データ・シート:OmniPoint™ Element|enterprise.netscout.com

データ・シート:OmniPoint™ Element

Visual の OmniPoint™ Element は、信頼される POP ソリューションで、IT 組織やクラウド・サービス・プロバイダーにパブリック、プライベート、およびハイブリッドのクラウド環境のサービス配信インフラストラクチャ全体での可視性を提供します。

Cisco_Compatible

クラウド環境のアプリケーション・パフォーマンス可視性

OmniPoint™ Element は、ユーザーに仮想化環境のアプリケーション、ネットワーク、および VoIP の可視性を提供する柔軟性が高くスケーラブルな存在点ソリューションです。問題領域の切り分けの明確な分界点として使用されるので、OmniPoint により、サイロとなっている IT インフラと複数ベンダーのソリューションの間の問題を短時間で特定して解決できます。サーバー接続とサーバー・レスポンス・タイムは、ベースライン作成と自動検出アプリケーションのアラームによって OmniPoint 内で自動的に測定されます。

IP 切り替えを使用するネットワークでの IP トランスポートおよび OmniPoint ソフトウェアのデプロイをサポートします。

ASE のドロップ・アンド・インサート機能は、顧客のサイトのプライベート・ブランチ・エクスチェンジに接続できる二次 DSX-1 ポートを提供します。T1 タイムスロットは、データ・トラフィックを処理する同じ回路上の PBX 用に分割できます。(図を参照してください。)ASE の内蔵モデムにより、ASE の管理インターフェイスへの電話接続またはシリアル・ポートを介したパススルー接続を確立できます。

責任追及の排除

OmniPoint Element では信頼される分界点が提供されるため、サービス・プロバイダー側またはネットワーク内のオーナーシップに関する疑問点が排除されます。

OmniPoint は、インストール点での詳細なパケットの可視性を提供しながら、経済的かつ効率的な方法でデータを収集してマルチテナント Visual Performance Manager に返します。

データは Visual Performance Manager の展開内のその他のデータ・ソースと相関されるため、組織はレイヤー2~7における時間相関のアプリケーション・パフォーマンス問題を検出し、問題のドメインをすばやく特定することができます。

サポートされているプラットフォーム:

OmniPoint Element は以下のプラットフォームでの展開をサポートしています。

  • Cisco SRE 700 および 900 用の Cisco SRE-V プラットフォーム
  • Riverbed Service Platform (RSP)
  • OVF ファイルのインストールによる仮想マシン (VM ESXi) 環境
  • Analysis Service Element (ASE)

Cisco サポート:

Cisco Services Ready Engine (SRE) モジュールは、Cisco アプリケーション、サードパーティ・アプリケーション、および OmniPoint Element ビジュアル・アプライアンスのようなカスタム・アプリケーションをホストする機能を備えた第 2 世代の Cisco Integrated Services Router (ISR G2) です。

サービス対応のデプロイ・モデルでは、OmniPoint Element をリモートでインストールし、現場に出向かなくても支店のルーターでいつでもホストすることができます。

SRE モジュールには、独自のプロセッサー、ストレージ、ネットワーク・インターフェイス、およびメモリが備わっており、それらはホスト・ルーター・リソースから独立して機能し、最大限の並行ルーティングとアプリケーション・パフォーマンスを保証します。

Cisco Unified Computing System Express (UCS Express) は、必須のインフラストラクチャ・サービスとミッション・クリティカルなビジネス・アプリケーションをスリム化された支店でホストするための、収束されたネットワーキング、コンピューティング、および仮想化プラットフォームです。OmniPoint Element は、Cisco SRE および UCS Express プラットフォームを利用して、支店に出入りするトラフィックを分析し、アプリケーション、ネットワーク、VoIP パフォーマンスについてわかりやすく表示します。この機能は、ターンキー・マネージド・サービスの一部として提供されることがあります。OmniPoint Element により、支店はルーターで DHCP、FTP、DNS、プリント・サービスなどの一般的なアプリケーションを実行し、リモート・ロケーションのハードウェアおよびサーバーの数を削減することができます。

