802.11ac 標準 - 802.11ac Wi-Fi テクノロジー規格|フルーク・ネットワークス

802.11ac Wi-Fi テクノロジー規格

802.11ac Wi-Fi テクノロジー規格は、高密度環境、BYOD の急増、動画ストリーミングなどの高帯域幅の使用など、Wi-FI ネットワークに大きな負荷がかかる問題に対して、ギガビット速度でもって対処します。これは、最初に 802.11n で導入された MIMO、ビーム形成、チャネル・ボンディング、その他多くの技術に基づき 802.11ac Wi-Fi 規格を構築することにより達成されました。

802.11ac University ビデオ・シリーズ

802.11ac の概要

新しく採用された 802.11ac 規格は、最大データレートを 600Mbps から 1300Mbps、最終的には 6.93Gbps に引き上げ、ギガビット性能を実現する初の Wi-Fi 規格です。

個人ユーザーにとっての明らかなメリットと言えば、より高速なデータ転送ですが、ネットワーク・マネージャーにとっての最大のメリットは、許容できないパフォーマンスの低下なしに、膨大の数のデバイスを取り扱える能力です。Wi-Fi ネットワークにアクセスするユーザー数がますます増えているに加え、より多くのデバイス(携帯、タブレット、その他の「スマート」デバイス)でアクセスしているという事実から、アクセスポイントを新しい Wi-Fi テクノロジー規格にアップグレードすることは、お手頃な価格の救済策と言えます。新しい Wi-Fi 規格の総合的なメリットにより、ビデオや音声などのリアルタイムなモバイル・アプリケーションで今日求められる大容量・高品質の要求に応えられる Wi-Fi ソリューションを可能にします。

802.11ac Wi-Fi テクノロジー規格は、複数の方法でその理論速度の高速化を実現します。

  • チャネル・ボンディングの拡張:伝送帯域が 802.11n の最大 40MHz から現在の 80、さらには 160MHz へと拡大。
  • 高密度な変調:802.11n で使用される変調方式 64QAM から 256 に増加。
  • サポートされる空間ストリーム数が、802.11n の 4 ストリームから 8 ストリームに増加。
  • 802.11n に初めて導入されたビームフォーミング機能の簡素化

新しい MIMO テクノロジーのマルチユーザー MIMO(MU-MIMO)により、AP が同じ周波数で複数のユーザーに複数のフレームを同時に送信できます。これはつまり、新しい Wi-Fi 規格では、AP がハブではなく、イーサネット・スイッチのように初めて機能し、より多くのユーザーをサポートできることを意味します。

新しい Wi-Fi 規格は、混雑の少ない 5GHz 帯のみを利用するため、デュアルバンド対応のクライアントや AP は 2.4GHz 帯を利用する 802.11n にもアクセスできます。802.11ac Wi-Fi の設計は、既存の Wi-Fi 規格との互換性を重視しており、802.11a/n 装置と共存できます。ネットワークを入念に設計・展開すれば、従来のデバイスをサポートしながらも、新しい Wi-Fi 規格を導入することで得られるメリットを最大化できます。

あらゆる新技術の導入と同様、Wi-Fi 規格のネットワークの設計、展開、および保守を担当するユーザーは、さまざまな課題に直面します。これには、次のような課題があります。

  1. 新しいギアを確立済みの無線 LAN に導入し、802.11ac Wi-Fi 技術により理論上実現可能なことに対抗する実際のパフォーマンスを検証する方法
  2. コストのかかる再作業やエスカレーション、ダウンタイムを生じさせることなく 1 回で Wi-Fi の問題をトラブルシューティングする。

 

802.11ac Wi-Fi テクノロジーの設計と展開

既存の 802.11n や従来の技術(802.11a/b/g Wi-Fi AP など)を新しい 802.11ac AP と一対一で簡単に取り換えられるという誘惑に打ち勝つことが重要です。AP の一対一の取り換えは、新技術を展開するうえで最も安くて速い方法であり、展開にかけられた過去の労力は「実環境でのプランニング」を行わなくても、将来のさまざまな技術で利用できるとユーザーは信じ込んでいます。この間違った考えは、ネットワークの設計における品質の低さや価格の高さにつながるだけでなく、ほとんどの場合、後でコストのかかる再作業につながります。別の AP への取り換えによって問題を増やす考えは、コストの増加、時間の無駄、ネットワークの効率の低下をもたらします。

ユーザーに必要なのは、闇雲に AP を展開したり、後で問題が発生したときに AP を増やしたりするのではなく、移行戦略を定義することです。これには、新しい Wi-Fi 技術の展開をビジネス要件や予算の見積りと一致させ、AP の場所と設定を把握することで、AP 展開の前に受信範囲とパフォーマンスを最大化することが含まれます。802.11n の場合と同じように、移行の計画と共に、ネットワークの環境条件とネットワーク条件をすべて考慮しながら、実環境でのサーベイを実施して、最も正確なネットワークを展開することも重要です。

