データ・シート:AirCheck Wi-Fi Tester|enterprise.netscout.com

データ・シート:AirCheck Wi-Fi Tester

Wi-Fi は複雑な技術ですが、そのテストまでもが複雑である必要はありません。AirCheck™ Wi-Fi テスターを利用すると、ネットワーク技術者は 802.11 a/b/g/n/ac* ネットワークをすばやく確認して、トラブルシューティングできます。AirCheck は、特に現場に出向いて行うトラブルシューティングのために設計されており、以下の特長によって無線テストを容易なものにします。

  • ボタン 1 つで実行可能なオートテストで、経験の浅い方でも、迅速に Wi-Fi 環境要件への適合性を統合的に合否判定できます。もちろん
    Wi-Fi 問題の特定も可能です。
  • ネットワークの可用性、接続性、利用率、セキュリティ設定、不正 AP の調査および干渉検出など、必要なテスト結果をスピーディに表示
  • 操作が簡単、かつ頑丈で持ち運びにも最適な無線専用 Wi-Fi テスター

 

AirCheck には、直観的な設計と標準化されたオートテストが採用され、ユーザーは簡単かつ迅速に使用方法を習得できます。速やかな起動と自動化されたテストにより、数秒で詳細な情報を簡単に得られることから、トラブル・チケットの早期解決を実現できるだけでなく、技術者とユーザーの生産性が向上します。AirCheck Manager ソフトウェアを使用して、テスト結果と文書化を簡単に管理できます。AirCheck は、日々の無線 LAN トラブルシューティングから推測に頼る試行錯誤を排除します。

AirCheck
AirCheck

概要
AirCheck には、すべてのWi-Fi 技術に加え、干渉検出、チャネル・スキャン、接続性テストの機能がすべて統合されています。ワンボタンの自動テストで、詳細情報を簡単に得ることができるため、次のような最もよくある Wi-Fi 問題をすばやくトラブルシューティングできます。

  • 無線カバー・エリアの問題
  • ネットワークまたはチャネルの過負荷問題
  • 干渉問題
  • 接続性の問題
  • 問題のあるアクセス・ポイントの特定
  • 不正なアクセス・ポイントの特定
  • セキュリティ設定問題
  • クライアント側での問題

AirCheck 管理ソフトウェアの使用により、レポート作成と文書化を迅速に行なえるだけでなく、単一または複数台の AirCheck テスターのプロファイルのセットアップ、およびネットワークとセキュリティ設定の管理を実行できます。

 

AirCheck

AirCheck の機能

802.11a/b/g/n/ac 対応* – 全機能が搭載された携帯型ツールです。

インスタントオン操作 – 3 秒未満で起動し、ネットワーク、アクセス・ポイント (AP)、およびチャネル利用状況の検出を自動的に開始します。

速やかなレスポンス – ボタン 1 つで実行できるオートテストと直感的なユーザー・インターフェースにより、いかなる技術レベルの方であっても、迅速に無線環境要件への適合性の合否判定と一般的な Wi-Fi 問題の特定を行うことができます。

各ネットワークおよびアクセス・ポイントのセキュリティ設定を識別:Open、WEP、WPA、WPA2、および / または802.1x。

Wi-Fi トラフィックおよび干渉の特定 – 802.11 トラフィックおよび干渉により使用される各チャネルの帯域幅と各チャネルを使用する AP を表示します。

不正 AP と正常に機能していないクライアントの検出 – 未承認の AP やクライアントを通知します。追跡には「場所の特定」機能を使用します。オプションの指向性アンテナを使用して、より迅速に検出することもできます。

 

接続テスト – WEP、WPA、WPA2、および 802.1x を使用して、ネットワークまたは特定の AP に接続します。IP アドレスを取得した後、ルーター、ゲートウェイ、ユーザー定義のアドレスを ping して、ファイアウォールの内外で接続性とネットワークへのアクセス性を検証します。これにより、接続品質を確認します。

