データ・シート:AirMagnet スペクトラム ES™|enterprise.netscout.com

データ・シート:AirMagnet スペクトラム ES™

モバイル・データの利用が急増し、モバイル・トラフィックの 80% が室内で生成されるようになり、3G から LTE へ移行し、商業環境で安定した受信範囲が必要になったことで、室内向けの無線ネットワークが確実に増えています。この成長をサポートしているのは、誰もが利用している分散アンテナ・システム (DAS) とスモール・セル・ネットワークの 2 つのテクノロジーです。キャリア、システム・インテグレーターの RF 、またこれらのネットワークの構築、メンテナンス、およびトラブルシューティングを担当するネットワーク・エンジニア技術者たちは、ネットワーク導入の初期段階をサポートし、同時にタイムリーでコスト効率の高いトラブルシューティングにも役立つプロフェッショナルなツールを必要としています。その重要なツールの 1 つが、RF スペクトラム・アナライザです。

スペクトラム・アナライザの使用目的:

  • アンテナ・パフォーマンスの測定
  • RF ベースラインの取得
  • 室内ネットワークとマクロ・ネットワーク間の分離の測定
  • RF 干渉問題のトラブルシューティング
  • 公衆の安全な DAS ネットワークの展開と監視

これまでは、これらの DAS やスモール・セルを構築する場合、顧客サイトでの有能な複数チームによるインストール・プロジェクトで必要となる携帯型、割安な価格、および現地テスト機能を目指して設計された RF スペクトラム・アナライザがありませんでした。結果として、必要な機能が欠けた巨大で高価なテスト装置を共有することに頼るしかなく、構築が遅れ、費用のかかる再テストや作業のやり直しになることもしばしばありました。

AirMagnet スペクトラム ES は、USB ポートが装備されているすべての Microsoft® Windows 7 または Windows 8 ベースのラップトップやタブレット PC で使用できる USB ベースのソリューションです。

AirMagnet スペクトラム ES™ は、DAS、スモール・セルなど、セルラーをオフロード展開するための現場でのテストやトラブルシューティングを合理化するために特別に設計された業界初のスペクトル解析ツールです。携帯型、割安な価格、現場での生産性が強化された AirMagnet スペクトラム ES は、プロジェクト・ライフサイクルのあらゆる段階で認証とトラブルシューティングのニーズに応じてネットワークを直感的に可視化するため、オフロード展開を迅速かつ正確に実施できます。

AirMagnet スペクトラム ES は 698 MHz
~2690 MHz の範囲内の周波数をスキャンし、複数のテクノロジーに対応します。


明瞭なスペクトル・グラフ

FFT

AirMagnet スペクトラム ES の FFT グラフは、周囲環境の RF エネルギーの現在、最大、最大保持、および平均の RF 信号レベルをリアルタイムに表示します。

次世代型可視化拡張機能は次のとおりです。
  • データ/音声イベントの可視化:ネットワークで GSM、CDMA、W-CDMA および LTE イベントが発生した場合、これらのイベントを可視化します。
  • キャリア・ブロック表示:該当する周波数範囲内で動作している Telco キャリアを可視化します。このような迅速なオーバーレイにより、特定の場所でキャリアが使用している周波数を簡単に正確に認識するという、従来のスペクトラム・アナライザの課題が克服されます。
  • 周波数帯ブロック:特定の周波数範囲の周波数帯ブロックの説明を可視化します。このような迅速なオーバーレイにより、特定の場所で使用されているテクノロジーを簡単に正確に認識するという、従来のスペクトラム・アナライザの限界が克服されます。

スペクトル密度

スペクトル密度グラフでは、現在のキャプチャー・セッションに頻繁に生じる信号のライブ情報が表示され、ネットワークにおける長期間の情報を確認することができます。稀なトランスミッターを識別するのに有用です。

スペクトグラム

スペクトログラム・グラフでは RF 環境の履歴をスクロールでき、長期のスペクトルを視覚的に理解して WLAN ネットワークの問題を引き起こす可能性がある RF エネルギーの周期的なスパイクやバーストを確認できます。

