ケーススタディ:ニピシン大学、フルーク・ネットワークスの AirMagnet エンタープライズを使用して、無線やスマート・デバイスの接続性と学生および職員のネットワーク・セキュリティを保証|enterprise.netscout.com

ケーススタディ:ニピシン大学、フルーク・ネットワークスの AirMagnet エンタープライズを使用して、無線やスマート・デバイスの接続性と学生および職員のネットワーク・セキュリティを保証

At a Glance:

Industry:

Higher Education


Location:

North Bay, Ontario, Canada


Nipissing University Info Graphic

Click to View


Challenge:

Nipissing University's wireless network spans three campus locations and supports more than 4,500 students and more than 300 faculty and staff. It gives end-users Wi-Fi access to critical applications such as email, Internet and online curriculum materials in the classrooms and residence halls. As wireless expectations have grown and the network has been flooded with new smart devices and other wireless technology, the university's IT department has struggled to keep pace. The team constantly faces challenges around unpredictable access point traffic, rogue devices, interference, competing channel usage, the threat of malicious attacks, and even PCI compliance.


Solution:

NETSCOUT'S AirMagnet Enterprise


Result:

Nipissing University selected NETSCOUT'S AirMagnet Enterprise to help manage and optimize wireless network performance and proactively protect against possible security vulnerabilities. The system allows the IT department to monitor performance in real-time to identify possible bottlenecks, ensure smart device connectivity, easily troubleshoot interference issues (including channel usage from other Wi-Fi networks), meet PCI compliance guidelines, quickly track rogue devices, and protect the network against possible attacks or misuse in the future.


Overview

Nipissing University is located in North Bay, Ontario, Canada and serves more than 4,500 students across three primary campuses in North Bay, Muskoka and Brantford. Established in 1967, the university received its independent charter in 1992 and is a primary undergraduate university with a reputation for excellence in teacher education, arts, sciences and other professional programs. Programs are based on personal teaching practices, innovative approaches to learning, and a growing research culture.

"Wireless connectivity is a critical service we offer to all students and staff on campus. But, ensuring the quality of this service can be challenging especially with the increase in smart devices and bandwidth usage. Not only are there performance expectations that need to be met, but we also need to proactively ensure we're meeting certain compliance standards and protecting our users. AirMagnet Enterprise gives us the insight we need and the ability to monitor 24x7 so we can deliver a network that matches the level of excellence offered by our university." - Greg Seamen, manager of infrastructure support, Nipissing University

Challenges

Nipissing University's wireless network supports more than 4,500 students and more than 300 faculty and staff. The network spans three campus locations, has 530 access points (APs), and thousands of networked devices. End-users leverage Wi-Fi to access critical applications such as email, Internet and online study materials. The university is committed to excellence not only in the curriculum it offers, but the facilities and services it delivers to students and staff. Wireless access is considered a critical part of the university experience.

"As our university grows, so do the expectations around wireless access. More and more students are using smart devices and technology on campus both in residence halls and classrooms," said Greg Seamen, manager of infrastructure support at Nipissing University. "This increased usage, and the Bring Your Own Device (BYOD) phenomenon, creates many challenges for the IT department and calls for increased visibility into network performance and security. To meet the needs of students and faculty, it's important that we understand how the network is being used, what interference or access point overload issues we may have, and proactively work to eliminate rogue devices and stop malicious activity."

In addition, the campus is shared with a community college that also has its own Wi-Fi network. This can create channel usage issues, so the university must be able to monitor and see other network access points for channel planning and network health.

"Campus wireless networks are often complex ecosystems of access. Whether in classrooms, residence halls or administrative offices, connectivity and bandwidth is key to preserving university productivity, and even supporting new iPad pilot programs, networked cash machines, general student living and more," said Seamen. "However, ensuring performance and security is not simple, especially when faced with unpredictable access point traffic, strict PCI compliance guidelines, and the constant threat of rogue devices, interference and malicious attacks."

Complicating matters, the university has limited wireless bandwidth, and priority for availability is reserved for legitimate research and education purposes. Therefore, the university needs to have complete visibility into traffic loads, bandwidth and channel usage, spectrum interference and more, so it can meet both educational and lifestyle requirements for wireless.

"The university never sleeps. Students and faculty work – and play – at all hours of the day. In addition, users are constantly bringing the latest and greatest smart devices onto campus, pushing the limits of BYOD. Having insight 24x7 into how the network is performing, what devices are sucking up bandwidth, or if a security vulnerability exists, can mean the difference between network harmony or chaos," said Seamen.

Today's student and faculty population at Nipissing University expect wireless to "just work." But, without a centralized system that provides wireless visibility into performance and security, the IT team is challenged to keep the network healthy and productive.

Solution

To gain visibility into the network and ensure performance and security of the wireless infrastructure, Nipissing University selected AirMagnet Enterprise, a dedicated wireless intrusion detection and prevention system (WIPS/WIDS). It provides dedicated 24x7 security and performance monitoring, and remote troubleshooting and intelligent spectrum analysis capability, so Nipissing University's IT department can centralize the monitoring and management of its wireless networks.

AirMagnet Enterprise proactively protects the university's Wi-Fi networks and users from all types of threats, and ensures maximum network performance and uptime, arming staff with tools to solve problems quickly. It provides full-time automated analysis of all Wi-Fi traffic, channels, devices, their connection state as well as optional spectrum analysis of non-Wi-Fi devices and sources of interference. This full-time view allows IT staff get to the root cause of any problem, instead of just seeing the symptoms, while ensuring full visibility and control over the wireless boundary between their network assets, the community college's network, and the outside world.