実用的な設計 – 約 5 時間のバッテリー駆動時間。片手で操作可能、かつ1m の落下にも耐えられる丈夫な設計。

結果の文書化 – トラブルシューティング・セッションに詳細な結果を保存し、PC にダウンロードできます。

簡単なアップグレード – mini-USB ポートを使用することで、ラップトップと AirCheck Manager ソフトウェアを利用して、現場で数分以内にソフトウェアのアップグレードを行うことができます。さらに、ゴールド・サポートに加入することで、無料でアップグレードを自動的に入手できます。
 

AirCheck の機能

自動テスト
4 つの重要な Wi-Fi テストと無線環境の合否表示を実行し、あらゆるレベルの専門知識において一般的な問題を特定します。

無線品質 - チャネルごとの Wi-Fi および非 Wi-Fi 利用率、ならびに同一チャネルによる干渉の有無をチェックします。

アドホック・ネットワーク - セキュリティ・リスクを招きかねない、アドホック・モードで設定された AP を特定します。

ネットワーク品質 - 受信範囲、干渉、セキュリティ、特定のネットワークへの接続性の検証を行います。

不正なアクセス・ポイント - プロファイルにリスト・アップされていない AP を特定します。

自動テストは、ユーザ設定可能で、複数のプロファイルに基づいており、AirCheck に保存したり、異なる施設または要件に対して選択することができます。テストの結果は、AirCheck Manager にエクスポートできるよう、保存することができます。

ネットワークの一覧表示
セキュリティ問題、不正 AP およびカバレージの問題を発見し、AirCheck が捕捉したすべての無線ネットワークのリストを表示します。各ネットワークについてはこちらをご覧ください:

  • 信号レベル
  • セキュリティ / 暗号化
  • ネットワーク上の AP の数
  • SSID 名
  • ネットワークのタイプ

 

AirCheck

AirCheck
 

アクセス・ポイントの一覧表示
設定および受信範囲に関する問題のほか、不正 AP を発見します。以下の情報を含む、AirCheck または特定の AP に接続したクライアントが把握したすべての物理 AP のリストを表示し、以下の情報が表示されます。

  • チャネル
  • 信号レベル
  • AP 名または MAC アドレス
  • SSID 名(または仮想 AP の SSID 数)
  • セキュリティ / 暗号化
  • ネットワークのタイプ

 

チャネル使用率
Wi-Fi トラフィック(青で表示)または干渉(グレーで表示)のためにチャネルがオーバーロード状態か否かを素早く判定します。チャネルの使用パターンや重複を検証し、チャネルの不正使用にフラグ付けします。

AirCheck を使用すると、干渉の有無も検出できます。干渉を引き起こす可能性がある装置としては、電子レンジ、コードレス電話およびヘッドフォン、BlueTooth® 機器、アナログのビデオ・カメラなどがあります。

テストをさらに深く掘り下げて、選択したチャネルおよびそのチャネルを使用しているアクセス・ポイントの過去 60 秒間における Wi-Fi トラフィックと干渉の水準を確認します。

アクセス・コントロールの設定
AirCheck で認識される AP ごとに承認ステータスを設定することにより、どのアクセス・ポイントが既知で、どのアクセス・ポイントが未知であるかをすばやく判断します。また、AirCheck 管理ソフトウェアでアクセス・コントロールの設定を定義し、プロファイルにダウンロードすることもできます。

AirCheck

AirCheck

AirCheck
 

アクセス・ポイントとクライアントを特定
一定期間の信号強度をグラフ化したり、音による通知(ミュート可能)により、不正な AP およびその他の AP やクライアントを追跡します。

アクセス・ポイントの詳細
AP 設定に関する問題を迅速に識別します。各物理 AP について以下の情報を表示します:

  • 信号、ノイズ、S/N 比
  • SSID および BSSID
  • ACL ステータス、セキュリティ、暗号化
  • 接続済みクライアント

 

接続
3 つのシンプルな手順を使用してネットワーク (SSID) または指定 AP に接続し、ネットワークの利用可能性とアクセスを確認:

  • AP との関連付け
  • DHCP サーバーに IP アドレスを要求
  • PING ゲートウェイ、DHCP サーバーおよびユーザー定義アドレス
  • TCP ポート接続性

 

