Cadence Bank のケース・スタディ|フルーク・ネットワークス

Cadence Bank のケース・スタディ

Visual Performance Manager は、地方銀行業務と金融サービスを行う企業に、アプリケーションと接続のパフォーマンスの完全な可視性を提供しています

課題:
Cadence Bank は、アラバマ州、フロリダ州、ジョージア州、ミシシッピ州、テネシー州、テキサス州にまたがる 100 を超える地域で地方銀行業務および金融サービスを行っています。金融サービス業界の多くの企業と同様、Cadence は、買収によって成長を続けており、ネットワークの統合を進める上えで独自の課題に取り組んでいます。これらのネットワークに対する適切な可視性が欠けていると、IT チームはネットワーク・リソースを効果的に統合、最適化そして管理することが困難になります。また、企業がネットワークおよび重要な金融サービスのアプリケーションに大きく依存している場合、パフォーマンスの問題を迅速に識別および修正できることが、ビジネスの成功の鍵となります。残念ながら、重要なパフォーマンス・データを見ることができなければ、チームはネットワークやアプリケーションの使用状況を正確に評価または管理できません。

結果:
以前は別々の企業に存在したネットワークを 1 つのネットワークに統合するには、従来のホスト型アプリケーション、サードパーティのクラウド・ベースのサービスおよびユーザーといった要素すべてが、ネットワークとどのようにやり取りしているかについて深く理解する必要があります。Cadence は、ネットワークとアプリケーション・パフォーマンスのモニタリング機能を提供するフルーク・ネットワークスの Visual Performance Manager (VPM) 選びました。VPM を使用することにより、Cadence はアプリケーションとサービスの中でオーバーラップしている領域を迅速に特定できるだけでなく、不明または予定外のアプリケーション・アクティビティの結果として発生したパフォーマンス・ボトルネックの根本原因を突き止めることができます。Cadence は、VPM を活用すると、支店のネットワークの中で使用されていないブロードバンド回線や冗長なブロードバンド回線を特定することが可能になるため、VPM への投資を 6 ~ 8 ヶ月で回収でき、問題を効果的に管理し、重要なアプリケーションに関する問題を特定できるようになると予測しています。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink