容量計画|ネットワーク容量計画|フルーク・ネットワークス

ネットワーク容量計画

今日のネットワーク・マネージャーは、応答速度の向上と最適なエンドユーザー・パフォーマンスに対する欲望と運用コストの削減ニーズという、2つの相反する要求のバランスを取らなければなりません。トラフィックは、業務用であるか否かにかかわらず、利用可能なネットワーク帯域容量を消費し尽くす傾向があり、最も混雑するリンクでパフォーマンスの低下を招きます。ネットワーク・マネージャは、単に帯域幅を増やして、この問題に対応すればよいのではなく、ネットワーク容量を増加させる前に、あるリンクの長時間にわたる混雑は、正当な業務利用により生じていることを証明しなければなりません。効果的なネットワーク能力計画のための新たな原則を理解し、従来の方法から抜け出しましょう。

 

効果的なネットワーク能力計画が重要となる理由

分散化された組織では、ネットワーク接続の費用を定量化することが困難です。ネットワーク上のトラフィックは、そのトラフィックが業務に不可欠かどうかにかかわらず、利用可能な帯域幅を浪費する傾向があります。ビジネス・クリティカルなアプリケーションの使用率も測定が困難です。時間の 90% については予想されるパラメーター内かもしれませんが、残りの 10% のために、ビジネスのパフォーマンスが低下してはなりません。

ネットワーク・パフォーマンス要件は、業務部門に効果的なサービスを提供するために帯域幅を拡大するよう IT 部門に常に圧力をかけますが、原価管理部門は、帯域幅の追加を限定し、縮小さえするよう求めます。IT 組織はどうすればこの矛盾する圧力を管理できるでしょうか?

ネットワーク能力計画における技術的な課題

  • リンクが帯域幅の追加を必要としているか特定するには、リンクが長時間混雑していることを証明しなければなりません。
  • 長期にわたる混雑を正確に示すには、費用と時間がかかります(使用するツールによっては、不可能なこともあります)。
  • 混雑は、娯楽や勝手な使用(「その他の」トラフィック)ではなく、業務上の正規の使用を原因とするものでなければなりません。帯域消費は最終手段であり、「他の」トラフィックをネットワークから除外するというオプションをまず考慮します。

ネットワーク能力計画における一般的アプローチ

  • 平均利用についての長期的表示:利用の長期的な傾向を示しますが、長期的表示では利用が一時的に急増した場面は平均化されるので問題が見えなくなります。
  • ピーク時利用(ある月の毎日の最も利用の多い分を示すなど):どの日に利用が多い分があったかを示しますが、リンクが混雑している時間中の分数は分かりません。
  • トラフィックの合計:単一表示ですべてのリンクを簡単に表示し、最大トラフィックのリンクや月ごとの使用を表示する周期的傾向を示しますが、極端な場合を除き、混雑の兆候は示されません。

NETSCOUT の TruView があれば、すべてのサイトから NetFlow データをエクスポートしていなくても、容量計画のためにネットワーク全体の WAN 使用率をモニターできます。

 

 

 

正確性を維持しながらもインターフェイス利用率を長期的に把握し、それを業務アプリケーションの利用率と結び付けることは、かつては難しいことでした。NETSCOUT が提案する容量計画は、成長の余地が最も多いところ、そして最も少ないところについて、スマートな決断を下せるようにします。

TruView ソリューション – シンプル、正確、かつ効果的なネットワーク容量計画

容量の概要を使用し、どのリンクが使用過多であるかまたその時間を特定します。しきい値の時間枠を超えて 80% 以上利用の多いリンクは、赤色のアイコンでハイライト表示されます。

  • ネットワーク容量計画向けの TruView のバーストスタイルビューを使用することで、< 30%、30~60% の各利用帯に分類される利用時間を表示できます。60–80% および >80% で表示します。これにより、リンクが混雑状態にあった最大時間が、明確かつ簡略に表示されます (<80%) 。
  • 1 分間の測定に基づき、混雑の詳細は、数週間や数か月、1 年の表示でも失われることはありません。
  • 「赤をフォロー」で、最も混雑したリンクを表示します。
  • 順序を逆にし、30% 以上利用されたことがないためダウングレード可能なリンクを表示します。
  • 業務時間フィルターを含め、日中の利用のみを検証し、夜間のバックアップや更新作業による障害をなくします。
  • 利用 >60% レベルの利用過多でないリンクは、長期予算推定を立てる際に役立ちます。

「容量の詳細」ページで経時的な利用レベルを表示し、アプリケーションやホストの分析により、リンクの利用率上昇に寄与している人物と原因を特定します。

  • 単一リンク表示を使用して、業務上の正規な利用によって混雑が発生しているのか、あるいは不正/娯楽な使用が原因なのかを簡単に判断します。
  • SNMP および NetFlow データを統合し、リンクの利用が多い時間や利用状況だけでなく、その理由も表示します。
  • 時間別のバースト詳細により、使用が安定しているか不安定か、また増加しているかを表示します。
  • 分かりやすい表示は、帯域消費の増加を示す業務上の例として使用できます。

ネットワーク容量計画は、ネットワークおよびアプリケーションのパフォーマンス・モニタリング・システムである TruView を使用して行える、いくつもある機能のうちの一つです。

 

 

 

 

 
 
 
  ホワイトペーパー  
EMA
帯域の最適化:多ければいいわけでありません
今日のネットワーク・マネージャーは、応答速度の向上と最適なエンドユーザー・パフォーマンスに対する欲望と運用コストの削減ニーズという、2つの相反する要求のバランスを取らなければなりません。
  使用事例  
容量計画の積極的アプローチ
ブリュッセル市は、新しいアプリケーションの展開を効果的にテストしたり、容量計画を正確に実施することができませんでした。NETSCOUT の TruView を採用することで、システム・アップグレードを適切に計画し、新しいアプリケーションを導入前にテストできるようになりました。
  オンデマンド・ウェビナー  
オンデマンド・ウェビナー
帯域管理のヒント
このオンデマンド・ウェブキャストでは、効率的な容量計画の実践方法について学び、NETSCOUT の TruView でたった数クリックでどのように容量計画を行えるかを見れます。

 

 

 
 
 
Powered By OneLink