IPv6 ネットワーキング

IPv6 ネットワーキング

(クリックして拡大)

2011 年、Internet Assigned Numbers Authority (IANA) は最後の 5/8 の(歴史的に「Class A」と呼称される)IPv4 アドレスブロックを地域インターネットレジストリ (RIR) に分配しました。この出来事は、IPv4 ベースのインターネットの終わりを示し、次世代のインターネットプロトコル IPv6 へのグローバルな移行の始まりを告げました。1995 年には標準化され、IPv6 はインターネットプロトコルを向上させ、IP リソース消耗の問題に対処しています。しかし、様々な経済的・技術的な理由から市場での地盤を築くことができませんでした。ネットワークアドレス変換 (NAT) は十分あると一部の技術者が信じる一方、インターネット拡張性の要件およびネットワークアドレス変換された多くの環境において増え続ける複雑性は、現在 IPv6 を採用しなければいけない状況を招いています。

IPv6 に対する広まってしまった関心不足にも関わらず、世界各国の政府、有名 IT 製品企業、大手サービスプロバイダ、初期の採用者たちは、IPv6 を使用するための道を切り開きました。インターネット技術タスクフォース (IETF) は、IPv4 と IPv6 の共存をサポートし、移行の経済的な負担を減らすためのメカニズムを開発しました。 IT ベンダーは、多くのメイン商品を IPv6 へ対応できるようにしました。初期の採用者たちの集合的な努力は、IPv6 の安全・効果的な展開に対する手法とベストプラクティスを生み出しました。

どんな IPv6 採用プログラムでも基本的に望まれる環境は、社内のすべてのデバイスでデュアルスタック(同じデバイスで同時に IPv4 および IPv6 が実行されているという意味)が可能であることです。しかし、デュアル・スタックの実装を達成する方法は、各企業で同じということは滅多にありません。デュアルスタックを実装する方法は異なりますが、よく管理された展開は以下のやり方に沿っています。

  1. 検証およびテスト設計まず最初にラボで構成・アーキテクチャに関する評価が行われ、その後製作環境で体系的に展開が行われます。
  2. 展開の管理およびトラブルシューティング最初は完ぺきにはいきません。装置の故障、人的ミス、「マーフィーの法則」は展開を行う間必ず問題になり、修正を行うために体系的なトラブルシューティングを必要とします。
  3. 無認可 / 不正 IPv6 デバイスの監視:IPv6 は最近のほとんどの IT デバイスおよびオペレーティングシステムでサポートされており、デフォルトで有効になっている場合もあります。意図的ではない展開はセキュリティ問題を引き起こし、監視・管理される必要があります。

効果的なツールは実装プロセスの重大要素であり、こうした主要なアクティビティをサポートします。第一線では、IPv6 環境で展開およびトラブルシュートする際、接続性の問題を素早く解決するため、技術者たちは LinkRunner™ AT ネットワーク・オートテスター を使用します。問題が 拡大 する場合、Network Time Machine および Clearsight アナライザー が IPv6 トラフィックをキャプチャし分析する一方、IPv6 展開に対応、統合問題をトラブルシュート、意図的でない IPv6 展開を識別するために、ネットワーク エンジニア は、OptiView® XG ネットワーク解析タブレット を使用します。こうしたツールは IPv6 関するすべての問題に対して強力な解決方法を提供します。

ケーススタディを読む:専門のサービス企業が OptiView XG ネットワーク解析タブレットを使用して、お客様のために安全で確実な IPv6 展開を実施します。詳細についてはこちらをお読みください

 

 
 
Powered By OneLink