ケーススタディ:IT Provider for the City of Brussels Uses NETSCOUT TruView to Monitor Network and Application Performance Across the City|enterprise.netscout.com

ケーススタディ:IT Provider for the City of Brussels Uses NETSCOUT TruView to Monitor Network and Application Performance Across the City

製品の特徴:

業界:

地方自治体向けの IT サービス・プロバイダー


場所:

ベルギー、ブリュッセル


課題:

GIAL は、ブリュッセルの IT サービスを提供し管理するためにブリュッセル市によって設立されました。GIAL はこの地域全体の他の地方自治体、行政機関、病院などにも IT ソリューションを提供しています。高いレベルのネットワークおよびアプリケーションのパフォーマンスを維持し、問題が発生したときにすばやく予防的に対応する能力が成功の鍵となりますが、残念なことに、GIAL の通信チームは、ネットワークの通信フローおよびアプリケーションのパフォーマンスを的確に把握できていませんでした。問題が発生したときは受け身的にトラブルシューティングを行い、根本原因の特定に苦慮していました。また、アプリケーションがネットワークに与える影響を把握できず、新しいアプリケーションの投入を効果的にテストしたり、容量計画を正確に実施したりできませんでした。


解決策:

NETSCOUT TruView™


結果:

To overcome these challenges, GIAL worked closely with the Belgacom Group to select NETSCOUT TruView.この製品には、チームがパフォーマンスを完全に把握できる包括的なアプリケーション対応のネットワーク・パフォーマンス・モニタリング・ソリューションが備えられており、エンドユーザーに影響が及ぶ前に、ネットワークおよびアプリケーションの問題をすばやく検出し解決できます。さらに、TruView は最も包括的なデータ・キャプチャー機能を備え、SNMP を超えて NetFlow をキャプチャーし、チームがシステムのアップグレードの計画と新しいアプリケーションの展開前のテストを適切に行えるように、すべての情報を 1 つのダッシュボード・ビューに自動的に関連付けます。


概要

GIAL はブリュッセル市によって 1993 年に設立されました。政府機関だけでなく、図書館や学校などの地域やコミュニティ施設にも重要な IT サービスを提供しています。

TruView is an indispensible solution and essential for our network and operations team.Visual TruView によりトラフィックを完全に把握でき、このトラフィックがネットワークまたはアプリケーションに与える可能性のある影響を知ることができます。すべてのデータを自動的に関連付けて、その情報を使いやすく、対応が簡単で、共有しやすい形式に変換することで、貴重な時間を節約できます。ネットワークのモニタリングでも、トラブルシューティングでも、新しいテクノロジーの展開でも、TruView によって成功に必要な洞察を得ることができます。

– Kris Vanbiervliet 氏、GIAL の通信およびセキュリティ担当チーム・リーダー

課題

GIAL はブリュッセル市の IT サービスの展開および管理を担当し、290 台を超えるサーバー(190 台の仮想サーバー)、5,800 台のデスクトップ、350 個の LAN スイッチ、150 個の無線アクセス・ポイントを 230 か所以上の場所でサポートしています。また、GIAL は、金融、人事、公共サービスなどの主要なアプリケーションをサポートしています。

このようなサービスを確実かつ適切に行うために、通信チームはネットワークおよびアプリケーションの管理とモニタリング、問題のトラブルシューティング、新しいアプリケーションとテクノロジーの展開を担当しています。しかし、ネットワークとアプリケーションを把握できないことが原因で、チームでは目標の効率的で効果的な達成に苦慮することがよくあります。

「パフォーマンスを確保する上での最大の障害の 1 つは可視性です。ユーザーからはネットワークの問題が 1 か月に 2 ~ 3 回、アプリケーションの問題が 1 週間に 2 ~ 3 回報告されますが、ネットワークやネットワーク上のデータの移動状況を的確に把握できないため、我々のチームでは、根本原因を見つけて問題を修正するのに苦労していました。」と、GIAL の通信およびセキュリティ担当チーム・リーダーの Kris Vanbiervliet 氏は述べています。「干し草の山の中で針を探すようなものです。」

さらに悪いことに、このチームはあいまいなトラブル・チケット要求に対応することがよくあり、問題を特定するときに役立つ履歴データを参照できませんでした。問題がネットワークのものか、サーバーのものか、アプリケーションのものかを特定することは、時間がかかるだけでなくフラストレーションを引き起こすようなプロセスであり、面倒な方法やツールを使用しなければなりません。

「チケットは、『ネットワークが遅い』、『30 分前に自分の HR アプリケーションにアクセスできなかった』といった問題に関するものです。ネットワークとアプリケーション・パフォーマンスのリアルタイム表示や履歴情報がないと、エンド・ユーザーの情報から問題をすばやく解決するのは非常に難しくなります。文字通り、あらゆることを考慮してスタートしなければなりません。」と、Vanbiervliet 氏は述べています。

また、GIAL は顧客のニーズの変化に対応するために、常にサービス内容を増やしたり変更したりしています。これには、接続の追加と新しいアプリケーションの展開も含まれています。しかし、ネットワークの利用状況やアプリケーションがネットワークに与える影響を完全に理解できないため、チームは新しいリンクの必要性を検証したり、新しいアプリケーションの展開時にさいころを転がしてみたりするようなことに長い時間を費やすことがよくあります。

