ユニファイド・コミュニケーション

音声およびビデオのエンドツーエンド・サービスのパフォーマンスに対するリアルタイムの可視性で、UC パフォーマンス管理を簡略化しましょう。

ユニファイド・コミュニケーション(UC)とは、すべてコラボレーションと業務の生産性を向上させるためのものです。VoIP、ビデオ会議、テレプレゼンス、デスクトップ・ビデオなどの UC サービスの導入を成功させるには、ユーザーが効果的かつ一貫性を持ってやりとりできる十分なサービスの品質が必要になります。

UC サービスの品質を保証することは、簡単なことではありません。UC サービスは複雑で、ユーザーと組織の高い期待に応えるために、いつもオンの利用可能性を提供できる厳しいパフォーマンス・レベルを必要とします。しかし、ユーザー体験が良くないために、UC の展開を社内で促進できていないのが現実です。パフォーマンスの低いユニファイド・コミュニケーション(UC)の展開は、管理コストや不満なユーザーを増やすため、貯蓄と生産性を損なうことになります。

CenturyLink Performance Manager は、UC のパフォーマンス管理を簡略化します。音声やビデオのセッションのエンドツーエンド・サービスのパフォーマンスに対するリアルタイムな可視性を提供し、事前的および事後的なサービス管理タスクで強力な解析とトラブルシューティングを可能にします。

  • 音声およびビデオ UC サービスに一貫性のある安定したサービス・レベルを提供し、ユーザー体験を守れます。
  • サービス管理を事後的から事前的に変化させ、ユーザーに影響がある前にサービス・パフォーマンスの問題を予測して防止できます。
  • ネットワークと UC サービス・アプリケーションの両方において、UC サービスのパフォーマンス問題を素早くトリアージし、根本原因を特定できます。
  • 複雑なマルチロケーション、マルチベンダーの UC 環境を簡素化し、新しい UC アプリケーションのロールアウトを最適化・加速化させます。

CenturyLink Performance Manager は、UC サービスの品質の保証と安定したユーザー体験を提供するために、UC サービスの管理と提供を最適化させる統一的な戦略の実施を可能にします。IT 組織は、ビジネス・データと UC サービスを並行して管理する全体的なアプローチを活用して、幅広いリアルタイムな UC サービスにおいて、安定した高いパフォーマンス・レベルを保証できます。