追跡し、ミッション・クリティカルなアプリケーションへの障害を未然に防ぎます。OptiView XG による検出では、ESX ホスト・サーバーに追加された新しい仮想マシンの検出および解析を行うことができます。

CPU、メモリ使用率、設定され実行されている仮想マシンの数などを監視することで、VMware ESX サーバーの健全性を迅速に確認できます。VM 名、ゲスト OS、VM の状態、およびプロセッサー、メモリー、ネットワーク使用率などの詳細な仮想マシンの健全性統計情報を表示します。

仮想化健全性チェック

事前解析のためのきめ細かなデータ

きめ細かいリアルタイムのデータをネットワークやアプリケーションのパフォーマンス統計やエラーに入れることは、断続的または過去の問題のトラブルシューティング、およびトラフィックのバーストがパフォーマンス問題で起きているかどうかを判断するためには不可欠です。この詳細なデータは、問題が表面化したときに何が起きていたのかを「バックインタイム」解析できるように、事前に収集され、24 時間保存されます。

断続的に発生する問題をトラブルシューティングするための詳細なデータ

自動問題検出

OptiView XGは、自動的にネットワーク・インフラ内のエラーをスキャンします。これらのエラーは問題ログに収集され、分類および並べ替えを行うことができます。検出された問題例:パフォーマンスの問題、IP アドレスの重複、不正サブネット・マスク、デフォルト・ルーターの無応答など、他にもたくさんあります。

検出された問題に関する警告は、SNMP トラップまたは syslog メッセージを経由してネットワーク管理システムに配信されます。Apple iOS 用または Android デバイス用の HeadsUp™ XG アプリは、問題に関するアラートをユーザーの携帯電話やタブレットに直接送信するため、どこにいても問題を確認して詳しく調べることができます。詳細については、概要と一般情報のデータ・シートを参照してください。

問題ログとガイド付きトラブルシューティング

iOS および Android 向け HeadsUp XG アプリ

ガイド付きトラブルシューティング

ネットワーク上では様々なエラーや問題が発生し、考えられる原因がなかったり解決策が用意されていないければ、問題を解決するためにより多くの時間がかかります。内蔵のガイド付きトラブルシューティングにより、根本的原因の識別と問題解決にかかる時間を短縮でき、スタッフの効率が高まります。問題ログ内の問題をクリックすると、考えられる原因、潜在的な影響、問題の解決策がすぐに表示されます。

グラフィカル・ユーザー・インターフェイス要素でトラブルシューティングのスピードアップ

瞬時に「ネットワークに問題がないことを証明」

1-Click NetTest では一連のテストを実行し、ネットワークの問題ではないことを迅速に証明します。1-Click NetTest では、PING、レイヤー 2 および 3 のパス解析を使用して接続性を検証し、ターゲット・デバイスのスイッチ間およびルーター間のパスを調べます。そのパスにあるすべてのインターフェイスとインフラ・デバイスが解析され、問題が明確に示されます。ターゲット・デバイスの自動解析によって、構成およびリソースの問題が明らかになります。もう 1 回クリックすると、これらすべての結果を即座に文書化できます。

さらにもう 1 回クリックすると、アプリケーション・インフラ・テスト・スイートに 1-Click NetTest が追加され、該当のパスとエンド・デバイスを継続して監視、または詳しい情報を得るために詳細なグラフィカル・パス解析が開始されます。

1-Click NetTest

即座に「状況を理解」して素早くトラブルシューティングを開始

パフォーマンス問題をトラブルシューティングするためには、ユーザーとアプリケーション・リソース間のパスを見つけることがまず必要です。問題を隔離するのに必要な次のステップは、アプリケーション・フローに関連するインフラ、そのパフォーマンス、さらなる解析のためのドリル・ダウン箇所を理解することです。

XG の独自のグラフィカル・パス解析 (GPA) では、ユーザーとアプリケーション・リソース(ローカル、リモート、クラウドベース)間のパスがグラフ形式で示され、パスにある重要なリンクおよびデバイスのパフォーマンス・データやパフォーマンス問題が視覚的に表示されます。GPA は、レイヤー 2 と レイヤー 3 の全ホップを示し、選択したパスの全リンク、インターフェース、およびデバイスの健全性を検査します。ポイントをクリックすると、瞬時に障害のあるポートのインターフェイスの健全性が表示されるため、問題の詳細情報へのアクセスが高速化します。このように、問題を探さなくても XG が「問題を見つけてくれ」ます。

結果には、リンク・スピードおよび VLAN 情報を含む、DNS 名および IP アドレス、スイッチ間の相互接続に使用しているポート番号などが表示されます。発売されれば、パス解析はインターフェイス使用率をトレンド化し、明確なトレンド・チャートでトラフィックのイン/アウトを表示します。特定のデバイスをクリックすると、そのデバイスの特定のパフォーマンス情報を掘り下げることができます。ワン・クリックのレポート生成でパスを文書化します。

