データ・シート:4xT1/E1 インライン・プローブ ASE 部品番号 3510999|enterprise.netscout.com

データ・シート:4xT1/E1 インライン・プローブ ASE 部品番号 3510999

LinkSafe 機能付き
主な機能 
  • TruView™ および Visual Performance Manager™ をサポート
  • IP トランスポート・ソフトウェアと OmniPoint ソフトウェアでの MLPPP をサポート
  • MSP 認定の Fail to Wire 機能を備えたインライン配置機能
  • CPE ルーターの障害時におけるラストマイル・キープアライブにより、100% の可用性と障害の切り分けが実現
  • IPV4 または IPV6 の管理とモニタリングをサポートするように設定可能 インバンドおよび LAN 管理機能
  • イベント転送を行う主体的なリアルタイム SNMP イベント
  • バースト解析を行う継続的な 1 秒間モニタリング
  • 7 自動検出および分析によるレイヤー 1
  • サーバーおよびアプリケーションのレスポンス・タイムのベースラインとアラーム
  • MoS スコアによる 150 並列 VoIP コール
  • CoS 当たり 300 のサイト間 SLA メトリクス
  • 不正アプリケーション検出
  • オンデマンド・リモート・パケット・キャプチャー(必要に応じて)
  • 最大 4 個のモニタリング・ポート
  • FRF に基づいたマルチリンク・フレーム・リレーをサポート(6 フィート)

4xT1/E1 インライン・プローブ ASE は、1 ヶ所で 2 個~ 4 個の T1 または E1 回路の成端を行うことにより、企業向けの TruView および Visual Performance Manager システムのデータ解析機能を強化します。この ASE によって、すべてのトラフィックのフル・ワイヤー・スピード・パススルーを維持しながら、最大 6.176 Mbps(T スタンダード)または 8.192 Mbps(E スタンダード)の詳細なネットワーク・トラフィック解析および管理を実現します。ASE は、マルチリンク・ポイント・ツー・ポイント・プロトコル (MLPPP) T1 リンクを介して IP トランスポート・ソフトウェアと OmniPoint ソフトウェアをサポートします。

4xT1/E1 ASE には、電源停止時に回線の整合性を保護する、LinkSafe™ テクノロジーが採用されています。電源障害が発生した場合は、通知アラームも送信されます。

1 つのデバイスで多数の回路を成端するロケーション向けに設計された 4xT1/E1 は、通常、サービス・プロバイダーのエッジ・デバイスと顧客の成端装置との間のインライン・プローブとして配置されます。以下の図は、4xT1/E1 ASE のマルチリンク展開を示しています。

