ケーススタディ:Turkish-Economic-Bank-(TEB)|フルーク・ネットワークス

Turkish Economic Bank (TEB)

Turk Ekonomi Bankası (TEB) はイスタンブールに本社を有し、トルコ全体で300 以上の支店があります。サイト毎に 15 ~ 50 のユーザーを有し、社全体では 5000+のユーザー数を誇ります。銀行は 2 つのリンクを持つ複数サイトの Cisco ネットワークを運用しています。1 つは本社へ伸び、もう 1 つは復旧センターへと伸びる冗長リンクです。このネットワーク全体で、TEB は Windows ベースのマシンからさまざまなアプリケーションを実行しています。最も重要なものは、社内開発された銀行アプリケーションです。組織内の全ユーザーは、WAN 接続を通じて、データ センター内のアプリケーションにアクセスします。TEB が直面した最も大きな問題は WAN リンクの遅延でした。接続の遅延は、パフォーマンスの遅さと、ビジネスクリティカルなアプリケーションへの限定または不可能なアクセスに対するユーザーの日常的な不満をもたらしました。アクセス障害は、アプリケーションサーバーがタイムアウトウィンドウ内で応答しなかった場合に発生したであろうタイムアウトに関連していました。これまで TEB は、コマンドラインインターフェイスを使用して手動で IT 関連の問題をすべてトラブルシューティングする必要がありました。しかし、これは、非常に時間がかかる面倒なプロセスであることが明らかでした。

詳細について読む...

 
 
Powered By OneLink