802.11ac への移行に関する FAQ

質問

ガイダンス

AirMagnet ソリューション

 802.11ac に移行すべきですか?それとも、802.11n は十分な受信範囲とパフォーマンスを提供しますか?

802.11ac の重要な利点は、ユーザー容量の増加です。Wi-Fi デバイスの普及により、特に 802.11a/b/g ネットワークを使用していれば、容量の拡張が必要になります。拡張のコストを考えると、たとえ 802.11n が現在必要な速度と容量を提供していたとしても、今後 2 年間を見れば、802.11ac への移行は道理にかなうものになります。802.11n ネットワークをお持ちであれば、802.11n AP を 802.11ac AP と交換することで、ユーザー容量を増加させることができます。また、新しい 802.11ac AP は最新の電子技術を備えているため、802.11a/n クライアントに対してもパフォーマンスの向上をもたらす可能性があります。

AirMagnet サーベイ PRO は、現行ネットワークのパフォーマンス(信号強度、測定された物理層(PHY)のデータ・レート、iPerf スループットなど)を正確に計算し、現在または将来の WLAN デザイン/アプリケーションの要件を満たすかどうかを教えてくれます。

802.11ac に移行しなければならない場合、完全に置き換えるべきですか、それとも徐々に移行すべきですか?

次の点を考慮してください。

  • ユーザーの即時の期待とニーズ(特にユーザー容量に関する)。ユーザーの多くは、3 台の WLAN デバイスを使用しています。802.11ac は、ユーザー容量を向上します。
  • 802.11a/b/g/n/ac のクライアント密度。802.11ac クライアントが少なければ、移行が理にかないます。
  • 802.11a/n クライアントが存在するローミング・ゾーンに、段階的に 802.11ac を展開する場合、802.11ac クライアントは 80MHz チャンネルから 20MHz チャンネルにローミングし、著しいパフォーマンスの低下を経験する可能性があります。

802.11n からアップグレードする場合は、1 エリアまたは 1 フロアずつアップグレードする方が良いかもしれません。802.11a/b/g からアップグレードする場合は、建物全体を一度にアップグレードする方が良いかもしれません。新しいエリアに 802.11ac をグリーンフィールド展開???

AirMagnet Wi-Fi アナライザー PRO は、クライアントの種類、ネットワークの使用率、スループット・パフォーマンスの面で現在の 802.11a/b/g/n WLAN 環境の特性を示し、完全なアップグレードまたは段階的な移行が必要かを教えてくれます。移行時には、 AirMagnet サーベイ PRO はすべてのクライアントのパフォーマンスを確保するために、802.11ac ネットワークを最適化するのに役立ちます。

802.11ac の場合、802.11n と比べてより多くの AP 数が必要ですか?

802.11ac では、AP ラジオあたりより多くのユーザーがサポートされるため、1:1 の交換で容量を拡張できます。ただし、多くの環境で WLAN デバイスの数が飛躍的に増加しています。密度の高い WLAN 環境では、より小さなセル、そして時には、デュアル・チャンネルの 5GHz ネットワークが必要になります。クライアント密度、テクノロジーの種類、必要なビット・レートなどのクライアント・ベースの要件に従って、計画・展開しなければなりません。しかし、多くの場合、AP 数の増加は妥当です。

AirMagnet サーベイ PRO は、ユーザー容量の要件を満たしているかどうかを判断するのに、シングル・クリックの評価を提供します。また、チャンネル幅、チャンネルのオーバーラップ、MCS などの重要なパフォーマンス要素を詳細に視覚化し、最大のパフォーマンスを実現するためのチャンネルの割り当て調整や AP の配置を案内します。

 

チャンネル選択に関する FAQ

質問

ガイダンス

AirMagnet ソリューション

802.11ac AP にどのチャンネル設定を使用すべきですか?

チャンネル割り当ては、802.11ac の展開において最も重要な側面の一つです。最も簡単な方法は、AP にチャンネルを自動的に割り当てさせることですが、チャンネル割り当て計画を作成し、その計画に従って AP にチャンネルを割り当てることで最大のパフォーマンスを実現できます。ネットワーク・パフォーマンスを最大化するには、プライマリ・チャンネルのオーバーラップを最小化しながら、より幅広いチャンネルを使用できるようにする計画でなければなりません。

展開前に AirMagnet サーベイを使用することで、チャンネルの利用可能性に影響を与える干渉源を特定できます。展開後に AirMagnet サーベイ を使用することで、チャンネル割り当てを検証し、同一チャンネルの干渉と AP カバレッジの問題が存在するかどうかを明らかにできます。また、より幅広いチャンネル上において、プライマリ・チャンネルとセカンダリ・チャンネルがオーバーラップする場所も示してくれます。

より幅広いチャンネル幅の 802.11ac に移行するにあたって、802.11n のチャンネル設定を変更する必要がありますか?