インライン・プローブ・モデルの前面

V.35 インライン・プローブ ASE の正面図

インライン・プローブ・モデルの背面

V.35 インライン・プローブ ASE の背面図

4xT1/E1 インライン・プローブ

ネットワーク上の V.35 インライン・プローブ ASE の位置


4xT1/E1 インライン・プローブ ASE の仕様 SKU 01965 部品番号 3510999
一般 寸法 20.7 cm(8.16 インチ)x 43.18 cm(17.0 インチ)x 4.1 cm(1.62 インチ )
重量 3.18 kg
データレート T1:1.536 Mbps、E1:1.984 Mbps
タイミング・モード 外部から(T1 または E1 ネットワーク、ユーザー・インターフェースから)または内部から(ASE から)派生
環境 作動温度 0° ~ +40°C(+32° ~ +104° F)
保管温度 20° ~ +40°C(+4° ~ +° F)
間隔要件 側面に最低 7.62 cm(3インチ)のスペース
作動および保管湿度 10% ~ 80%、結露しないこと
電源要件 入力 100 ~ 240 VAC
周波数 50/60 Hz
入力定格電流 0.5 アンペア
T1 ネットワーク・インターフェース
(ポート 1-4)
ライン・レート 1.544 Mbps ±50 bps 同期
ライン・フォーマット B8ZS ライン・コーディング
フレーム ESF フレーム・フォーマット
入力信号 0 dB ~ -36 dB
出力信号 0、-7.5 dB、-15 dB、-22.5 dB LBO
パルス密度 AT&T 62411
コネクター 100 オーム 8 ピン・モジュラー・ジャック - USOC:RJ48C
タイミング ネットワークまたはユーザー
チャネル選択 1 ~ 24 チャネル
E1 ネットワーク・インターフェース
(ポート 1-4)
ライン・レート 2.048 Mbps ±102.4 bps 同期
ライン・フォーマット HDB3 ライン・コーディング
フレーム CRC4 または FAS フレーム・フォーマット
タイム・スロット 16 CAS、CCS、またはデータ
入力信号 0 dB ~ -43 dB
出力信号 0dB
コネクター 120 オーム RJ-48C 平衡および 75 オーム BNC 不平衡同軸
チャネル選択 1 ~ 31(チャネル 16 を含む)または 1 ~ 15、17 ~ 31(チャネル 16 を含まない)
シリアル・ポート・インターフェース ボー・レート 19200 または 9600 bps
パリティ 8 データ・ビット、パリティなし
ストップ・ビット 1 ストップ・ビット
電気的規格 EIA RS-232、DTE
コネクター RJ-45
イーサネット 10/100 BaseT インターフェース ビット・レート 10 または 100 Mbps
コネクター 8 ピン・モジュラー・ジャック:RJ-48

ASE とは

ASE (Analysis Service Elements) は、TruView および Visual Performance Manager システムの一部としてワイド・エリア・ネットワーク (WAN) またはローカル・エリア・ネットワーク (LAN) に配置された、データ収集およびネットワーク・パフォーマンス・モニタリング用のハードウェア・デバイスです。ASE では、アプリケーション・インフラのパフォーマンスについて詳細な可視性、リアルタイムな可視性、過去の可視性が提供されます。ASE によって収集されたデータは、VPM サーバーに保存され、Web ポータル・インターフェースで表示および解析されます。

サービス・レベル管理ツールとして、ASE はサービスが満たされているときはそのことを示し、サービスが低下し始めると警告を表示し、サービスが満たされていないときはアラートを送信します。

TruView および Visual Performance Manager とは?

TruView および Visual Performance Manager は、大企業、通信業者、管理サービス・プロバイダーのサポート、パフォーマンス管理コストの削減、収益の増加、既存資産の利用率の最適化を行うために拡張できる柔軟なソリューションです。これは、ネットワーク全体でアプリケーション、VoIP ネットワーク、およびサーバーのパフォーマンスを管理するために、IT 組織がコスト・センターではなく、競争上の優位性を高めるソースになり、統合の集中ポイントにアクション可能な可視性を提供することによって実現されます。

ハードウェア・サポート

TruView および Visual Performance Manager への投資を最大限に活用していただくため、改良版 ASE ハードウェア保証サービス・プログラムをご用意しました。保証の詳細については、www.netscout.com をご覧ください。

ソフトウェア・メンテナンス

各ハードウェア ASE は、TruView または Visual Performance Manager によってリモート管理されています。メンテナンスは、ご購入のソフトウェア・モジュールによって異なります。メンテナンスの詳細については、下記の電話番号からインサイド・セールス担当にお問い合わせください。

プロフェッショナル・サービス

プロフェッショナル・サービスは、ASE ハードウェアや TruView および Visual Performance Manager ソリューションのインストール、メンテナンス、およびカスタマイズを行う際にご利用いただけます。オンサイトでのハードウェアの交換サービスは、技術者の有無を問わず、世界中でご利用いただけます。プロフェッショナル・サービスの詳細については、www.netscout.com/professionalservices をご覧ください。

オーダー情報

詳細については、www.netscout.com をご覧ください。

 
 
Powered By OneLink