CenturyLink Performance Manager

CenturyLink Performance Manager は、リアルタイム・モニタリング、トラブルシューティング、VoIP などのアプリケーション解析用の統合プラットフォームを通じて、ネットワークとアプリケーションに対するエンドツーエンドの可視性を提供し、ワイド・エリア・ネットワークとその上で実行されるアプリケーションのパフォーマンスについて、より情報に基づいた決断を行えるようにする強力なツール・スイートです。


担当者に相談

概要
担当者に相談

CenturyLink Performance Manager が貴社のビジネスをどのようにサポートできるかをご覧ください

相関付けられたアプリケーションとネットワークのパフォーマンス解析を使用して、貴社 IT インフラに対するより優れた管理能力を得られます。

CenturyLink Performance Manager を使えば、貴社ネットワークをコントロールするために必要なリアルタイムおよび履歴的な洞察を獲得し、投資した IT を最大限に有効活用できます。中央のセキュリティが安全な Web インターフェイスを通じて、ネットワーク最適化に関する情報に基づいたより良い決断を下せるようになります。

利点

会社で毎日使われるネットワークとアプリケーションに対するコントロールと可視性を強化できます

ワイド・エリア・ネットワークのパフォーマンスを最適化できます

全拠点の WAN 投資を有効活用できます

ネットワーク・デバイスの健全性の包括的な情報を収集できます

ネットワークを最適化し、運用費を削減できます

最大 1 年のネットワーク・アクティビティを視覚的に表示できます

将来の容量拡張やアップグレードに備えられます

エンド・ツー・エンドの可視性を獲得できます

ネットワーク、アプリケーション、および VoIP のパフォーマンスをモニタリングできます

サービス・レベルの評価指標のライブ解析を追跡できます

サービス・クラス(CoS)別のレポートを作成できます

異常なトラフィックや使用パターンに目を光らせることができます

セキュリティの脅威やネットワーク停止に迅速に対応できます

ユニファイド・コミュニケーション

音声およびビデオのエンドツーエンド・サービスのパフォーマンスに対するリアルタイムの可視性で、UC パフォーマンス管理を簡略化しましょう。

ユニファイド・コミュニケーション(UC)とは、すべてコラボレーションと業務の生産性を向上させるためのものです。VoIP、ビデオ会議、テレプレゼンス、デスクトップ・ビデオなどの UC サービスの導入を成功させるには、ユーザーが効果的かつ一貫性を持ってやりとりできる十分なサービスの品質が必要になります。

UC サービスの品質を保証することは、簡単なことではありません。UC サービスは複雑で、ユーザーと組織の高い期待に応えるために、いつもオンの利用可能性を提供できる厳しいパフォーマンス・レベルを必要とします。しかし、ユーザー体験が良くないために、UC の展開を社内で促進できていないのが現実です。パフォーマンスの低いユニファイド・コミュニケーション(UC)の展開は、管理コストや不満なユーザーを増やすため、貯蓄と生産性を損なうことになります。

CenturyLink Performance Manager は、UC のパフォーマンス管理を簡略化します。音声やビデオのセッションのエンドツーエンド・サービスのパフォーマンスに対するリアルタイムな可視性を提供し、事前的および事後的なサービス管理タスクで強力な解析とトラブルシューティングを可能にします。

  • 音声およびビデオ UC サービスに一貫性のある安定したサービス・レベルを提供し、ユーザー体験を守れます。
  • サービス管理を事後的から事前的に変化させ、ユーザーに影響がある前にサービス・パフォーマンスの問題を予測して防止できます。
  • ネットワークと UC サービス・アプリケーションの両方において、UC サービスのパフォーマンス問題を素早くトリアージし、根本原因を特定できます。
  • 複雑なマルチロケーション、マルチベンダーの UC 環境を簡素化し、新しい UC アプリケーションのロールアウトを最適化・加速化させます。

CenturyLink Performance Manager は、UC サービスの品質の保証と安定したユーザー体験を提供するために、UC サービスの管理と提供を最適化させる統一的な戦略の実施を可能にします。IT 組織は、ビジネス・データと UC サービスを並行して管理する全体的なアプローチを活用して、幅広いリアルタイムな UC サービスにおいて、安定した高いパフォーマンス・レベルを保証できます。