グラフィカル・パス解析

自動ネットワーク・マッピング

ネットワークで何が起きているか、誰がネットワークに接続しているか、どこで接続しているか、そして「ある地点から別の地点」へのパスをエンジニアが早く「理解」するほど、パフォーマンスの問題をトラブルシューティングする際に、その根本原因をより迅速に突き止めることができます。これは、「不明」なネットワークを頻繁にトラブルシューティングするメンテナンス業者やシステム統合業者には、特に必要です。CLI(コマンド・ラインインターフェイス)やエレメント・マネージャーなどの従来の方法では時間がかかりすぎ、そして難解で関連付けの難しい複雑なデータを提示することがよくあります。

OptiView の特許取得済み検出エンジンを使用することで、ユーザーは柔軟なマップベースのユーザー・インターフェースでネットワークと対話することができ、構成やトポロジの問題を目で素早く特定して、トラブルシューティングをより迅速に行えます。

導入前のネットワーク評価や新技術のロールアウトなど、どのようなプロジェクトでもドキュメント化は欠かせない手順ですが、完了するにはかなり時間のかかる場合があります。グラフィカルなマップベースのユーザー・インターフェースからワンクリックでマップデータを Visio ファイルのジェネレーターに送信し、瞬時にプロ仕様のネットワーク・ドキュメントを作成できます。企業やサービス組織に理想的な OptiView XG のマッピング機能は、手作業の時間を省き、ネットワークの変更に応じてドキュメントを最新の状態に維持し、クライアント・プロジェクトのインスタント・マップを提供します。

マップベースの検出ユーザー・インターフェース

自動化された Visio マップ生成

OptiView XG は無線 LAN コントローラ (WLC) からのデータを使用して、無線ネットワーク接続マップを作成します。1 つ以上の SSID、目的の WLAN 周波数帯域、デバイス、およびセキュリティ・タイプを選択すると、マップの内容をフィルターできます。リンク速度、使用チャネル、AP モード、容量、AP ごとのクライアント数などのマップの詳細は、ユーザーが構成できます。有線インフラ接続ではエンドツーエンドからネットワーク全体を表示するので、有線および無線のネットワークの更新された文書が必要です。

OptiView バージョン 13 には、ネットワーク・マッピング用の 2 つの新しい重要な機能が搭載されています。まず、v13 は、WLAN アクセス・ポイントなど、管理されていない不明なデバイスの可視性を提供します。こういった潜在的な「不正」デバイス、そしてそれに接続されたデバイスを検出リストに表示し、ネットワーク・マップで確認します。次に、VoIP 電話のエンドポイントをマッピングすることで、ユニファイド・コミュニケーション展開プロジェクトの完全な文書化が可能になります。

無線ネットワークのマッピング

ネットワーク・マップ内で管理されていないデバイスまたは不正なデバイス

VoIP 電話の接続性のマッピング

ネットワーク・ナビゲーター – ネットワークへの窓口

OptiView XG ネットワーク・ナビゲーターは、リンク・レイヤー・ディスカバリー・プロトコル・データ(LLDP、Cisco スイッチの CDP)を使用して、スイッチの「ネットワーク・コンピューター」のシンプルな図を生成します。イン/アウト・インターフェイス ID はデバイス名と一緒に表示されます。OptiView XG が何か問題を検出した場合、デバイスに表示されます。

エンジニアは図をクリックしてデバイスとパスをナビゲートし、さらなる解析が必要な箇所を正確に示し、特定のネットワーク・エリアに問題が存在しているかどうかを確認することができます。この図は、瞬時に PDF または HTML 形式のレポートとして保存できます。

ネットワーク・ナビゲーター、マップ、およびパス解析を使用することにより、ネットワークを可視化でき、パフォーマンスの状況およびパフォーマンス問題の根本原因を究明するために詳しく調査する必要がある場所を確認できます。

ネットワーク・ナビゲータ

一貫性あるエンドユーザー・エクスペリエンスとアプリケーション・パフォーマンスを保証

高度なネットワーク検出 - デバイス、ネットワーク、問題などを数秒で検出

OptiView XG はネットワークに接続されるとすぐに、自動的にトラフィックの監視とホストへのクエリーを行い、ネットワーク上のデバイスの検出を自動的に開始します。IT スタッフは、ネットワーク上にどのようなデバイスがあり、それがどこに接続されているのかを、スイッチ、スロット、およびポート番号で確認できます。「不正な」デバイスや許可されていないデバイスを調査および発見し、デバイスの誤設定に関連する問題を特定できます。

