ケーススタディ:University-of-Nottingham|フルーク・ネットワークス

University of Nottingham

ノッティンガム大学は、英国の主要研究所の 1 つであり、中国やマレーシアにも新しいキャンパスがあります。英国にある 4 箇所のノッティンガム・キャンパスは、30,000 人を越えるスタッフおよび学生をサポートし、OSPF ルートのバックボーンでリンクされています。同大学は、JANETへのメイン接続を持つ一方で、学生ネットワーク・サービス (SNS) は、NTL 経由でインターネットに分離接続を行なっています。これにより、学生は、JANET のセキュリティや利用規定に反することなく、インターネットを閲覧したり、チャットなどのサービスを利用できます。

彼らの課題は、多種多様な学部や研究施設が使用する、多数のプロトコルによって複雑化した膨大な量のデータ・トラフィックのキャプチャーを解析のために簡素化するということでした。

彼らは NetFlow Tracker を購入し、複雑なマルチサイト ネットワークに対する優れた洞察力、そして、そのネットワークからのパフォーマンス・データ収集力を入手しました。同大学は、学年がスタートする直前の 2004 年 9 月に、NetFlow Tracker を購入し、実装しました。第 1 学期中には、セキュリティ、パフォーマンス、および容量計画の利点が十分得られました。

詳細についてお読みください。

 
 
Powered By OneLink