「帯域幅や新しいアプリケーションを追加する必要があるのには、さまざまな理由があります。顧客の要望が強まっていることや、ビデオなどの新しいテクノロジーが増加していることもあるし、新しい要件に対応する新しいアプリケーションを展開するためであることもあります。」と、Vanbiervliet 氏は述べています。「とにかく、ネットワークの今の状況を把握できなければ、変更の推奨や計画を正確に行うことはできません。」

解決策

After working closely with Belgacom Group, the region’s largest telecom and communications integrator, the company selected NETSCOUT TruView, a breakthrough advancement that sets a new bar for how IT organizations quickly and effectively monitor and troubleshoot network and application performance problems.このカスタム・ビルド・アプライアンスは、Stream-to-Disk パケット保存、アプリケーション・レスポンス・タイム、トランザクションのデコード、IPFIX (NetFlow)、SNMP などの主要なデータ・セットを活用して 1 つのレポーティング・インターフェースに解析を表示します。結果を時間と相関させて、GIAL のクロスファンクショナルな IT チームに対し、コラボレーション性を向上させて問題をさらに迅速に解決できるようにする新たな能力を授けます。パフォーマンス問題の原因となっているアプリケーション、サーバー、インターフェース/デバイス、トランザクション、またはパケットを数回のクリック操作で特定できます。

「Opnet や SecurActive などの別のソリューションを考えていましたが、これらのソリューションには、ネットワークおよびアプリケーションのパフォーマンスを総合的に把握するために必要な重要データの量をキャプチャーするものはありませんでした。また、Visual TruView はそのデータをキャプチャーするだけでなく、それらを次々と相関させる必要がないため、我々のチームは問題の解決と新しいサービスやアプリケーションの展開に協力することができます。現在では、ネットワークの状況やパフォーマンスへの影響を把握できるようになりました。我々の組織にとって、それは千金の値打ちがあります。」と、Vanbiervliet 氏は述べています。


結果

Since deploying TruView with help from Belgacom, the telecom and security team at GIAL has been able to proactively respond to incoming trouble tickets and quickly evaluate and resolve problems.

「今では、ネットワーク上の通信フロー全体を常に把握できるようになりました。このため、ネットワーク、サーバー、またはアプリケーション・レイヤーに対して問題をすぐに特定して、トラブルシューティング・プロセスを開始できます。多くの問題の場合、クリックするだけで、修正する点を明らかにできる詳細なパケット情報を把握できます。」と、Vanbiervliet 氏は述べています。

例えば、最近、GIAL はある図書館施設と人口統計部門からトラブル・チケットを受信しました。どちらも、主要なアプリケーションを使用したときにネットワークが低速になるという苦情でした。チームでは TruView を使用して各アプリケーションをすばやく確認し、どちらの問題もネットワークの問題ではないことを突き止めました。最初の苦情は職員がサイズの大きなビデオ・ファイルをダウンロードしたことが原因であり、2 つ目はアプリケーション自体の問題でした。

「この両方のケースで、以前なら問題の根本原因を特定するのに何時間もかかりましたが、TruView を使用すれば数分間で原因を特定でき、その情報を適切なチームに提供して最終的に解決できました。」と、Vanbiervliet 氏は述べています。「これが TruView のすばらしい点です。TruView はすべての情報と必要なデータを収集するため、すぐにトラブルシューティングを行い、対応できます。」

また、このチームでは、容量計画や新しいアプリケーションの展開時にも TruView を使用しています。帯域幅と接続性に関する顧客の要求はますます高まっており、GIAL のチームは常にネットワークのアップグレードを行っています。新しいアプリケーションが開発または展開されたときは、このチームが、その影響を把握し計画立案を担当します。

「新しいリンクとその他のハードウェアを追加するには、我々が首脳部に対して検証しなければならない高額な費用がかかります。TruView の導入以前は、これは面倒なプロセスでした。しかし今では、可視性とシステムのレポート機能により、使用状況を監視し、迅速かつ効果的にアップグレードの必要性を論証できるようになりました。」と、Vanbiervliet 氏は述べています。「数字は嘘をつきません。また、レポートを入手することで、容量計画プロセスを合理化できます。」

GIAL の顧客も常にカスタムのアプリケーションを開発したり、新しいアプリケーションを展開したりしています。「大きな問題は、このアプリケーションはネットワーク上でどのように動作し、ネットワークにどのような影響を与えるか、ということです。TruView を導入する前は試行錯誤だったので、多くの損害につながっていました。TruView を導入した今では、完全に展開する前にテストを行い、ユーザーに影響を与える前に必要に応じて変更することができています。」

“The reality is, TruView is an indispensible solution and essential for our network and operations team.Visual TruView によりトラフィックを完全に把握でき、このトラフィックがネットワークまたはアプリケーションに与える可能性のある影響を知ることができます。すべてのデータを自動的に関連付けて、その情報を使いやすく、対応が簡単で、共有しやすい形式に変換することで、貴重な時間を節約できます。ネットワークのモニタリングでも、トラブルシューティングでも、新しいテクノロジーの展開でも、TruView によって成功に必要な洞察を得ることができます。」と Vanbiervliet 氏は結論付けています。

For a deeper look into how this solution can help you solve problems, check out the eKnowledge page at enterprise.netscout.com/eknowledge

 
 
Powered By OneLink