チャネル・シミュレーター

素早く、簡単に
Wi-Fi周波数帯域を可視化

無線ネットワークの展開に伴う問題に加えて、他にも検討しなければならない点がいくつかあります。

スループットの測定こそが、パフォーマンスを把握する唯一の指標
新しい Wi-Fi 規格は、MIMO、ビームフォーミング、チャネル幅の拡大、空間ストリームの増加など、802.11n で導入されたテクノロジーに基づいています。これらの機能により、信号の強度は、WLAN のパフォーマンスを知る本当の手がかりにはなりません。

現行の 802.11a/n 無線環境がもたらす 802.11ac パフォーマンスへの悪影響
上記のとおり、新しい Wi-Fi 規格は 802.11n と 802.11a と後方互換性があり、5GHz 帯で 802.11a/n/ac の混合モード環境をサポートしています。そのため、802.11ac クライアントは、802.11a/n クライアントより遅い伝送速度によって悪影響を受けます。

802.11ac Wi-Fi ネットワークのパフォーマンス最大化に欠かせないチャネル割り当て計画の作成
新しい Wi-Fi テクノロジー規格では、より高速なスループットを可能にする 80MHz と 160 MHz のワイドチャネルを利用しています。チャネル帯域幅を広くすることは、同一チャネルの干渉が増える可能性が高まり、パフォーマンスに悪影響をもたらします。

 

802.11ac Wi-Fi のトラブルシューティング、メンテナンス、および最適化

業界のよくある誤解は、ユーザーはすぐに利用可能なトラブルシューティング・ツール/手法を使用してネットワークの問題を解決できるという考えです。この誤解は、すべてのトラブルシューティング・ツールには同じ機能が備わっている、あるいは WLAN AP インフラに付属のトラブルシューティング機能または監視機能によってすべてのトラブルシューティングを実行できるという「神話」により生まれます。

役に立たないツールや手法を頼りにしても、トラブルシューティングに時間がかかるばかりか、ほとんどの場合、少しも問題を解決できません。この問題は、ユーザーのスマートフォンやタブレットにダウンロードされる無料のスマート・デバイス・アプリで最もよく発生します。非効率的または不完全なトラブルシューティング手法によって、ユーザーは繰り返しアクセスを強いられます。この代償は、ネットワークのユーザー満足度の低下だけにとどまらず、ミッション・クリティカルな WLAN アプリケーションのパフォーマンスへの影響や、セキュリティの脅威および攻撃に対するネットワークの脆弱性にも及びます。システム・インテグレーターの場合は、プロジェクトのマージンが低下するだけでなく、将来的なビジネスの機会を獲得するための信頼にも影響します。

他には、サードパーティのツールがなくても、AP によってあらゆる問題の監視と解決が可能であるというユーザーの間違った考えも存在します。インフラ AP をオフラインにして、限られた機能(サードパーティのツールのような全体を監視してトラブルシューティングを行う機能がないなど)で一時(時折、1 回だけ電波をスキャンするなど)または常時の分析を行っても、実際の問題を解決したり、「AP インフラ投資」の価値を得たりすることはなく、単なる気休めや確認作業にしかなりません。徹底した問題解決を図るには、問題の場所に移動し(固定された場所で AP を一方向からしか見るのではなく)、AP をオフラインにせずに、802.11ac の全トラフィックをキャプチャーおよび解析する必要があります。

動画:

802.11ac University ビデオ・シリーズ
この一連のコースは、新しい 802.11ac 規格についての情報を提供することを目的としています。
802.11ac の展開
802.11ac の迅速の展開を成功させるための AirMagnet サーベイの使い方をお見せします。

よくある質問 (FAQ):

802.11ac への移行 FAQ
802.11ac が受信範囲に与える影響は?どのようなパフォーマンスの向上を期待できるか?802.11ac によって干渉は増えるのか?
これらの質問にフルーク・ネットワークスの専門家がお答えします。

ホワイトペーパー

IEEE 802.11ac 移行ガイド
IEEE 802.11ac(単に「11ac」とも呼ばれる)が大流行しています。誰もがかっこいい新しいテクノロジーを試したがり、Wi-Fi は皆の関心リストの上位に位置しています。2012 年の第 4 四半期にベンダーが初のエンタープライズ・クラスの第 1 世代「Wave-1」アクセスポイント(AP)を販売して以来、11ac AP は猛スピードで飛ぶように売れています。11ac の派手な売り込みは、競争が激しい市場のせいで度を越しており、聞くところによると、11ac AP は小さなビルもひとっ飛びできるそうです。
802.11ac とネットワーク技術者
80211ac の導入をいつの間にかサポートすることになります。このハイパフォーマンス・テクノロジーを学ぶ絶好の機会です。802.11ac 技術の基礎のほか、セキュリティ、接続、ローミング、スループットなどの重要な問題をトラブルシューティングする方法を学べます。

使用の主な目的とは?

まず目的を選択してください -

 
 
 
 
Powered By OneLink