ケーススタディ:カロルトンのケース・スタディ|フルーク・ネットワークス

カロルトンのケース・スタディ

フルーク・ネットワークスの OptiView® XG により、カロルトン市立学校が、ネットワークおよびアプリケーション問題の修正方法を認識および把握

課題:
カロルトン市立学校には、それぞれの場所で定期的なネットワークやアプリケーション問題がありましたが、問題を正確に把握して修正するための適切なツールがありませんでした。モニタリング・ソフトウェアは IT チームにトラブルは警告しますが、特定の問題を識別したり、またはソリューションを推奨したりはしませんでした。その結果、IT チームでは、アプリケーション問題の追跡および解決に数週間または数ヶ月かけていたこともありました。さらに厄介なことに、この学区は BYOD 環境の整備中であり、問題を指摘できないことで、管理者やスタッフが新しい機能に対応できなくなる恐れがありました。

結果:
学区の IT 部門は、フルーク・ネットワークスの OptiView XG を選択し、ネットワークおよびアプリケーションのパフォーマンス課題を迅速に特定して解決するために必要な深い洞察と解析を提供しました。専用のネットワーク解析タブレットは、特定の問題に関する完全なシステム概要と詳細な情報の両方を提供するだけでなく、パフォーマンスを改善するために必要な変更点とソリューションも推奨します。実際に、この IT グループでは、他のモニタリング・ツールを排除しています。OptiView XG を使用すると、それらのツール以上の作業を行うことができるからです。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink