アプリケーション・モニタリング・ツール - アプリケーション・パフォーマンスのモニタリングおよび管理ツール|フルーク・ネットワークス

アプリケーション・モニタリング:アプリケーション・パフォーマンスのモニタリングおよび管理ツール

多くの場合、企業インフラのアプリケーション・パフォーマンスのモニタリングと管理は、7 層のネットワーク・スタックのうち下位層に限られています。アプリケーション・パフォーマンスのモニタリングと解析に関して、物理ネットワーク・アーキテクチャーを構成するサーバ、ルータ、スイッチ、および他の機器に加え、これらコンポーネントが通信するためのプロトコル、リンク、および回路のモニタリングに焦点を当てがちになります。何が頻繁に見落とされたり、別の問題として処理されたりしているかを見極めることが、アプリケーション・パフォーマンスのモニタリングです。

物理的なネットワークがいかに効率よく計画・管理されていても、ネットワーク、クラウド、またはその両方のハイブリッドでホスティングされて情報を送信しているアプリケーションに障害が発生すると、ネットワーク全体のパフォーマンスが低下します。有害なアプリケーション・パフォーマンスの例としては、アプリケーションを完全に無効にしたり、サーバーや回線の混雑に繋がるエラー実行や、個人用の大きなファイルやストリーミングビデオをダウンロードするとき、またはアクセスが需要予想を超えたときといった、不適切または不測の利用が含まれます。 同様に、クラウドまたはハイブリッド環境では、何がどのように送信されているかの可視性と制御を失った結果、エンドユーザーの操作体験に影響する可能性があります。

用途

アプリケーション・パフォーマンス管理ツールは、企業全体のアプリケーションの状態をモニターして維持することが不可欠です。アプリケーションの可用性を確保し、すべての関係者とのサービスレベル契約 (SLA) を履行するために、IT 担当者は、誰がいつアプリケーションを使用しているか、アプリケーションがどこで何をしているのかなど、実状を正確に把握している必要があります。

アプリケーション・パフォーマンス解析

N 層環境でアプリケーションの複雑性が増し、サービスがクラウドに移行するにつれて、アプリケーションのパフォーマンス解析ツールや、その他の管理ツール、モニタリング・ツールがますます重要になってきます。 ユーザー数が増え、アプリケーション・トラフィックが SLA に応じて明確なサービス・クラスに分割されようになると、適切なツールでエンドユーザーの体験を計画、管理、監視することは不可欠です。

主な検討事項

アプリケーション・パフォーマンスのモニタリングおよび管理

アプリケーション・パフォーマンスのモニタリングと管理は、真空中で実施することはできません。アプリケーション・パフォーマンスの問題や確立されたベースラインからの逸脱に対処するには、受動的なサーバー側の解析と詳細な WAN および LAN ベースの解析が必要です。日時

アプリケーション・パフォーマンスのモニタリング

現在および過去の状態のアプリケーションのパフォーマンス・モニタリングが、物理的なインフラのために同様の機能と統合されている場合は、迅速に問題を識別および定量化できるほか、ソースをネットワーク、サーバ、アプリケーションそのものに分離することが可能となります。

また、データ・センターで配備された内部アプリケーションだけに可視性を制限することはできません。 クラウド型アプリケーションの急速な台頭に伴い、業務アプリケーションの場所に関わらず、その可用性とパフォーマンスを確保するために、内部と外部の両方をモニターする柔軟性が必要になります。

不十分なアプリケーション・パフォーマンス管理

不十分なアプリケーション・パフォーマンスの管理およびモニタリング・ツールは、従業員の生産性低下や IT の非効率性から顧客の不満やビジネスの損失まで、企業全体でマイナスの影響を生じさせます。アプリケーション・パフォーマンスの管理およびモニタリング・ツールは、異常事態が発生した場合、迅速かつ正確な対応を促進することで、事前に問題を回避したり、その影響を軽減します。ただし、次の重要な考慮事項に対処している場合に限ります。

  • アプリケーションのベースラインと有効性(定期的に全体の分散型インフラと水平方向と垂直方向の動作環境は、時間をかけて進化し、7 層のすべてのネットワークスタック全体にわたって、公称のパフォーマンスを監視・測定する)
  • 内部、SaaS、ハイブリッド・アプリケーションのラウンドトリップ時間の測定(アプリケーション・トラフィックがソースから宛先に行って戻って来るのにかかる時間を判別します)
  • 内部、SaaS、ハイブリッド・アプリケーションのサービス可用性
  • トラフィック・クラス別のアプリケーション解析 (ネットワークの最大効果を推進するための各クラスのサービスに関し、リアルタイム、および過去において、声や、ビデオ、ウェブ、FTP ストリーミングといった帯域幅アプリケーションがどれだけ使用されているかをモニタリング・管理します)
  • サービス設定の不正なクラス認識(サービス・クラスの割り当てエラーが原因で正しく構成されておらず、アプリケーションがパフォーマンスの問題を引き起こしていないか確認します)
  • 多くの場合、これらのアプリケーション・パフォーマンスの管理およびモニタリング・ツールは、問題の根本原因を特定することができますが、パケット検査ツールが必要になる例も少なくありません。一般的に、こういった基本的なパケット・デコーダーは、役に立つパケット・レベルのトランザクション・ビューを提供しますが、迅速なアプリケーション・トラブルシューティングに必要な情報を提供しないことがあります。アプリケーション・パフォーマンスの管理とモニタリングの高度なツールは、上位層のアプリケーション解析を提供して、問題解決を大幅に加速します。
 
 
Powered By OneLink