ケーススタディ:Tecnatom のエンジニアが NETSCOUT の TruView™ でアプリケーション・パフォーマンスを向上|enterprise.netscout.com

ケーススタディ:Tecnatom のエンジニアが NETSCOUT の TruView™ でアプリケーション・パフォーマンスを向上

 
 
 
製品の特徴:

顧客:

Tecnatom

 

業界:

エンジニアリング

 

場所:

スペイン、マドリッド

 

課題:

スペインのマドリードに本拠を置く Tecnatom は、原子力発電産業に関与する企業にグローバル・エンジニアリング・サービスを提供しています。1957 年に設立された同社は、750 名もの高度な技能を持つ従業員を擁するまでに成長し、海外および多国間にわたる 1,000 を超えるユーザーに、革新的なソリューションをお届けしています。著しい成長と同社のサービスの分散化により、Tecnatom はシステムを監視し、インシデント解決を加速させるソリューションを必要としていました。多様な市場や地域に属するクライアントを持つため、Tecnatom は簡単に展開でき、メンテナンスが少なく済み、技術者のワークフローを合理化できる、直感的に扱えるアプリケーションとネットワークのモニタリング・ソリューションを探していました。

 

結果:

TruView を展開した Tecnatom は、インシデント解決を劇的に改善させることができます。診断時間は、たったの 4 クリック、または 30 秒に短縮されました。この時間の節約により、インシデント解決時間の大幅な改善を目にしたユーザーのみならず、システムの問題を迅速に発見、診断、対応できるようになった技術者にとっても、生産性を向上できました。複雑な問題も迅速かつ確実に解決できる能力を得た IT チームは、信頼、成功、社内での評判を向上させることができました。

 

製品:

NETSCOUT TruView™

「何が起きているのか分からない状態から、何が起きているのか画面ですぐに分かる状態になりました」と、Tecnatom のネットワーク・エンジニアの Javier Cano Moreno 氏は述べます。「カスタマイズ可能な操作パネルのおかげで、ユーザーに適したシステム情報を提供できるようになりました。この点において、問題の迅速な解決だけでなく、問題がなぜ起きているのか、そしてそれを解決するために何が行われているのかを、視覚的に示すことも重要です。」



概要

高度な技術を持つ 750 人を超える社員を擁する Tecnatom は、1957 年の創業以来、原子力発電セクターに携わる企業に、エンジニアリング・サービスを提供しています。ここ 10 年の間に、Tecnatom は国際化、そして航空、鉄道、石油化学などの産業部門への進出を通して、同社のサービスおよび製品のポートフォリオを多様化させてきました。Tecnatom は、30 カ国以上のハイテク産業に製品やサービスを提供しており、クライアントと市場の多様なニーズや要件に適応すべく、絶えず改善を行っています。

Tecnatom には、国内外の拠点に 1,000 人を超えるユーザーがおり、サン・セバスティアン・デ・ロス・レイエス(マドリッド)、オスピタレート デ リンファント(タラゴナ)、コフレンテス(バレンシア)、北京(中国)、ペンシルベニア(米国)、リオデジャネイロ(ブラジル)に最大級の拠点を構えています。これら拠点には、専用回線(MPLS または VPN)で接続されています。データ処理センターは、サン・セバスティアン・デ・ロス・レイエスにあり、同社の本社もここにあります。最近、CISCO のテクノロジーが導入され、Tecnatom は一部のサーバーを仮想化し、他の専用の物理サーバーをデータベースとして機能させています。
 

課題

Tecnatom の IT チームは、同社のシステムをモニタリングする必要がありました。その目的の一つが、インシデント解決の加速化です。同社は、ネットワーク上のサービスやアプリケーションの可用性とパフォーマンスを最大化させながら、インシデントの診断と解決に必要なリソースの最適化を行う必要がありました。Tecnatom には、サーバーとネットワーク機器の可用性を監視する他の管理ツールをすでに持っていましたが、より包括的なシステムの導入を必要としていました。ユーザーが体験する実際のパフォーマンスを示すだけでなく、潜在的なボトルネックを探す能力を兼ね備えたシステムが必要であると、同社は気付きました。また Tecnatom は、ユーザーからの苦情を前もって予測できるように、パフォーマンスの低下に関するアラートを事前に受ける必要がありました。これはインシデントの解決時間を短縮させ、インシデントの性質と解決までの計画について、常にユーザーに情報を提供できるようにします。さらに、Tecnatom は、迅速かつ簡単に導入でき、メンテナンスも最小限で、技術者が直感的に扱える合理化されたワークフローを持つシステムを必要としていました。

