WAN

CenturyLink Performance Manager は、Analysis Service Element (ASE) デバイスを通じて、ネットワーク、アプリケーション、VoIP の問題をリアルタイムでトリアージできる多面的かつ経済的なソリューションであるリモート・サイト・モニタリングを提供します。このソリューションは、数千台のリモート・ハードウェアまたは仮想リモート・モニタリング・デバイスをサポートします。1 つのサーバーで数百人のお客様をサポートできるマルチテナント型です。シートベースのライセンシングは必要ありません。

ASE アプライアンスは、レイヤー 1 からレイヤー 7 まで常にリアルタイムでネットワークをモニタリングしながら、サイトツーサイトのサービス・レベル・アグリーメント(SLA)に加え、必要に応じて、オンデマンドで詳細なパケット・キャプチャーを提供します。ASE は、リモート拠点の問題が地域交換事業者(LEC)、リモート LEC、サービス・プロバイダー、帯域幅のバースト、上位トーカー、アプリケーション、誤分類されたサービス・クラス(CoS)、VoIP、またはアプリケーションにあるのか明確に切り分けられます。

MPLS IP-VPN ユーザー向け CenturyLink Performance Manager Remote

ハイライト

CenturyLink Remote Manager Remote の特長

  • サイト間のネットワークとアプリケーションのパフォーマンスをモニタリングします
  • サービス・クラス(CoS)別にトラフィックを分類します
  • ネットワーク上で実行されるアプリケーションとその使用程度を詳細にに表示し、サイト間で問題がないかモニタリングします
  • 詳細な VoIP パフォーマンス解析

サイト・ステータス

  • 回線やポートの変更も含め、ネットワークの全体的なスナップショットを表示します
  • ネットワークとアプリケーションのパフォーマンスをほぼリアルタイムに表示します

トラフィック解析

  • スニッファー機能を備えた強力なプロトコル・アナライザーを提供します
  • ライブ・トラフィックをキャプチャーするために、デバイスをオンサイトに持ち運ぶ必要はありません
  • 解析したいデータ・パケットを選べます
  • レイヤー 7 IP プロトコル・レベルまでドリルダウンできます

レポート

  • 最長 1 年分の履歴データを使用し、各種異なるビューでオンデマンドでパフォーマンス・レポートを生成します
  • プライベート IP 環境内のサービス・クラス(CoS)設定に対してデリバリーを測定します

デバイス

  • デバイスの CPU とメモリの使用率

詳細な VoIP パフォーマンス解析

  • ライブなネットワーク全体ビューで、物理的なアクセス・タイプ、ポート、回線を表示します
  • ネットワークの状態とアプリケーションをリアルタイムに表示します
  • 最大 10 アプリケーションのスループットとトップ 5 ユーザーまたはホスト
  • プロアクティブなネットワーク・アラームでリアルタイムなトラブルシューティングを提供します
  • すべての VoIP コール、IP-PBX、電話の自動検出機能を提供します
  • すべてのコールに対してパフォーマンス解析を行います