ネットワーク解析ツール - ネットワーク・トラフィック解析|フルーク・ネットワークス

ネットワーク解析ツール

競い、勝つために、ビジネスはシェアを拡大しながら、業務を増やしていく必要があります。今日のグローバルな経済状況は、企業ネットワークの管理に深刻な障害をもたらしています。オフショアリング、アウトソーシング、電気通信は、世界の新興市場と同様、急速に拡大するリモートロケーション全域に広く分散する仮想労働力の発展を促しています。広域ネットワーク (WAN) は、これらのサイトにいる社員に対して、本社施設に存在することが多いシステム、アプリケーション、データへのアクセスを提供する必要があります。WAN の健全性は従業員の生産性と正比例しているため、ネットワーク分析は重要な役割を担っています。

ネットワーク・トラフィック解析のアプリケーション

ネットワーク解析ツール - OptivView XG ネットワーク解析ツールは、広域ネットワーク(WAN) だけでなく、各拠点のローカルエリア・ネットワーク (LAN) 上で起こっていることに対する洞察も提供します。ネットワーク・トラフィックフロー、プロトコルおよび個々のデータパケットに関するネットワーク解析によって、IT組織が強化され、ネットワーク運用が最高のパフォーマンスに保たれます。

ネットワーク・トラフィック解析は、WAN および LAN の帯域幅使用量、傾向、使用中のスイッチポート、各ポートに接続されているものの種類に対する予測を出します。ネットワーク解析は、基礎となるネットワーク通信基盤で起こっているイベントに対して、重要な見識を明らかにするプロトコル情報を提供します。また、データパケットは、反応時間とエンドユーザーの全体的な体験の質に関して、WAN および LAN がどのように実行しているかについて、最も正確で粒度の細かい解析を提供します。

これらのカテゴリのネットワーク解析情報で武装することによって、問題が発生する前に、IT はリモートネットワークやアプリケーション機能低下を確認することができます。IT は帯域幅の割り当てを調整し、容量をより効果的に管理できます。またネットワーク解析情報を使用することで、ネットワークの可用性、サービス測定指標の追跡品質を改善し、問題が発生しても、迅速な検出と正確な切り分けによって、平均修復時間を最小化することができます。

ネットワーク・トラフィック解析ツールの重要な検討事項


IT にとっての課題は、ネットワーク解析を行って適宜対応できるよう、ネットワーク情報に対するアクセスを取得するということです。皮肉にも、企業自体の成長と同時に、会社は IT の集中化と強化により効率化に取り組んでいます。リモートサイトにローカルの IT を欠いていることが、ネットワーク分析の実行を複雑にしています。

ますます複雑化し、分散した企業のためのネットワーク解析の利点を理解するには、以下の重要な検討事項に対応するネットワーク解析ツールが必要です。
 

  • アクセシビリティ – ネットワーク解析ツールには、企業全体に展開しながら、リモートで制御可能な、堅牢な ネットワーク・アナライザー ハードウェアおよびソフトウェアが含まれる必要があります。異常の特定と解決のために IT 人員を派遣するのにかかる費用、時間、影響は大きすぎ、到底受け入れられるものではありません。
  • 集約 – ネットワーク情報が直接または第三者のサービス・プロバイダのネットワーク経由で提供されるかどうかによらず、全リモート・サイトから WAN および LAN の情報を収集するスケーラビリティを、ネットワーク解析ツールが有する必要があります。
  • 粒度 – ネットワーク解析ツールは、ネットワークの 7 層全域で、アクティビティに対するビジョンを提供する必要があります。つまり、ネットワーク解析ツールはネットワーク・トラフィック分析だけでなく、ネットワーク・パケット分析用のパケット捕捉やデコード機能も含んでいる必要があります。
  • 可視性 – IT スタッフを遠隔地に派遣する必要なく正確な分析を維持できるよう、ネットワーク解析ツールは、WAN と LAN の更新を自動的に発見して伝達する必要があります。またネットワーク解析ツールは、グラフ、図、レポート、ネットワーク図を表示して、会社内特定の場所に限らず、 IT が素早くかつ決定的に問題を特定して解決できるようにする必要があります。

弊社のエンタープライズ・ネットワーク・ソリューションのページをご覧になり、貴社に最適なソリューションを見つけましょう。

 
 
Powered By OneLink