パフォーマンスのモニタリング/分析用システムの開発プロジェクトを開始した時、調査を段階的に実施する計画が立てられました。最初のフェーズは、具体的な要件を徹底的に挙げ、同社のニーズを満たす可能性があるソリューションを市場で探すことでした。第二フェーズは、Tecnatom の環境と仕事のやり方に最も適したソリューションを絞り込むことでした。Tecnatom は、ユーザー・インターフェイスの効率性を評価するなど、自社環境内でツールをテストする必要がありました。このモニタリング・システムを用いた日常業務がどのようなものになるか、明確に認識する必要もありました。そこで、NETSCOUT の TruView ソリューションが、コンセプトテストに選ばれました。
 

解決策

最終的に、Tecnatom は、同社のアプリケーションおよびネットワークのモニタリング・ソリューションとして TruView を購入・導入することになりました。TruView により、IT チームは、パケット・ストレージ、アプリケーションの応答時間、トランザクション・デコード、NetFlow、SNMP などの重要データを収集し、重要なアプリケーションのパフォーマンス・メトリクスを一目で把握できるようになります。この情報は、一元化されたコンソールを通して提供され、IT 部門がパフォーマンスを明確に捉えられるようにします。問題が発生すると、すぐにパケットレベルの詳細まで掘り下げ、根本原因を迅速に突き止められます。

Tecnatom は、オールインワンまたはスタンドアロン・モードでシステムを使用しています。このモードでは、ネットワーク・モニタリングの各種機能とアプリケーション応答時間の分析が同じマシンに統合され、1 分あたりに 750,000 件以上のトランザクションを分析することが可能です。これは、Tecnatom の要件を完全に満たすものであり、追加投資なしに拡張できる柔軟性も備えています。製品には、Tecnatom のネットワーク機器に接続される 4 つの解析ポートが搭載され、これらポートを通して実際のユーザー・トラフィックのコピーを受け取ります。これにより、ユーザーが体験するパフォーマンスに加え、主要サーバーを通るトラフィック・フローも分析することが可能です。
 


結果

TruView を展開した Tecnatom は、インシデント解決を劇的に改善させることができます。診断時間は、たったの 4 クリック、または 30 秒に短縮されました。この時間の節約により、インシデント解決時間の大幅な改善を目にしたユーザーのみならず、システムの問題を迅速に発見、診断、対応できるようになった技術者にとっても、生産性を向上できました。複雑な問題も迅速かつ確実に解決できる能力を得た IT チームは、信頼、成功、社内での評判を向上させることができました。

「何が起きているのか分からない状態から、何が起きているのか画面ですぐに分かる状態になりました」と、Tecnatom のネットワーク・エンジニアの Javier Cano Moreno 氏は述べます。「カスタマイズ可能な操作パネルのおかげで、ユーザーに適したシステム情報を提供できるようになりました。この点において、問題の迅速な解決だけでなく、問題がなぜ起きているのか、そしてそれを解決するために何が行われているのかを、視覚的に示すことも重要です。」

インシデント解決以外にも、同システムはインフラストラクチャ内でパフォーマンスに最も影響のある要素を示してくれます。このため、これら要素の改善に優先順位を付け、ユーザーが体験する応答時間を向上させる最善の可能性を提供するより良い投資を立てることができます。

「TruView を購入してから、NETSCOUT が提供するサポート・レベルの高さに感謝しています」と、Tecnatom の通信管理者の Victor Arranz Llorente 氏は言います。「必要な時には、リモートから、また現地でいつでもサポートを受けることができました。また、利用可能なアップデートがあれば、積極的に連絡してくれるし、今後の改善点を評価するために要望を尋ねてくれます。」
 


 
 
 
Powered By OneLink