データ・センター

CenturyLink Performance Manager は、あらゆる場所のネットワークおよびアプリケーションのパフォーマンスを可視化します。アプリケーションのトラブルシューティングを行う際、そのアプリケーションがデータ・センター内にホストされているのか、またはハイブリッドの SaaS、PaaS、IaaS にホストされているのか、あるいは複数のサービスによってホストされているのかにかかわらず、CenturyLink Performance Manager を使用すれば、問題がアプリケーション、サーバー、クライアントまたはネットワーク関連であっても、問題の切り分けが可能です。

CenturyLink Performance Manager は、パケット、トランザクション、NetFlow/IPFIX、SNMP などの最も重要なデータ・ソースを埋め込み、時間相関のある単一のダッシュボード画面に解析結果を表示します。これらの相関性をもつ画面により、ネットワーク・インフラでどれくらい良好にアプリケーションが転送されているか、そして、これらのアプリケーションがエンド・ユーザー・エクスペリエンスの観点からどの程度良好なのかを即座に確認できます。

容量計画 – 帯域監視

CenturyLink Performance Manager の自動化された容量計画・帯域監視報告エンジンを使用すると、WAN の利用とトラフィックのプロファイリングがこれまでになく簡単に行えるようになります。関心のあるネットワーク・パフォーマンス・インターフェースをフィルターするだけで、CenturyLink Performance Manager はそのインターフェースがどの程度の期間にわたり使用過剰か使用不十分かをわかりやすく表示します。利用率の情報は 1 年間全体における 60 秒単位のもので、ネットワークのパフォーマンスと利用状況を正確に描き出すことができるため、帯域利用に関する決断を情報に基づいた形で行うことが可能になります。

自動検出と自動構成

アプリケーション検出が自動化され、構成プロセスが最適化されているため、CenturyLink Performance Manager のセットアップは驚くほどすばやく簡単です。インストール後 15 分以内にレポートを表示できます。

マルチテナント・アクセスによりすべてのデータ・セットで同じ UI を使用

ドラッグ・アンド・ドロップのダッシュボード作成ウィザードで作成されるカスタム・ダッシュボード・ビューで、お好みの方法でデータを確認できます。データは、ビューおよび測定値のすべてのライブラリから取り込まれます。さらにマルチテナント・サポートにより、IT 組織全体の個々のユーザーは、ログインしてそれぞれにとって重要な独自のダッシュボード・ビューを表示できます。

ガイドのないワークフロー

現在のアプリケーションおよびネットワークのパフォーマンス・ツールに表示されるワークフローは、収集されるデータの種類と、そのデータの収集元となる要素に基づいて作成されています。このアプローチにより得られるものは、共通点のないパフォーマンス・メトリクスのビューであり、問題点の指摘にはつながりません。CenturyLink Performance Manager では、意図的にデータ収集をデータ表示から切り離しました。これは、ユーザーがどう考えて論理的に問題の解決に取り組んだかに基づいて作成されたワークフローを提供できるようにするためでした。この結果、わかりやすく、問題領域の切り分けと原因にすぐにたどり着ける論理的なワークフローが得られます。同一のユーザー・インターフェース、関連するデータとプレゼンテーション、および 1 箇所での管理になりました。

問題の領域をアプリケーション、ネットワーク、またはサーバーに瞬時に分離

CenturyLink Performance Manager は、共通点のないデータ・セットを単一の時間相関コンテキストにまとめます。ネットワークの遅延が大きい場合は、CenturyLink Performance Manager のコンテキストサイトに基づくページに、デバイスの健全性の情報だけでなく、トラフィック解析データも表示されます。表示するデータに対するこの種の常識的なアプローチによって、共通点のないデータの果てしないグラフを調べるのではなく、1 ページを調べるだけで問題の領域を分離できます。

高度なトランザクション解析

CenturyLink Performance Manager は、多層アプリケーション環境内の複数のアプリケーション層にわたってトランザクション・レベルのパフォーマンスを自動的に相関させます。エンド・ユーザー・エクスペリエンスのメトリクス・ビューから、アプリケーションのどの層が劣化しているのか簡単に確認でき、さらに個々のトランザクションを詳細に解析できます。