=xxx図 1:スペクトル全体で RF エネルギーを可視化します

=xxx図 2:データ/音声イベント・ウィンドウには、特定の周波数範囲で発生しているリアルタイムのデータ/音声イベントが視覚的に表示されます。

=xxx図 3:スペクトル密度グラフでネットワークを長期的に確認

=xxx図 4:スペクトログラムでの RF 環境の履歴のスクロール

=xxx図 5:周波数負荷サイクルには、特定の周波数範囲で干渉信号が発生する頻度が示されます。


周波数負荷サイクル

負荷サイクル・グラフは、特定の周波数範囲でどのくらいの頻度で干渉信号があるかを表示します。負荷サイクルが高いと、干渉が絶えず発生し、該当の周波数範囲において、大部分の問題の原因となっていることを意味します。

スペクトル・トレース・ファイルのキャプチャ、保存、および共有

AirMagnet スペクトラム ES では、RF スペクトル・スキャンをハードメモリとして保存することができるため、後で内容をキャプチャして調査および解析することできます。調査やトラブルシューティングの際に役立つ一方、重要な科学調査情報として非常に役立ちます。このように保存されたトレースは、エスカレーションやトラブルシューティングを共同で行うために組織全体で共有することもできます。

=xxx図 6:エスカレーションおよび科学調査の証拠として保持するために、スペクトル・トレース・ファイルをキャプチャ、保存、共有します。


強化された生産力向上機能

周波数自動スキャンの並べ替えとオプション

AirMagnet スペクトラム ES にはスペクトルを可視化するための以下の複数のオプションがあります。
  • テクノロジー別の並べ替え
  • キャリア別の並べ替え
  • ユーザー設定範囲
  • すべての周波数帯のスキャン

AirMagnet スペクトラム ES は、キャリアの周波数/テクノロジーのルックアップを世界規模で自動的に行います。正確な周波数範囲を場所ごとにルックアップする必要性が少なくなったことで、エラーが発生しやすい手書きによる方法を排除できます。米国用のキャリアの場合、AirMagnet スペクトラム ES は、FCC データベースから位置ベースの周波数/テクノロジー情報を自動的に取得し、世界の 30 か国以上の国々では組み込まれている周波数情報も含めます。国がリストでサポートされていないで場合や、ユーザー設定の周波数が望まれる場合は、全周波数帯用のオプションを使用することができます。

干渉ソースの自動識別および場所の割り出し

認可を受けた周波数帯(携帯電話用の周波数帯など)は、ネットワークのパフォーマンスや動作、および動作中のデバイスに影響を及ぼす可能性のある干渉が非常に少ないというのは、よくある誤解です。このような干渉源は国内外を問わず、多くの状況でネットワークを動作不能な状態にします。ネットワークのパフォーマンスをユーザーに満足させるには、干渉源を適時および正確に検出して見つけることが重要です。この作業を自動的に行うことで、このアクティビティに関連する時間、労力、費用を最小限に抑える効果があります。

=xxx図 7:ユーザー設定に基づいた情報の並べ替え/表示の選択

=xxx図 8:テクノロジー別の情報の並べ替え


AirMagnet スペクトラム ES には、業界で唯一、これらの許可を受けているネットワークのパフォーマンスを低下させる干渉源をリアルタイムで検出して特定する機能が備えられています。RF ジャマー、CW トランスミッターなどの干渉源を自動的に検出して分類できるデフォルトの分類データベースを備えており、干渉源、影響が及ぶ周波数、ピーク/平均のパワーレベル、および干渉源の状況について、詳しい情報がユーザーに提示されます。

通常、ユーザーは、RF 干渉源を検出および識別するためのデフォルトのシグネチャーまたは分類を作成する際、スペクトラム・アナライザのベンダーに依存する必要があります。ユーザーに最適なパフォーマンスを約束することは重要ですが、その一方で、アナライザのベンダーにとって、このような要求に適時に応えることは困難です。このハードルを乗り越え、すべての RF 干渉源への「ゼロデイ」対応を実現するために、AirMagnet スペクトラム ES を使用して、ネットワーク・パフォーマンスに影響を及ぼす可能性があるすべての干渉源についてカスタムシグネチャーを作成できます。