AirCheck

AirCheck

AirCheck
 

処理手順をディスプレイ上に表示し、トラブルシューティングのためにログに記録します。連続的な ping 応答、損失率、および接続範囲の機能を使用して、接続の性能と品質を迅速にテストします。

クライアントの詳細
不適切に設定されたか、または故障したクライアント・デバイスを容易に発見します。クライアントの詳細情報を素早く掘り下げて、信号レベル、AP の MAC および名前、チャネル、SSID、タイプを確認し、クライアントが探索するチャネルおよび周波数を判別します。

AirCheck Manager ソフトウェア
このソフトウェアは AirCheck に含まれており、次の 2 つの機能を提供します。AirCheck のプロファイルを管理する機能および AirCheck で記録されたセッションを管理する機能です。

プロファイル
プロファイル機能を使用して、AirCheck(またはご使用の AirCheck 全台)の使用を簡単に構成、管理、制御できます。プロファイル機能では、セキュリティ設定、オートテストの範囲、接続性を確認する対象デバイスを指定できます。

異なる設備のために必要となる複数のプロファイルに名前を付けて AirCheck に転送します。また、AirCheck から AirCheck Manager ソフトウェアにプロファイルを転送することもできます。

プロファイルは、AirCheck と AirCheck 管理ソフトウェアの両方でパスワード保護されているため、AirCheck が紛失や盗難にあった場合でも、ネットワークへの不正アクセスを懸念する必要はありません。

セッションの記録
AirCheck が把握した内容を、共有またはアーカイブするために文書化します。概要レポートまたは詳細レポートを作成することにより、トラブル・チケットを素早く解消したり、問題のエスカレーションのための資料を提供したりできます。キー 1 つで、AirCheck の設定、オートテストの結果、AP/クライアントのリスト、チャネル使用率などの収集されたすべての詳細データが記録されます。AirCheck Manager ソフトウェアを使用して、セッションを PC に容易に転送し、表示 / 保存を行います。

AirCheck

AirCheck

AirCheck
 

技術仕様

環境
動作温度と相対湿度 0ºC ~ +45ºC
注記:テスターの内部温度が45℃(113ºF)を超える場合、バッテリーは充電されません。
稼動時相対湿度(%RH 結露なし) 90%(50ºF~95ºF、10ºC ~ 35ºC)
75%(95ºF~113ºF、35ºC ~ 45ºC)
保管温度 -20ºC ~ +60ºC
衝撃および振動 ランダム、2 g、5 Hz-500 Hz(クラス 2) 1 m 落下テスト
安全性 EN 61010-1 2 版
高度 4,000 m;保管:12,000 m
EMC FCC Part 15 クラスA、EN 61326-1
認定および適合 関連する欧州連合指令に適合
関連するオーストラリアの規格に準拠
カナダ規格協会により認定済み
FCC 規則、パート 15.107、15.109 に適合

ワイヤレス
適合仕様 IEEE 802.11a、11b、11g、11n、11ac(802.11n レート以下で)
チャネル周波数の受信 2.4 GHz 帯域*
2412-2484 MHz (チャネル 1 ~14)