OptiView XG は、デバイスを次の種類で分類します:インターコネクト(ルーター、スイッチ)、サーバー、ハイパーバイザー、仮想マシン、プリンター、SNMP エージェント、VoIP デバイス、無線デバイス、およびその他のホストさらに、ネットワークは、IPv4 および IPv6 のサブネット、VLAN、NetBIOS ドメイン、IPX ネットワーク、および無線ネットワークに分類されます(各分類内のホスト・メンバーシップと一緒に)。また、問題が発生している可能性のあるネットワーク・デバイスも見つかります。

ネットワークおよびデバイスの検出

リモート・ネットワークの検出と解析

ほとんどのネットワーク・アナライザーとトラブルシューティング・ツールでは、通常、単一のブロードキャスト・ドメインまたは VLAN の可視性に制限されています。OptiView XG ネットワーク解析タブレットは、オフ・ブロードキャスト・ドメイン・サブネット上で最大 30,000 個のデバイスを検出し、ブロードキャスト・ドメインやローカル VLAN の限界を超えて、企業ネットワーク全体の世界中あらゆる場所のリモート・サイトおよびユーザーにまでデバイス検出を広げるように構成することができます。接続されているネットワークとリモート・サイトの両方のデバイスについて、HTML 形式と PDF 形式の最新のインベントリー・レポートを生成します。

リモート・サイト間でのパフォーマンスをテストするには、ネットワーク・パフォーマンス・テスト機能を使用してください(ネットワーク・パフォーマンスのデータシートを参照)。

アプリケーション・インフラストラクチャの解析

一貫性あるアプリケーション動作は、ビジネスにとって重要です。OptiView XG は、アプリケーションの基本的なネットワーク・インフラの識別および解析を容易にします。これにより、アプリケーションのパフォーマンス問題を未然に防ぐことができ、同時に、ネットワーク対アプリケーションの問題の特定にかかる時間を削減します。

DHCP や DNS などのネットワーク・サービスが利用可能かつ正常に機能していることを自動的に検証することにより、アプリケーションとネットワークのパフォーマンス問題のトラブルシューティングをスピードアップします。サーバー上の特定の TCP IPv4 および IPv6 ポートを開き、ネットワーク・レイテンシーとサーバー接続の設定時間の組み合わせでラウンド・トリップ時間をレポートすることで、サーバーとアプリケーションの接続性を確保します。ユーザー、プロセッサ、メモリの数、ディスクの使用率、および実行しているサービスやプロセスなどのリソースを表示することにより、サーバーが効率的に動作していることを確認します。

アプリケーション・インフラストラクチャの解析

リアルタイムの NetFlow で帯域幅占有を検出

OptiView XG は、NetFlow を使用して企業内での帯域幅の利用状況についての貴重な情報を提供し、従来の NetFlow 解析設定の複雑さと高いコストを取り除きました。アプリケーション・インフラの OptiView XG は、フローに対応したルーティング・デバイスから NetFlow データを収集し、これを使用してネットワーク・トラフィックと帯域幅の利用状況を解析します。トラブルシューティングのために、帯域幅を使用しているトップ・アプリケーション、カンバセーション、ホストのリアルタイムの帯域幅使用率即席レポートを得ることができます。

リアルタイムの NetFlow は、使用率の高いインターフェイスと、どのユーザーがどのアプリケーションで帯域幅を使用しているかを示します

無線ネットワーク経由の検出およびテスト

無線ネットワーク経由で迅速に検出を行う OptiView XG 独自の機能により、現場での移動中、周囲のネットワークを常に認識できます。タブレットを有線ネットワークから切断した場合も、異なる場所に移動しても、データを失うことなく、重要なデバイスを無線で解析できます。これは、ローミング時の基地局の切り替えをテストするための最適なソリューションと言えます。

VoIP および無線デバイスの検出

OptiView XG は、Cisco®、Nortel®、Avaya® および Mitel® のコール・マネージャーや IP 電話を含む VoIP デバイスを検出します。デバイスの機能と設定を確認できるため、ユーザーは VoIP の展開中に発生した設定関連の問題を特定して修正できます。また、OptiView XG は、無線 LAN コントローラー、Lightweight アクセス・ポイント (AP)、インテリジェント・アクセス・ポイント、および無線クライアントも検出し、分類します。コントローラー、SSID、セキュリティ・パラメーターと QoS パラメーター、制御対象のライトウェイト (Lightweight) AP、使用している 802.11 プロトコルに関連付けられている無線ネットワークを含む、Cisco 無線 LAN コントローラーおよび LWAP からデバイス詳細情報を提供します。XG バージョン 12 では、ユーザーは有線および無線インフラのマップを瞬時に生成できます。

