通信事業者イーサネット検査|通信事業者イーサネット検査|フルーク・ネットワークス

通信事業者イーサネット検査

他の多くの領域においてと同様、イーサネットはWAN アクセスのために用意されています。イーサネットは、伝統的な TDM サービスに対して、多くの利点を提供します。最も明らかなことは、イーサネットが低コストであるということです。非常に多くの製造業者と競合によって、価格は大幅に低下しています。顧客にとって、イーサネットはしばしば非常に安価な接続手段です。大抵の場合、既存装置には使われていないポートが存在するからです。帯域幅粒度を使用すれば、通信事業者は、顧客が望む帯域を正確に提供し、簡単に拡張することができます。例えば、通信事業者は1GBps リンクを取付け、200MBps に帯域幅を限定することができます。顧客がこの限度値を超える値を必要とするようになれば、簡単な再設定によって、必要な値の限度値を変更することができます。従来の TDM では、例えば T1 から T3 OC-3 に移行するために、大幅な増分値で帯域を購入し、完全に異なるハードウェアを使用する必要がありました。それによって、イーサネットが高速で 1GBps 以上の拡張性があるという事実が判明しました。イーサネットはまた、すばらしい簡便性を提供します。顧客の敷地内に張り巡らすイーサネットは、すべてをイーサネットで構築したキャリアネットワーク経由で、素早く、効率的にルーティングを行えます。

市場

キャリアイーサネットを見つける場合、さまざまなアプリケーションがあります。小売り販売では、サービス プロバイダが、通常は事業者である末端顧客にイーサネット サービスを販売するケースが紹介されています。従来の電気通信事業者はこの領域において強みを発揮してきましたが、現在は新しい専門プロバイダや MSO によって困難に直面しています。海外顧客は通常、すべての通信ニーズを満たしてくれる単一のサービスプロバイダを求めます。しかし、世界の全市場においてシェアをもっているのは、ごくわずかなサービスプロバイダしかいません。そのため海外顧客がエンド・トゥー・エンド サービスを提供したい場合、彼らはローカルプロバイダとイーサネットサービスの契約を結ぶ必要があります。このような、サービスプロバイダ間の売買行為は卸売りと呼ばれています。これらのアプリケーションのイーサネット検査とトラブルシューティングは、特に困難です。なぜなら、回線業者がネットワーク全体に対する洞察を有していないからです。

バックホールとは、他の通信技術を相互接続するのに使用される非公開ネットワークのことを指します。バックホールの最大の市場は、携帯電話です。携帯電話の基地局と基幹オフィスの間の接続の多くはイーサネット経由で行われており、この市場は著しい成長を遂げると期待されています。バックホールのその他な例としては、WiFi や WiMAX のホットスポットや、衛星通信があります。また、サービス プロバイダではないキャリア イーサネットのユーザーも存在します。一部の顧客は、サイト間で単独の物理接続であるファイバー接続をリースし、各末端において彼ら自身の装置を設置していて、これがイーサネットであることも少なくありません。これは「ダーク・ファイバー」の購入として知られています。また軍用基地、市役所、公共施設のような地理的に密集した組織は、彼ら独自のイーサネット・ネットワークを設置して管理しています。それらの一部は、イーサネット サービスを他の組織に販売することさえあります。

検査の強化

回線業者がイーサネット回路を設置する場合、それが正しく機能することを確認する数多くの方法があります。最も単純なイーサネットの検査は、単に装置のライトを観察し、それが点灯しているかを確認することです。これよりわずかに良いイーサネットの検査は、ノートパソコンを繋げてルーターに PING を打つか、ウェブページを開いてみることです。これらはリンクが機能していることを示しますが、リンクの実際の性能を示すわけではありません。高度なサービスのために高い料金を払っている顧客は、彼らが料金に見合うだけのものを得ているか示すより良い方法を望むかもしれません。また回線業者は、回線が彼らが顧客と結んだサービス レベル同意書の基準を満たしているかを確認する必要があります。

