技術概要:自動 n 層トランザクション解析|enterprise.netscout.com

技術概要:自動 n 層トランザクション解析

課題

パケットの作成または受け渡しを行う際の特定の可視性を提供するソリューションは、インフラ全体で見てみると随所に無数にあるように思えます。エンジニアとして「パス」の話をすることがありますが、n 層アプリケーション・アーキテクチャ内のネットワークを行き交う、パフォーマンスが不十分なトランザクションの複数のホップをつなぎ合わせ、本当の問題がどこにあるかを示すソリューションは本当に存在するのでしょうか?

機能 - なぜ TruView なのか?
  • トランザクション解析を伴うアプリケーション・パフォーマンス解析。パフォーマンスが悪いアプリケーション、アプリケーションの依存関係やパフォーマンスがすぐに分かります
  • ベースラインと比べ、パフォーマンスが悪いアプリケーション層を特定できます
  • データを調べ、複数のアプリケーション・フロントエンドに影響を及ぼしている可能性があるアプリケーション層にすばやく移動します
利点
  • 相互に依存するアプリケーション環境を理解し文書化する時間を短縮します
  • 網羅したビューと n 層ビューを取得します
  • アプリケーション層のパフォーマンスを特定します
  • 問題領域の即時特定
  • 自動 n 層トランザクション関連付け

マウスを数回クリックするだけで、正確な時点におけるエンド・ユーザーのレスポンス時間、利用状況の詳細、アプリケーションによるリクエストとレスポンスを確認できます。この情報は、詳細な調査のためにアプリケーション・サポート・チームに提供されます。

自動 N 層

複数のアプリケーション・ホップを行き交うトランザクションのパフォーマンスを自動的に相互に関連付けることによって、解決までの平均時間を短縮します

利点
その違いをご覧ください

n 層アプリケーション・パフォーマンスのトラブルシューティングの鍵は、レスポンスを待つすべてのアップストリーム・トランザクションへの遅延を引き起こすトランザクション層をすばやく特定することです。さらに、アプリケーション・レスポンス時間の可視化により、この遅延がアプリケーション、デコード情報、またはインフラストラクチャの性質のいずれによるものかを簡単に調べることができます。トランザクションのデコードとトラフィックの詳細解析を行うアプリケーションのレスポンス時間を監視するソリューションが存在するので、複数の IT エンド・ユーザーに対応するために設計されたワークフローを持つ UI をその都度用意する必要はありません。ほとんどの IT スタッフは個々に専門分野に特化しているので、3 つすべてを認識するソリューションを持つことで連携が可能になり、責任追求で時間がかかる可能性が減り、エンド・ユーザーに迷惑をかけないようになります。

要約

TruView™ が自動 n 層トランザクション解析を通して n 層アプリケーションの問題の MTTR の短縮にどのように役立っているかをご覧ください。当社の使いやすいインターフェイスと、アプリケーションの自動検出機能により、ソリューションの管理とトレーニングを非常に簡単に行うことができるので、組織はすぐに ROI を実感できます。

 
 
Powered By OneLink