無線インフラストの検出

IPv6 検出

OptiView XG は、ルーター、スイッチ、無線 AP、DHCP6 サーバー、およびホストを含む完全な IPv6 ネットワークとデバイス・インベントリをすべて検出し、表示します。これにより、ネットワークでアクティブになっている IPv6 デバイスや、シングルスタック IPv6 ネットワークで問題が発生している可能性のあるデバイスを特定できます。ルーター広告は分析され、OptiView XG は詳細なルーター情報や設定を表示します。IPv4 プロトコルと IPv6 プロトコルの両方を通信に使用している可能性があるアプリケーションを容易に特定できます。

トンネリング・メカニズムを使用しているデバイスを検出し、使用中のトンネルを特定することができます。未検出または未承認のトンネリングは重大なセキュリティ・リスクとなる場合があります。

IPv6 ネットワーク、アプリ、およびデバイス

インフラ・デバイスのリアルタイムかつ徹底的な分析によりトラブルシューティングを加速化

詳細かつリアルタイム(30 秒ごとに更新)なインターフェースの使用率およびエラーを取得し、過剰なトラフィックが性能問題を引き起こしているか判断できます。この詳細なデータは、24 時間にわたって収集されます。インターフェースは、インターフェース・インデックス、使用率、ブロードキャスト数、エラー数、または衝突数で素早く並び替えられます。

詳細な解析

  • 全スイッチ・ポートの構成の表形式表示(各ホストの ID と接続先を含む)
  • 各スイッチ・ポートの使用率およびエラー率のグラフ形式表示(過剰な利用状態またはエラー状態のポートを一目で確認)
  • パフォーマンス問題がポートのリンク速度やデュプレックスの不一致、過剰な使用率やホスト数に関係しているかどうかの迅速な判断

スイッチとルーターの詳細な解析のためのリアルタイムのマルチポート統計

強化された仮想化データ・センター解析

1G または 10G リンク、パス解析、およびネットワーク・マッピングでの完全なラインレート・キャプチャーによって、XG は既に強力なデータ・センター・ツールとなっています。仮想ルーター冗長プロトコル (VRRP) や Cisco VSS を利用する環境での診断と検出機能が追加されたことにより、XG は仮想化データ・センターでさらに有効になりました。

また XG は、HSRP に加えて、フォールト・トレラントなデフォルト・レイヤー 3 ゲートウェイを構築するための専用冗長プロトコルである VRRP もサポートします。XG は冗長化のために構成されているルーター、スタンバイ用に構成されているルーターを明示し、フェイルオーバーが発生した場合はユーザーに通知します。

Cisco の VSS (Virtual Switching System) では、複数の個別の物理スイッチを 1 台の論理スイッチであるかのように構成して運用できます。OptiView XG での VSS との互換性により、エンジニアはこの技術特有の問題を検出して診断できます。

XG は VRRP スタンバイ用に構成されているインターフェイスを示します

XG は仮想インターフェイスを示して個別のスイッチにある物理ポートにそのインターフェイスを関連付けます

VLAN の検出および解析

以下のような情報から、接続性問題が VLAN コンフィギュレーションに関係しているかどうかを判断。

  • スイッチに設定されている VLAN
  • 各 VLAN に属するインターフェース
  • トランクまたはアップリンク・ポートの ID(使用中のトランキング・プロトコルと共に)の特定
  • 各 VLAN を構成するホストの ID

VLAN 構成の検出

ルーターおよび WAN リンク解析

詳細なデバイス解析では、ルーター ARP キャッシュまたはルーティング・テーブル・エラーを識別し、コストのかかる WAN リンクの管理とトラブルシューティングに必要な可視性を提供します。WAN リンク・コンフィギュレーション、利用率とエラー率、そして、ISDN、フレーム・リレー、T1/E1、T3、ATM リンクに関する特定のエラー・タイプ ID に関するグラフ形式の表示。ビルトインの Telnet とウェブ・ブラウザにより、OptiView XG から直接デバイスの再設定が可能。

NetScout ゴールド・サポート

当社のサポートプランにご契約いただくと、24/7 の技術的な支援が受けられます。ゴールド・サポート・プランでは、NetScout 装置へのお客様の投資を守り、付加価値を与えるための特別なサービスをご利用いただけます。これらのプランには、1 年 365 日 1 日 24 時間の電話または Web サポートセンターを使用した制限なしの技術サポートが含まれています。サービスを中断しないために、契約に含まれている製品の修理や修理中の代替品の「翌日」発送も行っています。無償ソフトウェア・アップグレード。Web ベースのトレーニング。事業と用途に関連する技術文書がある広範なナレッジ・ベース・ライブラリへのアクセス。ゴールド・メンバーの方のみの「メンバー限定」特別価格とプロモーション。国によってはご利用いただけない特典もあります。

詳細については、www.enterprise.netscout.comをご覧ください。

OptiView XG についての詳細は、www.enterprise.netscout.com をご覧ください

 
 
Powered By OneLink