ネットワーク・モニタリング・ツール|ネットワーク・パフォーマンスのモニタリング・ソフトウェアよびツール|フルーク・ネットワークス

ネットワーク・モニタリング・ツール:ネットワーク・パフォーマンス・モニタリング:

ネットワークはあらゆるビジネスの血液であり、ネットワークパフォーマンス のモニタリングおよび最適化は不可欠です。推量に頼っては、IT は試みを成功に導くことはできません。望ましい結果を達成するには、ネットワーク・パフォーマンスのモニタリング・ツールが必要です。

ネットワーク・モニタリング・ツールによって、企業はハードウェアとソフトウェア・インフラストラクチャのネットワーク・パフォーマンスの基準を定めることができます。名目上の運用基準により、ネットワークのパフォーマンスに悪影響を与えたり、ユーザー・コミュニティの生産性や経験の質を脅かす可能性のある条件を、IT は認識して対応することができるようになります。

ネットワーク・パフォーマンス・モニタリングの利用

物理的なネットワークがいかに効率よく計画・管理されていても、ネットワーク、クラウド、またはその両方のハイブリッドでホスティングされて情報を送信しているアプリケーションに障害が発生すると、ネットワーク全体のパフォーマンスが低下します。有害なアプリケーション・パフォーマンスの例としては、アプリケーションを完全に無効にしたり、サーバーや回線の混雑に繋がるエラー実行や、個人用の大きなファイルやストリーミングビデオをダウンロードするとき、またはアクセスが需要予想を超えたときといった、不適切または不測の利用が含まれます。 同様に、クラウドまたはハイブリッド環境では、何がどのように送信されているかの可視性と制御を失った結果、エンドユーザーの操作体験に影響する可能性があります。

変更の原因となる計画された、または予期せぬイベントにより、不利な条件が発生する可能性があります。計画された活動については、IT はネットワーク・パフォーマンス基準を活用し、新規ユーザーやアプリケーションの導入等、提案された変更の結果をシミュレートしたり、テストしたりすることができます。また現在のネットワーク・アーキテクチャが適切であるか、または再構成やアップグレードを必要としているかを決定することができます。予期せぬシナリオが明らかになれば、ネットワーク・パフォーマンスのモニタリング・ツールは名目基準値から外れたことを IT に警告し、修正のためのアクションを開始することができます。

ネットワーク・パフォーマンス・モニタリング・ツールの目的は、運用の全体像を提供し、潜在的な問題を能動的に避け、発生する異常を最小の平均修復時間で検出、隔離、解決できるようにすることです。残念ながら、ネットワークのモニタリング機能は、地理、部門、サービスまたはネットワーク層によって独立してしまうことが多く、目的の実現が阻まれています。

ネットワーク・モニタリング・ツールの重要な検討事項

包括的なネットワーク・パフォーマンス・モニタリング・ツールが理想的です。ネットワーク・モニタリング・ツールには、広さを有している必要があります。つまり、たとえ大規模な企業であっても、社全体の隅々まで網羅するのに十分拡張可能で、堅牢である必要があるということです。また、ネットワーク・パフォーマンス・モニタリング・ツール は深く掘り下げる能力を有している必要もあります。つまりネットワークの 7 つの層すべてを網羅する機能が必要です。両方の次元なしでは、問題の場所を特定し、問題の根源的な問題がアプリケーション、システム / サーバー、またはルーターやスイッチといった中核的なネットワーク要素のどれにあるのか突き止める上で、IT が大幅な制約を受けることになります。

さらに重要なことは、包括的なネットワーク・パフォーマンスのモニタリング・ツールが、より複雑な異常の解決を促進するということです。単純で線形の機能低下は度々明らかですが、断続的な問題ははるかに解決が困難です。同様に、ある問題はネットワーク上に現れる一方で、その問題の発生元は企業ドメインの外、つまりサービスプロバイダにある可能性もあります。これらのタイプの異常は、ポイントソリューションによって簡単に終了することができません。

ネットワーク管理およびモニタリング・ツールのおかげで、優れたネットワーク・パフォーマンスを得ることができますが、これは、以下の重要な検討事項をツールが満たす場合に限られます。
  • 水平的広さ(ソフトウェアが全社を網羅している)
  • 垂直的深さ(ソフトウェアがネットワーク 7 層すべてに行き渡り、アプリケーション、サーバー、ネットワーク・パフォーマンスのデータを統合する)
  • リアルタイムおよびバックインタイム・ビュー(ソフトウェアが現在および過去の情報を表示して評価し、断続的に起こる問題の根本的原因を見つけることができる)
  • 包括的インターフェイス(ソフトウェアがすべてのデータ ソースから一元的なリポジトリを提供し、IT がわかりやすい図、グラフおよびレポートを活用して、正確な問題解決を迅速化できる)
 
 
Powered By OneLink