802.11ac は、802.11n と 802.11a と後方互換性があり、5GHz 帯で 802.11a/n/ac の混合モード環境をサポートしています。そのため、802.11ac AP は 80MHz チャンネル上で 802.11ac クライアントに、20/40MHz チャンネル上で 802.11n クライアントに、そして 20MHz チャンネル上で 802.11a クライアントにそれぞれ送信できます。ただし、20/40MHz チャンネルにフェイルバックすると、802.11ac クライアントのパフォーマンスに影響を与えるため、クライアント・ベース内でパフォーマンスのバランスを取れるようにチャンネルの割り当てを行うことが重要です。

AirMagnet サーベイ PRO は、チャンネル割り当て計画を検証し、異なるチャンネル幅がサポートされる場所、またチャンネルがオーバーラップする場所を視覚化して、計画の最適化を助けます。また、スループット調査を通して、ユーザー・パフォーマンスの要件を満たしているかどうかも検証できます。

動的周波数選択 (DFS) チャンネルを使用すべきですか?

クライアント・ベースが DFS チャンネルをサポートするかどうかをまず最初に考慮しなければなりません。サポートする場合、DFS チャンネルを確実に維持できる環境ですか?例えば、空港の近くであれば、問題が生じる可能性があります。これを判断する最善の方法は、スペクトラム解析です。

AirMagnet は、統合されたスペクトラム解析を提供する唯一のサーベイ・ソリューションです。サイト・サーベイを実施する間、各チャンネルの RF 信号を検出・測定し、DFS チャンネルが利用可能か占有されているかどうかが分かります。

802.11ac は 5GHz 帯のみを使用する規格であるため、2.4GHz 帯では何のサービスを提供すべきですか?また、これら 2 つの帯域でどのようにネットワークを分離できますか?

どちらの帯域も、WLAN ネットワークの容量を最大化させるのに使用できる貴重なスペクトルを提供します。5 GHz 帯では、ビデオなどの高ビットレート/高 QoS サービスを提供し、2.4GHz 帯では、ウェブ・ブラウジングなどのベスト・エフォート型のサービスを提供する方法があります。あるいは、レガシーな 802.11b/g クライント用に 2.4GHz 帯、802.11n/ac クライアント用に 5GHz 帯をそれぞれ使用する考え方もあります。ほとんどの AP は、両帯域を同時にサポートできます。

AirMagnet サーベイ PRO は、1 回のサーベイで両帯域の重要なデータをすべて収集します。その結果により、それぞれの帯域の受信範囲とパフォーマンスが設計要件を満たすかどうかを判断できます。

AirMagnet WiFi アナライザー PRO は、各帯域の現行の 802.11a/b/g/n ネットワークがどのくらい使用されているかを示し、それぞれの帯域にクライアントとサービスを割り当てる最善の方法を決定するのに役立ちます。

 

パフォーマンスに関する FAQ

  質問

ガイダンス

AirMagnet ソリューション

802.11ac は受信範囲を向上させますか(ビームフォーミングあり、およびビームフォーミングなしの場合)?

802.11ac は、従来のテクノロジーと比較して、より高いビットレートと容量で、受信範囲を向上させることができます。ビームフォーミングなしの場合、信号レベルと信号対雑音比(SNR)は同じですが、より幅広いチャンネルとより高いレート変調・符号化方式(MCS)によりパフォーマンスが向上します。オプションではあるものの、802.11ac で標準化されているビームフォーミングは、今後もっと普及し、受信範囲とパフォーマンスを向上させるものと期待されます。これに対し、現在より重要なニーズは容量です。高いユーザー密度に対応できるように、より小さなのセルの AP を増やすことで、十分な RF 受信範囲を確保できるでしょう。

AirMagnet サーベイ PRO は、802.11ac およびレガシー AP の受信範囲が十分か、または不十分であるかを教えてくれます。また、シングル・クリックでユーザー密度要件の評価を迅速に行い、ネットワークが受信範囲および容量の要件を満たしているかが分かります。

802.11n と比べ、802.11ac ではどのようなパフォーマンスの改善が見られますか?

パフォーマンス向上の程度は、いくつかの要因によって異なります。これには、サポートされるレガシーな 802.11a/n クライアントの数、送信使用率、AP までの距離、利用可能な MCS などが挙げられます。一般的に、同じストリーム数(MIMO)の 80MHz チャンネルを使用し、干渉がなければ、802.11n より 2~3 倍のパフォーマンス向上を期待できます。これは、802.11a/n クライアントの送受信の影響を受けます。将来的には、160MHz チャンネル、マルチユーザー MIMO、そして 3 本を超える空間ストリーム数でより高いパフォーマンスの向上が見られることでしょう。

AirMagnet サーベイ PRO は、iperf サーベイを通して、802.11ac と 802.11a/n の両環境の実ユーザー・スループット・マップを提供します。これによりユーザーは、パフォーマンスが向上されたエリアをすばやく特定できます。

802.11ac を新しく展開することで、ネットワークの干渉が増えますか?