クラウド環境のアプリケーション・パフォーマンス可視性

CenturyLink Performance Manager は、あらゆる場所のネットワークおよびアプリケーションのパフォーマンスを可視化します。アプリケーションのトラブルシューティングを行う際、そのアプリケーションがデータ・センター内またはホスト環境内にホストされているのかにかかわらず、CenturyLink Performance Manager を使用すれば、問題がアプリケーション、サーバー、クライアントまたはネットワーク関連であっても、問題の切り分けが可能です。

包括的な VoIP 解析

CenturyLink Performance Manager は、VoIP インフラストラクチャがどの程度効率よく機能しているか、または機能していないかについての可視性を提供します。CenturyLink Performance Manager を使えば、個々のコールをすばやく掘り下げ、根本的な劣化要因を把握できます。さらに、CenturyLink Performance Manager では、各コールのパケット・ストリームを取得して再構成し、ネットワーク全体にわたって発生した実際のコールを再現することも可能です。

WAN

CenturyLink Performance Manager は、Analysis Service Element (ASE) デバイスを通じて、ネットワーク、アプリケーション、VoIP の問題をリアルタイムでトリアージできる多面的かつ経済的なソリューションであるリモート・サイト・モニタリングを提供します。このソリューションは、数千台のリモート・ハードウェアまたは仮想リモート・モニタリング・デバイスをサポートします。1 つのサーバーで数百人のお客様をサポートできるマルチテナント型です。シートベースのライセンシングは必要ありません。

ASE アプライアンスは、レイヤー 1 からレイヤー 7 まで常にリアルタイムでネットワークをモニタリングしながら、サイトツーサイトのサービス・レベル・アグリーメント(SLA)に加え、必要に応じて、オンデマンドで詳細なパケット・キャプチャーを提供します。ASE は、リモート拠点の問題が地域交換事業者(LEC)、リモート LEC、サービス・プロバイダー、帯域幅のバースト、上位トーカー、アプリケーション、誤分類されたサービス・クラス(CoS)、VoIP、またはアプリケーションにあるのか明確に切り分けられます。

MPLS IP-VPN ユーザー向け CenturyLink Performance Manager Remote

ハイライト

CenturyLink Remote Manager Remote の特長

  • サイト間のネットワークとアプリケーションのパフォーマンスをモニタリングします
  • サービス・クラス(CoS)別にトラフィックを分類します
  • ネットワーク上で実行されるアプリケーションとその使用程度を詳細にに表示し、サイト間で問題がないかモニタリングします
  • 詳細な VoIP パフォーマンス解析

サイト・ステータス

  • 回線やポートの変更も含め、ネットワークの全体的なスナップショットを表示します
  • ネットワークとアプリケーションのパフォーマンスをほぼリアルタイムに表示します

トラフィック解析

  • スニッファー機能を備えた強力なプロトコル・アナライザーを提供します
  • ライブ・トラフィックをキャプチャーするために、デバイスをオンサイトに持ち運ぶ必要はありません
  • 解析したいデータ・パケットを選べます
  • レイヤー 7 IP プロトコル・レベルまでドリルダウンできます

レポート

  • 最長 1 年分の履歴データを使用し、各種異なるビューでオンデマンドでパフォーマンス・レポートを生成します
  • プライベート IP 環境内のサービス・クラス(CoS)設定に対してデリバリーを測定します

デバイス

  • デバイスの CPU とメモリの使用率

詳細な VoIP パフォーマンス解析

  • ライブなネットワーク全体ビューで、物理的なアクセス・タイプ、ポート、回線を表示します
  • ネットワークの状態とアプリケーションをリアルタイムに表示します
  • 最大 10 アプリケーションのスループットとトップ 5 ユーザーまたはホスト
  • プロアクティブなネットワーク・アラームでリアルタイムなトラブルシューティングを提供します
  • すべての VoIP コール、IP-PBX、電話の自動検出機能を提供します
  • すべてのコールに対してパフォーマンス解析を行います
関連リソース 

製品の概要

CenturyLink Performance Manager 製品の詳細情報をご覧ください。

今すぐ読む

使用事例

CenturyLink Performance Manager がビジネス目標を達成するのにどのように役立つかをご覧ください。

今すぐ読む

ビデオ

CenturyLink Performance Manager が実際に使われるところをご覧ください。

すぐ視聴する