Furthermore, AirMagnet Enterprise's AirWISE engine constantly analyzes all wireless devices and traffic using a combination of frame inspection, stateful pattern analysis, statistical modeling, radio frequency (RF) analysis and anomaly detection, enabling detection of hundreds of specific threats, attacks and vulnerabilities such as rogue devices, spoofed devices, DoS attacks, man-in-the-middle attacks, evil twins, as well as the most recent hacking tools and techniques such as MDK3, Karmetasploit and 802.11n DoS attacks.


結果

「無線接続性はキャンパスのすべての学生と職員に提供される重要なサービスです。しかし、スマート・デバイスや帯域幅の使用が増加している中、サービスの質を確保することは至難の業です。パフォーマンスに対する期待に応えるだけでなく、コンプライアンスの基準を遵守してユーザーを保護していることを予防的に保証しなければなりません。AirMagnet エンタープライズは、私たちが必要としてる洞察を与え、24 時間 365 日モニターする能力を備えているので、当校の卓越した教育内容にマッチするネットワークを提供することができます。」と Seamen 氏は語ります。

AirMagnet エンタープライズを導入する以前、IT スタッフは無線ネットワークのパフォーマンスやトラブルシューティングに対して後手に回った対応をやむなくされており、その場しのぎのツールで問題解決に臨むことがしばしばありました。授業中に特定の AP の使用が急増したり、学生寮で夜間にビデオのストリーミングが膨大な量になることがあります。チームは、エンドユーザーに一貫した接続性やスループットを提供するために四苦八苦していました。そのため、ネットワークのパフォーマンスに対する苦情が殺到していましたが、Seamen 氏とスタッフは、ネットワークの戦略的な修正方法やアップグレード方法に対する可視性がないという問題に直面していました。

AirMagnet エンタープライズを使用することで、IT スタッフはスペクトル解析と 802.11 a/b/g/n 解析を統合した完全な可視性を得ることができます。システムは問題を予防的に検出し、エンジニアに局所的修復の助言を与えるだけでなく、問題をトラブルシューティングするために有効なリモート・ツールを用意しています。さらに、自動健全性チェック機能により、Seamen 氏とチームは、ユーザーに影響を与える可能性がある問題を迅速かつ正確に検出し、原因を突き止めることができます。これにより、複雑なワイヤレス問題を解決するための時間やコストが削減されます。

さらに、最新のスマート・デバイスが急激なペースでネットワークに接続されていも、ネットワークは安定したフラックス状態を維持できます。これらのデバイスとそれがどのようにネットワークとやり取りするかを見ることができる機能は、ネットワークのパフォーマンスとセキュリティを管理する上で不可欠です。

「今日、すべての学生と職員がスマート・デバイスを持っていると言っても過言ではありません。実際に、大学では教室で iPad を活用したパイロット・プログラムを実施しています。これらのデバイスによって、ユーザーは多くの帯域幅を消費するリッチなアプリケーションを使用できます。インフラの適切なプランニングと管理なしでは、大学はこうしたプログラムやスマート・デバイスをサポートすることができません。」と Seamen 氏は言います。

AirMagnet エンタープライズによって、Seamen 氏とスタッフはパフォーマンス問題が生じたときに予防的なアラートを受け取ることができます。このアラートでは、リモート・トラブルシューティングが必要か、キャンパスに出向いて問題を解決すべきかを判断する情報が提供されます。また、ネットワーク上のアクティブな AP と不正デバイスを見ることができます。大学は独自の WLAN を使用するコミュニティ・カレッジとキャンパスを共有しているため、チャネル使用率を管理することは過負荷を緩和するための鍵となります。学生がスマート・デバイスをホット・スポットとして使用したり、許可されていない無線デバイス(無線プリンターなど)を使用した場合、これらのデバイスを予防的に識別し、迅速に位置を突き止めることは、ネットワークの機能性を最適に保つために不可欠です。

「接続性や帯域幅消費に関しては、ビデオや音楽よりも研究および教育機関の使用が優先されます。そのため、無線ネットワークがまず教育機関の要件を満たしていることを確認するという課題が常にあります。AirMagnet エンタープライズなら、使用状況を見て、何が帯域幅を専有しているかを簡単に特定できます。これによって、ネットワークを拡大したり、アクセスの優先順位を付け直すために必要となるパフォーマンス情報を得ることができます」と Seamen 氏は語っています。

さらに、ベンターを問わない WIPS/WIDS ソリューションもまた、ニピシン大学にとっては不可欠でした。「当大学のネットワークは、最新の AP 技術を使用していますが、今後もメーカーに関わらずソリューションが新しい AP に対応できることを確認しなければなりません。これによって、究極的な柔軟性が得られるだけでなく、将来のアップグレードや無線ネットワークへの追加を行うときに時間と費用を節約できます」と Seamen 氏は言います。

最後に、同大学には複数のネットワーク化された現金支払機が設置されています。AirMagnet エンタープライズの統合 PCI 準拠レポートによって対応が必要とされる問題を即時に可視化できるため、スタッフはレポートを自動化して、監査の場合に備えてコンプライアンス・レポートのライブラリーを設定することができます。

「AirMagnet エンタープライズは、当大学にとって不可欠なシステムになっています。このシステムのおかげで、パフォーマンスを管理し、スマート・デバイスやセキュリティに関連する新しい課題に対応することが可能になっています。無線ネットワークに関して、もう推測することはありません。今ではワイヤレスの計画、トラブルシューティング、および確保を予防的に行うことができます。接続性は、私たちが自信を持って学生や職員に提供できる信頼性の高い価値あるサービスとなっています」とシーメン氏は語っています。

 
 
Powered By OneLink