802.11ac のより幅広いチャンネルを使用することで、同一チャンネルの干渉が増える可能性が高まります。802.11ac には、オーバーラップするセカンダリ・チャンネルを持つ近接 AP が 80MHz から 40MHz または 20MHz にフォールバックし、干渉を回避しながら同時に送信を可能にするメカニズムがあります。これを機能させるには、802.11ac ネットワークの計画において、チャンネル割り当てが極めて重要な要素となります。

AirMagnet サーベイ PRO は、プライマリ・チャンネルとセカンダリ・チャンネルが干渉し、パフォーマンスの影響を受ける場所を示してくれます。この情報を使用して、チャンネル割り当てや AP の設置場所を調整し、すべてのクライアントのパフォーマンスを向上させ、ユーザーからの苦情を最小化できます。

802.11ac は、ネットワーク内の信号強度を強めますか?

802.11ac AP の最大出力は変わりません。ただし、同じ信号強度だとしても、802.11ac のより高いレートにより、パフォーマンスが向上します。より高いレートを利用するには、SNR が 30~35 dB であることが望ましいです。同じ送信出力でこの SNR を提供し、802.11ac の利点を実現するには、より小さいセルが必要になります。

AirMagnet サーベイ PRO は、フロア・マップ上に信号強度を示すだけでなく、結果として起こる MCS と PHY レートのカバレッジも示してくれます。これと、干渉を把握することで、設計を検証できます。次に、サーベイ PRO は、ユーザー・スループット調査で展開の最終的な検証を提供します。

802.11ac ネットワークのスループットをどのように増加させられますか?

スループットを向上させる方法はいくつかありますが、それぞれに代償があります。最も直接的な方法は、80MHz チャンネルを使用することですが、802.11a および 802.11n クライアントをサポートすることで、その効果が薄れる可能性があります。802.11n ネットワークのオーバレイとして、802.11ac クライアントだけをサポートする 80MHz チャンネルの AP 用の別のネットワークを設ける方法がありますが、オーバーラップしないチャンネルが十分に確保する必要があります。空間ストリーム数が多いと、ほぼ線形的な向上(2x2: 1x1 の約 2 倍)が見られますが、これはクライアントの利用可能性によって制限されます。802.11ac ではより高い MCS(256 QAM)を利用できますが、SNR が高いと利用できる距離は短くなります。これには、ビームフォーミング(AP とクライントで利用できる場合)が役立ち、SNR を向上させます。将来的には、160MHz チャンネルおよび空間ストリーム数の増加により、さらなる向上が実現されるでしょう。

AirMagnet サーベイ PRO は、AP に関連付けられるアップリンクとダウンリンクの両方で、ユーザーのスループットを測定・検証し、接続の実品質をテストします。また、レートが目標値と一致しない原因を判断するために、MCS、PHY レート、チャンネル幅などの要因も示します。

既存のクライアントで AP から期待されるスループットが得られないのはなぜですか?

これには、いくつかの原因が考えられます。同じチャンネル上にレガシーの 802.11a または 802.11n クライアントが存在すると、遅い送受信により電波が占有され、スループットを低下させる場合があります。AP からの距離が遠くなると、SNR が低くなり、MCS でフォールバックを生じさせ、結果的に伝送速度を低下させます。同様に、チャネル上のノイズや干渉も SNR を低めます。クライアントが 1x1 または 2x2 MIMO しかサポートしておらず、3x3 AP が対応する速度を制限している可能性があります。2x2 および 3x3 クライアントでも、物理環境によっては、すべての空間ストリームを完全に受信していなければ、MIMO が 100%効果的ではない可能性があります。DFS チャンネルが結合チャンネルに使われている場合、これらチャンネル上の Wi-Fi 以外の送受信により、AP をより低い別の帯域チャンネルに強制的にフォールバックさせることになります。

AirMagnet サーベイ PRO は、AP に関連付けられるアップリンクとダウンリンクの両方で、ユーザーのスループットを測定・検証し、接続の実品質をテストします。また、レートが目標値と一致しない原因を判断するために、MCS、PHY レート、チャンネル幅などの要因も示します。

新しい AP やクライアントを環境内に展開するにあたって、どのようなスループットの変化を期待できますか?

802.11n AP とともに 802.11ac AP が段階的に展開され、かつ 802.11ac クライアントと 802.11a/n クライアントが混在する場合、802.11ac クライアントのスループットは徐々に向上し、すべての AP とクライアントが 802.11ac に移行されると、最大の改善が見られます。80MHz チャンネルを使用するすべての、またはほとんどの 802.11ac 環境では、同じ空間ストリーム数を使用する 802.11n と比較して、一般的に 2~3 倍の改善を期待できます。また、802.11a および 802.11n の速度で新しい 802.11ac AP に接続する場合も、新しい 802.11ac AP で使用される最新のチップセットやハードウェアにより、802.11a および 802.11n のクライアントにも多少の改善が見られる場合があります。

AirMagnet サーベイ PRO は、AP に関連付けられるアップリンクとダウンリンクの両方で、ユーザーのスループットを測定・検証し、接続の実品質をテストします。また、レートが目標値と一致しない原因を判断するために、MCS、PHY レート、チャンネル幅などの要因も示します。

 

 
 
Powered By OneLink