Riverbed サポート:

Riverbed Service Platform (RSP) では、サード・パーティの仮想アプライアンスをスチールヘッド・アプライアンスでホストすることができます。使いやすい構成エンジンでも OmniPoint をすばやくインストールしてネットワークにすでに配備されているアプライアンス上でネットワークをモニターすることができます。

VmWare サポート:

OmniPoint は、任意の VMWare ESXi 環境でもホストでき、イベント、利用状況、およびアプリケーション応答の測定に関する詳細なパケット検査によって仮想化環境の可視性を提供します。これにより、問題のセグメント化およびオーナーシップの決定が可能になり、問題をより迅速に識別できます。

Analysis Service Element (ASE)

カスタマイズされた Visual ハードウェアにより、レイヤー 1-7 の可視性と NetFlow エクスポートが VPM 7.1 サーバー内で統合され、さらに柔軟な配備が実現します。

OmniPoint

サポートされるすべてのプラットフォームに共通する主な機能:
  • 詳細なパケット検査とヒューリスティックを使用したアプリケーションの自動検出
  • アプリケーション、事業部門、または VoIP トラフィック分析での VLAN セグメント化のモニタリング
  • リアルタイムの VOIP MoS スコア、およびジッター・パケット破棄、ネットワーク・パケット損失、ジッター、ラウンド・トリップ遅延、コール量、ネットワーク発信/着信コールの品質によるサイト劣化トレンドの履歴解析
  • 提供された各 CoS でのアプリケーションの可視性
  • 特定のフィルタリング機能のある高レベルのサポートのためのオンデマンド・トラフィック・キャプチャー
  • 音声/ビデオ・アプリケーションのサポート:RTP 音声、SIP、RTCP、NIStim、Skinny、ShoreTel、RTP ビデオ、RTMP、MGCP、H245、H225、HTTP ビデオ、および HTTP
  • 数千の分界点までスケーラブル
主な利点:
  • アプリケーション・パフォーマンス管理を他の支店のアプリケーションと統合することにより支店のインフラストラクチャが簡素化される
  • 追加のハードウェアを必要とせずに、各支店における可視性をリアルタイムと履歴の両方で示すことによりビジネス・ニーズにより迅速に対応できる
  • カスタマイズ可能なイベント構成により、アラームの時間と場所へのバックアップ開始機能がサービス・デスクに与えられる
OmniPoint Element の仕様
ハードウェア VMware Server Cisco SRE-700 Cisco SRE-700 Riverbed
Virtualization Technology™ を備えた 64 ビットの CPU Cisco ISR G2 2911 – 3945 ルーター (IOS 15.1-4.M) Cisco ISR G2 2911 – 3945 ルーター (IOS 15.1-4.M) モデル1050以上
CPU デュアル・コア2.0 GHz 以上 Intel Core Solo 1.86 GHz Intel Core 2 Duo 1.86 GHz Intel Xeon Dual Core 1.86 GHz
メモリ 4 GB 2 GB 4 GB 4 GB
メモリ (OPE 要件) 576 MB 割り当て済み
ハード・ドライブ (VMware 要件) 150 GB なし なし なし
ハード・ドライブ (OPE 要件) 4 GB
ソフトウェア要件 VSphere ESXi 4.0以上 SRE-V 1.5.1 パッケージ SRE-V 1.5.1 パッケージ Riverbed RSP 6.5以上

OmniPoint も以下のハードウェア ASE (Analysis Service Element) を使用できます。

ASE モデル 807-0109 - DSX-1、ドロップ・アンド・インサート機能付き T1 CSU/DSU ASE

ASE モデル 807-0112 - DSX-1、ドロップ・アンド・インサート、およびモデム付き T1 CSU/DSU ASE

ASE モデル 807-0120 - 10/100 Ethernet インライン ASE LE

ASE モデル 807-0122 - 10/100 LinkSafe 機能付き Ethernet インライン ASE

ASE モデル 807-401 - 100/1000 インライン・モード機能付き Ethernet ASE

 
 
Powered By OneLink