5 GHz 帯域*
5170 ~ 5320 MHz、5500 ~ 5700 MHz、5745 ~ 5825 MHz
(チャネル 34、36、38、40、42、44、46、48、52、56、60、100、104、108、112、116、120、124、128、132、136、140、149、153、157、161、165)
*注記:
1. AirCheck では、上記のすべての周波数を各国で受信可能です。
2.これらは、AirCheck がサポートする主な周波数です。
チャネル周波数の送信 2.4 GHz バンド**
  • 802.11b
    2412-2484 MHz (チャネル 1 ~14)
  • 802.11 /n 20 MHz BW (HT20)
    2412-2472 MHz (チャネル 1 ~13)
  • 802.11n 40 MHz BW (HT40)
    2422-2462、MHz、(すべて合法な結合チャネルペアの組み合わせ)
5 GHz バンド**
  • 802.11 a/n 20 MHz BW(HT20)
    5180-5320 MHz、5500-5700 MHz、5745-5825 MHz(チャネル 36、40、44、48、52、56、60、100、104、108、112、116、120、124、128、132、136、140、149、153、157、161、165)
  • 802.11 n 40 MHz BW(HT40)
    5190-5310 MHz、5510-5670 MHz、5755-5795 MHz(すべて合法な結合チャネルのペアの組み合わせ)
*注記:
1. AirCheck は使用する国で許可されている周波数でのみ送信を行います。
2.これらは、AirCheck がサポートする主な周波数です。
規制領域 世界モード、802.11d準拠
外部単一指向性アンテナ 周波数範囲:2.4 GHz ~ 2.5 GHz および 4.9 GHz ~ 5.9 GHz、最小ゲイン:5.0 dBi(2.4 GHz 帯域)および 7.0 dBi(5 GHz 帯域)
コネクター:リバース SMA プラグ
AirCheck はメッシュ/ブリッジ AP をサポートしていません。
一般
寸法 8.9 cm x 19.8 cm x 4.8 cm (3.5 in x 7.8 in x 1.9 in)
重量 0.4 kg(14 オンス)
バッテリー 交換可能充電式リチウムイオン・バッテリー・パック(18.5 W/時)
バッテリー使用時間 代表的な動作寿命は 5.5 時間、代表的な充電時間は 3 時間
外部 AC アダプタ / 充電器 AC 入力 90 ~ 264 Vac 48 ~ 62 Hz 入力電力
DC 出力 15 Vdc (1.2 A)
ディスプレイ 2.8 インチ・カラー LCD(320 x 240 ピクセル)
キーパッド 合成ゴム製 12 キー
LED 2 個(送信およびリンク・インジケーター)
ホスト・インターフェース USB、5 ピン、ミニ B
無線アンテナ 内蔵
外付けアンテナ・ポート 入力専用、リバース SMA コネクター
言語サポート 英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、日本語、中国語(簡体字)、韓国語

AirCheck Manager ソフトウェア
対応オペレーティング・システム Windows Vista、Windows XP、Windows 7、Windows 8.1
プロセッサー 400 MHz Pentium プロセッサーまたは同等品(最小)、
1 GHz Pentium プロセッサーまたは同等(推奨)
RAM 96 MB(最小)、256 MB(推奨)
ハードディスク 最高 500 MB の空き容量が必要
ディスプレイ 1024 x 768 ハイカラー、32 ビット(推奨)
ハードウェア USB ポート
 

オーダー情報

モデル 詳細
AirCheck
AirCheck
AirCheck Wi-Fi Tester に含まれるもの:AirCheck テスター、USB ケーブル、ソフト・ケース、スタート・ガイド、AirCheck Manager ソフトウェアとユーザー・マニュアルを収録した CD
AirCheck - LE 法執行機関のための AirCheck Wi-Fi Tester が含まれています:AirCheck テスター、AirCheck ホルスター、外部指向性アンテナ、自動車用充電器、および法執行官向け AirCheck 入門ガイド(英語版)。
AIRCHECK-5PK* AirCheck 5 パック:5 つの AirCheck テスターおよび 5 つの外部指向性アンテナ(無料)を含む
AIRCHECK-10PK* AirCheck 10 パック:無料の AirCheck テスターを 1 つ含むため、AirCheck テスター 11 個と無料の指向性アンテナ11 個が入手できます。
ACK-LRAT2000 AirCheck™ テスター、LinkRunner™ AT 2000 テスター、AirCheck 外部指向性アンテナ、AirCheck または LinkRunner 用の予備のリチウムイオン・バッテリー、およびデラックス・キャリングケース。
ACK-LRAT-CIQ AirCheck™ テスター、LinkRunner™ AT 2000 テスター、AirCheck 外部指向性アンテナ、AirCheck または LinkRunner 用スペアのリチウムイオン・バッテリー、デラックス・キャリング・ケースおよび CableIQ™ Qualification Tester が含まれます。
GLD-ACK AirCheck ゴールド・サポート・サービス(1 年間)
*上記のバンドルは、米国、カナダ、ヨーロッパ、中東、アフリカにおいてのみ利用可能です。
 
 
Powered By OneLink