=xxx図 9:すべての干渉源でカスタムシグネチャーを作成します。


AirMagnet スペクトラム ES に内蔵されている「デバイス・ロケータ・ツール」を使うと、RF 環境で作動している干渉源を物理的に特定できます。デバイスロケータツールはガイガーカウンターとして機能し、デバイスに近づくと発信音の音量が大きくなります。

パワー・メーター・ツールを使用したアンテナ・パフォーマンスの検証

DAS ネットワークで実施される最も重要なテストの 1 つがアンテナ・パフォーマンスの検証です。たとえば、アンテナが予想どおりに機能しているかどうかを確認します。方法は 2 つあります。1) アンテナの下で 1 メートルの RF テストを実行して FFT グラフから各アンテナの出力を測定するか、2) パワー・メーター・ツールを使用します。

AirMagnet スペクトラム ES アダプターを物理的に直接アンテナ・システムに接続し、内蔵のパワー・メーター・ツールを使用することにより、アンテナのパワー測定を実行できます。周波数範囲とチャネル帯域幅のオプションを指定したら、アンテナの出力測定値(カレント、MAX 、またはMAXホールド)をすばやく測定します。

=xxx図 10:デバイス・ロケータ・ツールはガイガー・カウンターとして機能し、
干渉源に近づくと発信音の音量が大きくなります。

=xxx図 11:パワー・メーター・ツールを使用したアンテナ・パフォーマンスの検証


非携帯電話テクノロジーのサポート

AirMagnet スペクトラム ES は汎用スペクトラム・アナライザとして機能することもできるため、カスタム周波数プロファイルのオプションを使用して 698 MHz ~ 2690 MHz の範囲から任意の周波数範囲を選択し、特定用途に合わせて RF エネルギーをスキャンできます。

これには 900 MHz 周波数帯のサポートが含まれます。この周波数帯には ISM 周波数帯やその他の連邦政府の周波数帯が含まれ、該当のスペクトルで機能するテクノロジーを展開または使用するユーザーを支援します。該当のスペクトルで利用できるテクノロジー/アプリケーションの中では、コードレス電話、ベビー・モニター、送電網、Z-wave(ホームオートメーション)などが一般的です。

セキュリティ・ツールとしての AirMagnet スペクトラム ES

AirMagnet スペクトラム ES は、特定用途での使用が可能で、ユーザーにとってセキュリティに対する懸念が重要な状況においても利用することができます。組織または連邦政府/防衛機関がセルラー・アクセスについて「飛行禁止区域」を設けたり、不正目的で使用される携帯デバイスを検出する必要がある場合、AirMagnet スペクトラム ES は、そのスペクトル内のモバイル・デバイスから起因するデータ/音声イベントの存在をユーザーに通知し、モバイル・デバイスからのすべてのアップリンク・トラフィックのパワーを可視化できる、鮮やかなスペクトル・グラフを提供します。

Wi-Fi スペクトラム・アナライザとの統合

AirMagnet スペクトラム ES を AirMagnet スペクトラム XT と統合すると、WLAN ネットワークの干渉問題をトラブルシューティングする、業界きってのソリューションになります。この統合を行うことで、屋内の「あらゆる無線に関する」問題を検証してトラブルシューティングできます。

AirMagnet スペクトラム ES ユーザー・インターフェースのボタンをクリックするだけで、業界唯一の USB ベースのプロフェッショナル向けスペクトラム・アナライザである AirMagnet スペクトラム XT アプリケーションを起動でき、詳細な RF 解析をリアルタイムの WLAN 情報と組み合わせることにより、パフォーマンス問題をより迅速かつ正確にトラブルシューティングすることができます。


オーダー情報
部品番号 詳細
A6001 AirMagnet スペクトラム ES には、ソフトウェア、USB アダプター、USB 拡張ケーブル、および外部アンテナが同梱されています。
A1680 室内の携帯電話用ネットワークと 802.11 (Wi-Fi) ネットワークの両方を解析するための AirMagnet スペクトラム XT とバンドルされた AirMagnet スペクトラム ES

