ケーススタディ:百貨店のケース・スタディ|フルーク・ネットワークス

百貨店のケース・スタディ

大手百貨店チェーンが AirMagnet エンタープライズを使用して「ありふれた風景の中に潜む」Wi-Fi の脅威を発見

課題:
この大手百貨店チェーンでは、クレジット・カードの処理や物流センターでの在庫の管理などのビジネス上重要な作業に対する無線の使用について無防備でした。リーダーは、ネットワーク上に追加された未使用の 180 のチャネルを可視化できないことが判明するまで、自分たちの無線侵入検出と保護システム (WIDS/WIPS) が米国で使用可能な 34 の Wi-Fi チャネルで共有されているデータを保護すると確信していました。すなわち、悪意の有無に関係なく、承認されていないデバイスが、追加のチャネルでは見つからなかったり検出されない可能性があり、組織およびその顧客にとって重大なセキュリティ上のリスクをもたらす恐れがありました。

結果:
この百貨店では、全 214 の Wi-Fi チャネルのすべてのアクティビティとデバイスを同時にモニタリングする独自の機能を持つ、NETSCOUT の AirMagnet エンタープライズを導入することにしました。これによって、組織で頻繁に使用されていないチャネル(34 の許容チャネル以外のチャネル)であっても、不正なアクティビティをモニタリングすることができ、IT チームは、脅威をもたらす可能性のあるデバイスの即座の排除または再割り当てを行うことができます。また、会社では、パフォーマンスの問題を予防的にトラブルシューティングし、POS の無線トランザクションを確実に実行し、顧客やブランドの公正さを保護するための PCI コンプライアンス・ガイドラインを遵守し、AirMagnet エンタープライズのリモート・トラブルシューティング機能を使用した修理にかかる平均時間を減少できます。

こちらから全文をご覧になれます。

 
 
Powered By OneLink