BERT は、Bit Error Rate Testing (符号誤り率検査)の略で、旧式の電気通信検査方式の 1 つです。この検査では、フレームが可能な限り最大の速度でリンクに送信され、エラー数がカウントされます。これは、顧客が対価に見合う帯域幅を得ていることを示しています。最も完全なイーサネットの検査は RFC 2544 です。 インターネット・エンジニアリング・タスク・フォースによって開発された仕様です。彼らはウェブ、Eメールその他の現代的で便利なアイテムも発明しました。回線のすべての重要な性能特性を計測する方法が、これによって定義されています。最初の計測値はスループットです。これは基本的に、最大フレーム伝送速度です。イーサネットでは、 2 メガビット / 秒から1ギガビット / 秒以上に達します。2 つめは損失です。一方の末端と他方の末端の間で、ネットワークがいくつのフレームを失うかを計測します。3 つめは破裂試験です。これは指定された最大値を超えるフレーム速度を処理する回線能力を特徴づけます。例えば、サービス プロバイダは、特定の時間(1秒未満)に 20 メガビットを通過させる能力を有する 50 メガビット回路を提供する可能性があります。このように、顧客は稀にしか必要としない帯域に対して余分な金銭を支払う必要はありません。電話中に、相手の声があなたに届くまでの時間が長かったことがありますか?それが 4 つめのパラメータである、待機時間または遅延です。ちょうど待機時間があなたの通話を困難にするように、これはコンピュータの通信を困難にします。

最後に、ジッターは 2544 の一部ではありませんが、しばしば同時に検査されます。待機時間において変化するジッター現代のネットワークで、フレームが一方の端からもう一方の端に到達するまでの時間はさまざまです。ジッターはその変動の測定値です。損失、ジッターおよび待機時間は、ほとんどのアプリケーションにおいて特に重要ではありません。しかし、ボイスオーバー IP や動画など、データがリアルタイムで出現する必要のあるアプリケーションの場合、損失または遅延したフレームを再伝送したり組み立て直したりするのに充分な時間がありません。従って、損失、ジッターおよび待機時間の許容レベルをもつことが重要です。サービスプロバイダーはこれらすべての検査を使用しないかもしれませんが、もし彼らがそれを行うなら、彼らは最も完全な回路特性を提供していることになります。

モニタリングとトラブルシューティング

ターン アップ検査は、検査が実行される際にリンクが利用できない特別な場合です。リンクが顧客にターン オーバーされた場合、この種類の検査は、リンクがサービスから除去された稀な場合でのみ実行できます。サービス内のリンクをテストする方法もあります。上記で触れた RFC 2544 検査を使用して回路を特徴付けることはできますが、各末端のデバイスは、顧客のトラフィックの流れが妨げられない方法で接続する必要があります。さらに、行われる検査でリンクに過度な負荷をかけるべきではありません。例えば、最大のトラフィックレベルでリンクをロードしようと試みると、顧客データに対して許容できないほどわずかのパフォーマンスしか得られない可能性が高くなります。これを防ぐには、トラフィック レベルを低く保つ必要があります。もう一つのアプローチは、ネットワークがそれらを最初に破棄するように、テストフレームに非常に低い優先順位をおくことです。これらのアプローチによって、全 RFC 2544 パラメータの測定が可能となります。ただし、その性質からリンクのロード(またはオーバーロード)を必要とするスループット(および場合によっては損失)は例外です。

トラブルシューティングにおいて、リンク上の実際の顧客トラフィックのモニタリングが必要なことがあります。それを行うのに数多くのアプローチがあります。まずは 2 ポートのテスターを使用することです。これはトラフィックと共に「インライン」で接続できます。しかし、これはリンクの切断を必要とするため、常に可能とは限りません。第 2 はリンクに取り付け可能なタップを使用し、リンクをモニタリングする必要が生じるたびに接続することです。これには追加の費用が発生しますが、タップの価格は通常テスターの価格に比べてわずかです。3 つめの方法は、ネットワーク装置に起こっていることを報告させることです。SNMP の機能をもつテスターは、ネットワークのスイッチやルーターと通信でき、オペレータにそれが目にしていることを示すことができます。これはインラインまたはタップ接続の分析の深さを提供しませんが、リンクの破壊やインストールの必要がないためずっとシンプルです。そして、ネットワーク上の任意の場所から行うことができます。

 
 
Powered By OneLink