技術仕様
仕様 詳細
周波数範囲 698 MHz ~ 2690 MHz
サンプリング周波数 20 MHz
リアルタイムの取得帯域幅 7 MHz (3 dB)
分解能帯域幅 39.0625 kHz
受信感度
  • GSM 200 khZ:-114 dBm
  • CDMA 1.25 MHz:-110 dBm
  • UMTS 5 MHz:-105 dBm
  • LTE 1.4 MHz:-110 dBm
  • LTE 3 MHz:-102 dBm
  • LTE 5 MHz:-101 dBm
  • LTE 10 MHz:-97 dBm
  • LTE 15 MHz:-95 dBm
  • LTE 20 MHz:-93 dBm
画像圧縮 最小:-29 dBc、最大:-40 dBc
最大 RF 入力(圧縮なし) -15 dBm
RSSI 精度 ± 3 dB
表示平均雑音レベル (DANL)
  • 698 ~ 1,2240 MHz:通常 -169 dBm
  • 1,240 ~ 2,690 MHz:通常 -171 dBm
PC インターフェース USB 2.0 規格準拠インターフェース
電気  電源:5V(USB から)、電流:382 mA、消費:1910 mW
本体 134.5mm x 58.1mm x 15.4mm(.3インチ x 2.3インチ x 0.6インチ)、重量:1.5oz
環境
  • 動作温度範囲 0°C ~ +70°C
  • 保管温度範囲 -20°C ~ +85°C
  • 相対湿度 95% (結露なし)

アンテナ仕様
周波数範囲 698 MHz ~ 960 MHz、1575.42 MHz、1710 MHz ~ 2700 MHz
サポートされるテクノロジー GSM/GPRS/EDGE/CDMA/EVDO/UMTS/HSPA+/LTE
ピーク利得 通常 3+ dBi
効率 通常 70%
インピーダンス 50 Ω
放射パターン オムニ
入力電力 10 W
ケーシング UV 耐性、PC/ABS
コネクター SMA オス

アンテナ利得
周波数 (MHz) 700 ~ 800 824 ~ 960 1575.42 1710 ~ 1880 1850 ~ 1990 1710 ~ 2170 2400 ~ 2800
ピーク利得 (dBi)
自由空間直線 1.1 0.3 1.1 1.9 2.7 2.6 2.7
自由空間湾曲 2.6 1.5 2.9 2.7 3.1 3.1 2
30x30cm GP 中央直線 2.1 0.7 2.9 1.5 1.9 2 2.9
30x30cm GP 中央湾曲 3.5 1.7 5.2 5.9 6.7 6.4 4.9
30x30cm GP 先端直線 2.6 1.3 1.7 2.1 2.1 2.3 4.3
30x30cm GP 先端湾曲 2.6 1.8 3.1 2.1 3 2.8 5.1
PCB 先端直線 1.4 1.2 0.9 2.5 3.2 3 1.4
PCB 先端湾曲 2.1 0.1 2.1 2.4 3.6 3.4 3
平均利得
自由空間直線 -1.1 -2.2 -2 -1.5 -1.2 -1.3 -3.5
自由空間湾曲 -1.1 -2.3 -1.5 -1.5 -1.1 -1.2 -3.1
30x30cm GP 中央直線 -0.6 -1.6 -2 -1.8 -1.7 -1.7 -3.8
30x30cm GP 中央湾曲 -3.5 -4.9 -2.8 -2.4 -1.8 -2 -3
30x30cm GP 先端直線 -0.6 -1.5 -1.9 -1.6 -1.4 -1.4 -3.1
30x30cm GP 先端湾曲 -0.6 -1.7 -1.6 -1.5 -1.2 -1.3 -3.1
PCB 先端直線 -1 -2 -2 -1.6 -1.4 -1.4 -3.5
PCB 先端湾曲 -0.8 -2.5 -1.6 -1.5 -1.1 -1.3 -3

PC/タブレットの必要最低限の環境
オペレーティング・システム Microsoft® Windows 7 Enterprise/Professional 32 および 64 ビット Microsoft® Windows 8 Pro/Enterprise 32 および 64 ビット
プロセッサー Intel® Core™ 2 Duo 2.00 GHz 以上
RAM RAM 1GB必須 (推奨 GB=2 GB)
ディスク・スペース 150 MB のフリーディスクスペース
ソフトウェア・フレームワーク Microsoft .NET Framework 4.0
 
 
Powered By OneLink