BioReference のケーススタディ|フルーク・ネットワークス

BioReference のケーススタディ

TruView と OptiView XG により、BioReference が責任のなすり合いを克服し、35,000 もの医学的試料を保護

課題:
BioReference Laboratories, Inc. は、特殊検査、分子診断、解剖病理、女性の健康、矯正医療などを専門とした臨床試験や検査サービスを診療所に提供しています。同社は、35,000 以上に上る医用検体を毎晩処理しており、これを効率的に行うにあたって、実験科学で使用される各種ハードウェアやソフトウェア・アプリケーションをサポートする高パフォーマンスのネットワークを頼りにしています。たった 5 秒のネットワーク遅延でさえも、重要な医療検査の処理に大きな影響を与えます。さらに、ネットワークの問題や故障は、試験の有効性に重大な懸念を生じさせ、限られた医学的試料を無駄にし、診断時間も長引かせます。そのため、ネットワークまたはアプリケーションの問題が存在するか、またそれがどこで生じているかの迅速な特定は、BioReference の業務効率と試験精度を確保するために欠かせません。

結果:
BioReference は、NETSCOUT の TruView を導入したところ、ネットワークやアプリケーションのパフォーマンス問題の特定に要する時間を大幅に短縮することができました。ネットワークにリアルタイムな可視性をもたらす Visual TruView により、スタッフは迅速にトラブル・チケットに対応し、長引く問題を解決できるようになりました。責任のなすり合いがなくなり、問題解決に向けてチームが結集し、問題を迅速に切り分けられるようになりました。さらに、OptiView XG ネットワーク解析タブレットも導入したことで、IT チームのネットワーク管理能力が、無線やリモートアクセス・ネットワークにも及ぶようになり、会社が期待する以上の ROI を達成し、本当にエンドツーエンドのネットワークとアプリケーションのパフォーマンス・モニタリングを実現しました。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink